ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、29歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

【映画】キューブリックに魅せられた男

本日はこちらの映画をご紹介します。
こちらも2019年の年末に観ました。

f:id:librarian_kinu:20191129220410j:image

っていうか紹介してると思ってた、これと一緒に。 

librarian-kinu.hatenablog.com

 

あらすじはこんな感じ。

バリー・リンドン」への出演をきっかけにスタンリー・キューブリック監督の専属アシスタントになった俳優レオン・ビターリにスポットを当てたドキュメンタリー。
2001年宇宙の旅」と「時計じかけのオレンジ」を見て衝撃を受け、キューブリック監督の信奉者となった若手英国俳優レオン・ビターリ。
オーディションで役を勝ち取った「バリー・リンドン」への出演を経てキューブリックに絶対的な忠誠を誓った彼は、有望視されていた俳優業からスタッフ側に転身し、「シャイニング」からキューブリック組に参加する。
早くも監督の信頼を得たレオンは個人的なアシスタントに取り立てられ、身の回りのありとあらゆる細かい用事や仕事を任されるように。
24時間365日、無限とも思える雑事に追われるレオンは、次第に肉体的、精神的に追い詰められていく。
その過酷な日々を、ライアン・オニールR・リー・アーメイマシュー・モディーンキューブリック監督作の出演者をはじめとする映画人たちの証言とともに描き出す。
2017年製作/94分/G/アメリ
原題:Filmworker
配給:オープンセサミ 

こちらもスタンリー・キューブリック監督関連のドキュメンタリーです。
こちらは監督に魅せられた専属アシスタントのお話。

僕は仕事に恵まれ、ありとあらゆるものに出演した
舞台やテレビや時代劇
刑事ドラマに青春ドラマ

若手俳優の有望株だった、レオン・ビターリ(左)。

f:id:librarian_kinu:20191129220433j:image
甘いルックスと高い演技力。
様々なメディアに引っ張りだこ。
レオンはキューブリック監督の作品に、いつか出演したいと夢見ていました。

演劇学校を出た後『2001年宇宙の旅』を観た
今までで最高の映画だと思った
その後は『時計じかけのオレンジ』を観た
これもキューブリック作品だったから 

まあ売れっ子ですからね。
その夢は早々に叶います。

僕のエージェントが
キューブリックが新作を撮ることがわかって
早々にオーディションを申し込んだ
バリー・リンドン』だった 

そしてオーディションに見事合格。
監督の映画の「中」に入ります。

見ると台本の上に…
のちにスタンリーの字と分かるが…
“セリフを暗記するように” と
キューブリックが暗記しろと言ったら暗記するしかない 

セリフを忘れるとクビで、他の誰かと変えられる
2、3回あった
僕はクビを覚悟した
ジョージ3世役も2人変わってたし

レオンは休み時間まで練習して臨みました。
その姿勢を気に入られ、最後まで登場することに。
そして、クランクアップ!
バリー・リンドン』の完成です。
レオンは「これこそ映画作りだ」と感じます。
そして願ったのです。
なんでもいいから関わりたいと。

映画作りのなんでもいいから
ボクも働いてみたい
「(監督は)もし君が本気なら、なにかやって連絡をくれ」と言った

バリー・リンドン』効果か、次々にオファーが来ていました。
その中には演劇学校時代に夢のまた夢だった劇団からのオファーも。
しかし、レオンはその全てを断って、『フランケンシュタイン』に出演します。
映画の編集作業に携らせてもらうことを条件に。
経験を積まねばならなかったのです。
映画を作る側になるために。

僕は全てのオファーを断った
役者業は終わりだ

レオンのように仕事も人生も上手く行っていた若者が
誰かのために全てを辞めた 

それからは、監督との猛烈な日々。
何が猛烈って、仕事の幅と量がハンパないのです。
レイアウト、フィルムの修復、キャスティングやセリフの指導まで。

毎日、次々と違う仕事ができて天国のようだった 

いつもそうやってやるはめになった
「やり方を知らない」
「やれるさ」

違う、僕は監督を動かしちゃいないよ
僕は自分で行動したから彼のそばに存在できたんだ 

カラーコピーを使ったときはイライラした
スタンリーは何でも「今すぐ」だから

彼は怒ると
辛辣で、非常に強い言葉を吐く
話し終えて電話を切ると9-10分後にまだ電話だ
彼は必要性を感じなくなったんだろう
僕に丁寧に接することに
気配りがなくなっていった 

もちろん(昨日紹介した映画の運転手の例と同じく)
プライベートの雑用までこなさなければなりません。
ガレージの棚卸し、厩舎の整理、ビリヤード室の掃除。
…そしてペットの世話も。 

仕事の1つに猫舎があった
いかに猫を安全に飼うか
スタンリーは動物にも狡猾さがあると思っていなかった

天才のために。
天才の頭の中をアウトプットするために。
膨大なアウトプットをきちんと保管するために。
24時間365日、ずっと尽くした。

しばらくは僕(レオンの息子)が経済的に助けた
あんなに働いたのなら普通は思う
質素な生活を送るのに十分なお金はもらっていいと 

そんな映画を作る側の人のお話です。

レオンは長年、自らの命を削るような働き方をしていた

エンドクレジットから誰か1人抜けても映画は存在しない
彼らは大勢のレオンよ
彼らは押し上げているの
上のほうの人たちをね

仕事人が好きな方に、ぜひ観ていただきたい映画です。

 

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

ネタバレ含む感想はここに置いておきます。

・やっぱり試し書きしないとダメだな
 インクがないの気づかなかった
・「レオンは蛾だ
 火に魅入られ羽根を燃やしてしまう、蛾」
・「そのとき僕は理解した
 これが映画作りかと」
・「“これを読むように”
 まただ、彼に言われたらやるしかない」
・やっぱりとってあるのか
・「彼のこだわりの1つはメモをとること
 そしてメモは忘れずに後で見返すこと」
・「応募は4000人ほどで、最初はシカゴだった」
・「僕の動機はアイスだ
 でも数ヶ月すると誰かが「もう20ℓ減った」という
 (監督が同じシーンを)何度も撮り直すからだ
 僕は不思議だった
 まだ残ってるのに、と
 5歳だからアイスのことばかりさ」
・「ダイアン・アーバスの奇妙な双子の写真だよ!」
・「10分でも20分でも1年でも
 仕事をした人はこう感じる “スタンリーの全てを知ってる”と」
・「スタンリーと仕事をするならなんでもすると
 そう言っていた役者が、役を奪われた
 胸が痛んだよ」
・「禄に眠れず、監督に酷使され、
 もし彼がいなかったら俺は半分もできたかどうか
 この映画でできた縁起の根」
・「あれ以降監督と組んでやるのは無理だった
 僕はワガママだから」
・「一日はまるでジェットコースターだった」
・「レオンは世界中の国ごとに違う予告編を作り、記録した」
・「『バリー・リンドン』の美術監督
 白衣の男に連れて行かれた
 重圧に負けて」
・「彼は替えがきかない
 もし彼が本気で出て行こうとしたら
 必死で止めたと思う」
・「もし全力を尽くすというならそうすることだ
 そうしないと自分を裏切ることになる」
・「素敵な人よ
 一緒に働いていないから」
・ずっと仕事
 休憩もない
 だからボクとヴェラはそばで別のことを」
・「完璧主義者と仕事をすると働くしかない
 倒れるまでね
 実は何度か倒れるまでいった」
・「24時間働ける人はいないが
 彼はそれを求められる
 しかも7日間体勢だ」
・「全て僕が選んだんだ
 僕は彼に仕え、彼は映画に仕えた
 どれだけ光栄だったか
 あれだけ長い時間、彼と仕事ができて」
 「スタンリーに感謝しているのは
 僕が何者かわからせてくれたことだ」
・「照明は撮影助手の仕事では?」
 「そうだが、スタンリーは誰も信用しないから」
・「レオンは働きづめでいつ寝てたのか」
・「部屋の中においた酸素ボンベに手を伸ばしたまま」
・「30年も毎日一緒にいて全てを捧げた人が突然いなくなった」
・「アメリカに行った5本に1本は全てをチェックした
 アメリカには2500本は行ったはずだ」
・「彼の仕事の最終章は全てを完璧に保管すること」
・「みんなはゴキブリと呼んだ
 あまりいい言い方ではないが
 “止まらない、進むだけだと”」
・「今日その作品群が存在するのは、レオンが監督と流した汗だ」
・「レオンはいつも部屋の隅
 スタンリーと長年一緒にいた人が
 まるで存在しないかのようだ
 彼は怒って当然だった
 こんな展覧会、知るかと
 逆なんだ
 “行きたければ連れてくよ”と」
 「会期中に25~35回は人を連れて行ったよ」
・「タダですよね?」
 「だから?
 作品を愛しているから」
・「ご自分の旅に満足していますか?」
 「ああ、もちろんだよ
 今のところ満足してる
 最高のこの世の去り方は
 寝ているときか、楽しんでいるときか…
 もしくは編集機の前にいるときだね
 今もあればだけど」
・2人亡くなってるのか
 映画作るの時間かかるからな
・AND FILMMAKERS 

英語熱が高いときだけの英語メモ。

stay dressed
服を着たまま

It’s the quite a rare animal. 

Never looking for problem.
粗探しをしているわけじゃない

【映画】ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス

本日はこちらの映画をご紹介します。

f:id:librarian_kinu:20191215112601j:image
あらすじはこんな感じ。

世界中の図書館員の憧れの的である世界屈指の知の殿堂、ニューヨーク公共図書館の舞台裏を、フレデリック・ワイズマン監督が捉えたドキュメンタリー。
19世紀初頭の荘厳なボザール様式の建築物である本館と92の分館に6000万点のコレクションを誇るニューヨーク公共図書館は、地域住民や研究者たちへの徹底的なサービスでも知られている。
2016年にアカデミー名誉賞を受賞したドキュメンタリーの巨匠ワイズマンが監督・録音・編集・製作を手がけ、資料や活動に誇りと愛情をもって働く司書やボランティアの姿をはじめ、観光客が決して立ち入れない舞台裏の様子を記録。
同館が世界で最も有名である理由を示すことで、公共とは何か、そしてアメリカ社会を支える民主主義とは何かを浮かび上がらせていく。
リチャード・ドーキンス博士、エルビス・コステロパティ・スミスら著名人も多数登場。
第74回ベネチア国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞。
2017年製作/205分/アメリ
原題:Ex Libris: The New York Public Library
配給:ミモザフィルムズ、ムヴィオラ

 

 

世界屈指の知の殿堂、ニューヨーク公共図書館。

f:id:librarian_kinu:20191215112608j:image
19世紀初頭の荘厳なボザール様式の建築物である本館と92の分館(?!)
に6000万点のコレクションを有する。
そして何より、地域住民や研究者たちへの徹底的なサービスで知られている。
図書館というと本や資料の購入、管理、貸出などが思い浮かびます。
他にもあると思う…
図書館司書を志したこともあるんですけどね。
単位を取る段階で挫折しました。
取得単位多すぎだよ。
全国の司書さんを尊敬する。
資格なく働いている方も尊敬してますよ、念のため。 

グーテンベルク聖書は一次貸出中です 

問題は貸出リストが50冊以上に上ることです

しかし、この図書館で最も注目されているのは「想像を超える」サービス。

 

本の著者を招聘してトークショーを行ったり
視覚障害者向けのコンサートを開いたり
来る時代に備えて資料の電子化を進めたり

著者や出版社と交渉し
適切な著作権料を支払い、資料をデジタル化する 

無料のパソコン教室を開催したり
無料のネットを貸し出したりもしています。

300万の市民が家にネット環境を持っていません
全ての情報がネットで得られるのにも関わらずです

図書館はネット弱者の拠り所だと

ネット対策ばかりになってしまった。
一番感心したのがここだったから…
全ては「図書館はただの書庫ではなく、教育施設である」という方針から。 

家にネット環境のない人の地域ハブであり
ネットを使ったり
子どもが勉強したり
スキルをあげたりできる

 

 

ネタバレになるのでここまでで。
正直、気を抜くと寝そうになりました。
この映画のせいではなく。
キヌが会議苦手なだけです。
特に予算会議。
新人の頃から寝てたもん。

 

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

f:id:librarian_kinu:20191215112621j:image

ネタバレ含む感想はここに置いておきます。

・「米国の無宗教者は2割、どの宗教よりも多い 」
 「彼らはけしてバカな訳ではなく、無知なだけです」
・「NY公共図書館の財源の半分は市から、
 半分は民間から出しています」
・就職フェアまで?
・「単なる書庫から教育施設に」
・「2000年以降、市の出資が削減され
 私たちは効率化を図った
 今は(出資が)もとの水準に戻ったが
 単純にもとのやり方をすべきではない」
・「世界最大の無料閲覧コレクション
 ものを作る人や芸術家が利用している」
 「題材別に分類し雰囲気や感情もある」
 「ここは有名人の写真、アルファベット順だ
 王族は隅、庶民と交わりたがらないからね」
・ライブまで
・「北欧は蔵書が多い傾向にあり、南欧にはほとんど蔵書がない」
・「知識を得たい人が主役」
・誰だ赤ちゃん連れてきてんの
・「ビター・アーモンドは報われない恋の香り」
・「タイトルは“コレラ時代の愛”にすべきね
 ベッドの描写が多くてうんざり」
・貝と尻を合体させたラクガキの下に「ひとみしり」「もうこはん」
 って書いてあった
 私、疲れてたのかな
・NYの人は芝生にピクニックシートを引かない
 草のシミつかないの?
聴覚障害者のコンサート
 舞台裏で起きていること、演者の動き、楽器についても説明する
・返却本のバーコード読み込んでソート、
 でもラインに並べるのは人間なのか…
・「10代の子は独立心旺盛で質問をしてこない
 全てわかってるつもりなのよ
 図書館が10代の子を迎えるなら
 彼らが自分達の場所だと思えるようなところを作るといい」
・「あなたは何歳?」
 「12歳」
 「学生証は?学校の名前が入っているものとか
 なければ保護者と一緒に来てね」
・ダンスのクラスも?
・プログラミングの授業
・ホームレスの利用者について
 確か本を読むためにきているならいいとかだった
 寝てるとかだったら退館させるらしい
・「貸し出しの問題は解決した
 予約が集中しているとき
 人気の小説(の貸出)は4~5ヶ月かかる
 電子書籍にすれば問題が解決できる」
 「貸出数が少なくても好きな本を買うかベストセラーをとるか
 電子本か紙媒体か
 人気本に予算をつぎ込めば、貸出数は急増だ
 しかし、そういう本ばかりに予算をつぎ込めば
 推薦図書が買えなくなる
 10年後、誰かがその本を必要としたとき
 その本がどこにも見つからないことになってしまう
 ベストセラーはなんとかなる
 無料でなくとも手にいれることができる」
・読み書き教室
・「世界を急に変えるのではなく、少しずつ変えること」
・オリーブグリーンのコートにゴールドのバングル
 手はポケットに
・「増員、開館時間の延長、教育機会の拡大
 それに資金調達キャンペーンも」
・予算会議きつい…
・「行政は図書館での問題はすべて解決したと思っている
 予算が10億必要と言っても得られたのは3億」
・「祖母は経営していた店を失った
 黒人にはよくあることだよ
 チキンウイングはステーキより高い
 黒人が使うと分かってるからだ」
 「白人男性が1ドル稼ぐ間に、
 黒人男性は77セント、黒人女性は66セントしか稼げない」

英語熱が高いときだけの英語メモ。  

Take your time to finish reading.
本を読んでからでいいよ   

He cried into no tears left.
涙が枯れるくらい泣いた

【映画】リチャード・ジュエル

本日はこちらの映画をご紹介します。
公開からだいぶ経ってしまった…

f:id:librarian_kinu:20200129204012j:image
あらすじはこんな感じ。

アメリカン・スナイパー」の巨匠クリント・イーストウッドが、1996年のアトランタ爆破テロ事件の真実を描いたサスペンスドラマ。
96年、五輪開催中のアトランタで、警備員のリチャード・ジュエルが、公園で不審なバッグを発見する。
その中身は、無数の釘が仕込まれたパイプ爆弾だった。多くの人々の命を救い一時は英雄視されるジュエルだったが、その裏でFBIはジュエルを第一容疑者として捜査を開始。
それを現地の新聞社とテレビ局が実名報道したことで、ジュエルを取り巻く状況は一転。
FBIは徹底的な捜査を行い、メディアによる連日の加熱報道で、ジュエルの人格は全国民の前で貶められていく。
そんな状況に異を唱えるべく、ジュエルと旧知の弁護士ブライアントが立ち上がる。ジュエルの母ボビも息子の無実を訴え続けるが……。
主人公リチャード・ジュエルを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のポール・ウォルター・ハウザー、母ボビを「ミザリー」のキャシー・ベイツ、弁護士ブライアントを「スリー・ビルボード」のサム・ロックウェルがそれぞれ演じる。 2019年製作/131分/G/アメリカ 原題:Richard Jewell 配給:ワーナー・ブラザース映画

 

 

1996年、ジョージア州アトランタ
リチャード・ジュエルは警備員。
法を遵守しようとするあまり、行き過ぎた行動をとってしまいます。

驚いたね、クレームだらけだ
道路でも検問したのか?
道路は我々の管轄外だ

そのせいで大学の警備員をクビに。
現在はイベント警備をしています。
なんといってもアトランタ五輪の真っ最中。
連日のようにイベントがあります。
今日の仕事は音楽イベントの警備。
酒を飲んで暴れている若者を注意したリチャードは、不審なバッグを発見します。
他の警備員や警察官からは「気にしすぎ」と笑われますが(そんなもんなの?
リチャードはマニュアル通りに行動します。

f:id:librarian_kinu:20200129204028j:image

ミスをするより頭の変な方がいい

中身は爆弾だったのです。
同僚とともに観客をできるだけ退避させますが、バッグは爆発。
死者2人、負傷者100人以上。
だけどね、スシ詰めの会場での爆発です。
被害者がもっと膨れ上がってもおかしくなかった。
その状況でいち早く行動したリチャードは一躍英雄になります。

  

その裏でFBIはリチャードを容疑者として捜査を始めていたのでした。
それを嗅ぎつけた あれは情報流出の気も のは地元の新聞記者。 

元保安官が関与した可能性がある
あの警備員だ

爆弾も殺人もまず第一発見者を疑うが
あの男には問題が多い
─ 母親と暮らす醜いデブだしね

どこよりも早くスクープを取りたい新聞記者は、リチャードを容疑者として実名報道
リチャードを取りまいていた環境は一変します。
爆弾の製造、銃の所持、税金の滞納。
次々と出てくる疑惑をFBIは執拗に捜査し、メディアは苛烈に報道する。
全国民の前で貶められる。
それでも「法執行官として」捜査に協力しつづけたリチャード。
リチャードのおかれている状況に異を唱え続けた弁護士。
そして、リチャード信じ続けた母と友人。
本当にあった、お話です。

 

 

ネタバレしてしまうのでここまでで。

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

ネタバレ含む感想はここに置いておきます。 

・なんだこの注意喚起報告
 マナーやべえやつは予告時にはいないんだよ…
・「オリエンテーションで言ったはずだ、
 キャンパスで酒を飲むな」
・「僕は法執行官だよね
 音響設備を見守るだけの仕事でも」
 「そうよ、悪いやつらを見つけるんだから」
・大丈夫かこいつは記者として
・「学生にからみ、道路で告発するなど異常だった」
・「今、スニッカーズがない」
 「もう中小企業庁の仕事はしてないんですね」
・「地元でのオリンピックよ
 うちが第一報を出さなくてどうするの?」
・「私の国では国が有罪と言ったら無罪の証拠」
・「なぜ、こんなことをいうの?」
・「世の中が完全にイカれた
 権威は君を血祭りにしようとしている」
・「KKKと会ったことは?」
 「もしあったなら知らずに」
・「捜査情報をもらしたのが誰であれ
 厳重な罰を課すべきだと思う
 捜査状況がスポットライトにさらされるのはよくない」
・「彼は本当にやってない無実の罪だ
 助けないと
 無実の罪で裁かれる」
・「連中は君を電気椅子に送るぞ
 君は?
 焼かれる
 ベーコンだ」
・「力になりたいです
 僕も法執行官だから」
・「訴えるぞ
 憲法上の権利の侵害だ」
・「残念に思うよ
 もし真犯人がまたやったら
 君たちは髪の毛に手いっぱいだ」
・「中小企業庁で、あなただけが僕をバカにしなかった
 “脂肪袋”“肥えすぎのデブ”“ミシュランマン”
 と呼ばす、人ととして扱ってくれた」
・「どうやってあなたを守ればいいのかわからない」
 「母さんは、僕を守る必要ないんだ
 人を守るのは僕の役目」
ポリグラフ
・「糾弾者は今日もっとも力を持つ
 合衆国政府とメディアだ」
・「あの部屋に、お前より偉いやつは1人もいない」
・あの晩、僕が仕事をしたから助かった人がいる
 でも警備員が次に危険な荷物を見つけたとき
 警備員は通報するだろうか
 きっとこう思うはずだ
 “ジュエルの二の舞はごめんだ、逃げよう”と」
・「本当のおわりなのか
 それとも彼らの手なのか」
・証拠品番号を直書き
・「リチャードは2007年44歳で死亡
 心臓疾患で」
・ボビは元気なのね

英語熱が高いときだけの英語メモ。

People respect the badge.
人々は権威を重んじる

Behind the curtain.
ここが舞台裏か

Kiss my ass.
くそくらえ

Please clear my son’s name.
息子の名誉を回復してください

【映画】フィッシャーマンズソング コーンウォールから愛をこめて

本日はこちらの映画をご紹介します。

f:id:librarian_kinu:20200129200538j:image
あらすじはこんな感じ。

小さな港町ポート・アイザック
この地に旅行で訪れた音楽マネージャーのダニーは、漁師たちのバンド「フィッシャーマンズ・フレンズ」のライブを偶然見かけ、上司から彼らとの契約を命じられてポート・アイザックに居残ることに。
民宿の経営者のオーウェンはダニーの失言に敵意をむき出しにしていたが、ダニーの音楽への熱い情熱に次第に心を動かされていく。
やがて「フィッシャーマンズ・フレンズ」と無事に契約を果たしたダニーだったが……。
「シンクロ・ダンディーズ!」のダニエル・メイズ、「輝ける人生」のデビッド・ヘイマン、「わたしは、ダニエル・ブレイク」のデイブ・ジョーンズが顔をそろえる。
2019年製作/112分/G/イギリス
原題:Fisherman's Friends
配給:アルバトロス・フィルム

 

 

小さな港町ポート・アイザック
敏腕音楽マネージャーのダニーは同僚たちと一緒に、旅行に訪れます。
そこで目にしたのが地元の漁師たちのバンド「フィッシャーマンズ・フレンズ」。

f:id:librarian_kinu:20200129200556j:image

漁の最中困ったときや、気晴らしのために歌うんです

スカして見ていたダニーですが、上司はこのバンドを絶賛。

f:id:librarian_kinu:20200129200607j:image

話題性もありそうだし
曲は著作権フリーだ

ダニーに「契約できるまで帰ってくるな」と言い渡し、先に帰ってしまいます。
契約に奔走するダニー。
でも、態度に出てるんですよね…
田舎者ってバカにしてるのが。

我々は漁師だ
名声のために魂を売る気はない
特にエメットにはな
─ “エメット”ってなんのこと?
アリのことだ
アリのように大勢で押しかけ
追い返すのも一苦労な厄介なよそもの

ダニーはなんとか契約してくれるよう、バンドリーダーに頼み込みますが…

 

 

ネタバレになってしまうのでここまでで。
予告編で歌を聞いて行くことに決めたので、歌が多くて嬉しかったです。
(どうしよう小学生以下の感想だ)
(まあいつものことだけど)
詳しくは映画を観てもらえたらと思うのですが、パブの件が痛かったです。
最近ね?
2か月に1回くらい通ってたお寿司屋さんが潰れちゃって。
すっごく美味しかったんですよ。
店員さんもみんな良い人で。
勝手に第3の実家だと思っていたので、まだ立ち直れてないんです。
何かできることがなかったのかなって考える。
いいものって、現実とか効率とかの外にあったりするよね。
(最後、映画と全然関係ない話だな)

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

ネタバレ含む感想はここに置いておきます。

・ここまで人がいるとは
・「必死にお守りの要請を探す老人
 頭の検査が必要ね」
・「ヨットで遠出なんてワクワクする」
 「俺がそんなこと言い出したら安楽死させてくれ」
・「こんな道の設計者は悪くないとでも?」
 「そんなデカい車が通るなんて17世紀に予想する?」
・「よそものだから」
 「標識を見ればわかるわ」
・「ラガーは?」
 「この時期需要がねくて」
 「じゃあビショップフィンガーは?」
 「あんたのケツに突っ込まれてるでしょ」
・「やるなら皆一緒にだ
 そうでなきゃ溺れて死んじまう
 なんとかジムを説得するんだな」
・「ママ、“マスかき”だよー」
・「(グラスの水をかけて)モーニングコールよ」
・「着替えるんだ、緑は縁起が悪い」
 「船で口笛をふくな」
 「どんな状況でも“うさぎ”と言うな」
・「仮に契約しても本業を優先させる」
・「10人の漁師がサインした
 デモも録るつもりだ」
・みんな嬉しそう
・「アホウドリを殺すと風が止む」
・「教会ならなじみもあるし
 音もよく響くわ
 聴き手は高音なんかに興味はない
 海に運ばれたいのよ」
・「6世代が眠ってるからね」
・「あの呪いだけど」
 「からかっただけよ」
・「1968年のことだ船団が海に出た直後、風が吹いた
 全滅だよ
 24名が夫を失った」
・「駐車違反は監視員がいなくても上げ潮が解決してくれる」
・「神よ、海で安全に過ごせますように
 座礁したら酒を与えたまえ」
・「自分の仲間をなんとかしな
 “みじめな町ガラス”」
・「1700m年代、ここの男たちを王の海軍に勝手に入れた
 個人的な因縁もある
 パパがもめたのは私のかつての舅よ」
・「うちのパブは村人たちの大切な場所なの」
・「おじいちゃんをジャスティン・ビーバーにするの?」
・「まるで魔法だな、週末に休めるなんて」
・「最初から最後までじっくり聞きたい
 今の子供は好きな曲だけダウンロードするのよ」
 「スティージョブズの功績だな」
 「あの偽善者」
コーニッシュ
・「俺を田舎者と笑っても
 娘をバカにするのは許さん」
・「グルーピーに注意よ」
・「これ見ろよ、サバ料理がバカ高い」
 「持ってくれば小遣い稼ぎになったな」
・「それなに?」
 「ユニコーンの涙でも使ってるのか?」
・「国家じゃない」
 「コーンウォールの歌だ」
・「大衆にアピールするにはギャラに工夫を
 “100万ポンドの漁師バンド”」
・「仲間を見れば人柄がわかるという
 どうりで俺の評判がボロボロなわけだ」
・「オーク材じゃない、お前の言葉はまるで柳だ
 風に翻弄される」
・「ここはパブとして残る
 僕が買った
 ─ ここを別荘扱いするやつは好きじゃない
 ロンドンの家と交換した」
・誰からもハイタッチしてもらえない笑
・「地元の観光局に感謝される」
 「名誉市民になれる?」
 「それには湯悪不足」
・「親父が喜んだだろうな」
・もう戻れない(物理
・「30年の活動の中でメンバーも変わったが
 その響きは今も変わらない」
・かっこいいな写真
・「今でも夏の間、毎週金曜日に地元でチャリティショーをしている」 

英語熱が高いときだけの英語メモ。

I was born this community, I have no choice.
ここで産まれた、他に方法がないの

I’m always in this way.
これが私なの

Please give me my freedam.
自由をください

He didn’t show up again.
彼が再びくることはないわ

You have a time for quick chat?
ちょっと話せる?

Rosy is very first love.
ロージーは初恋のひと 

Jim, at least considering.
ジム、一考の価値があるぞ 

Grandfather on youtube.
おじいちゃんがyoutube

comission
仲介料

What’s your major point?
言いたいことは?

【映画】ジョジョ・ラビット

本日はこちらの映画をご紹介します。

f:id:librarian_kinu:20200129195642j:image
あらすじはこんな感じ。

マイティ・ソー バトルロイヤル」のタイカ・ワイティティ監督が第2次世界大戦時のドイツに生きる人びとの姿を、ユーモアを交えて描き、第44回トロント国際映画祭で最高賞の観客賞を受賞した人間ドラマ。
第2次世界大戦下のドイツに暮らす10歳のジョジョは、空想上の友だちであるアドルフの助けを借りながら、青少年集団「ヒトラーユーゲント」で、立派な兵士になるために奮闘する毎日を送っていた。
しかし、訓練でウサギを殺すことができなかったジョジョは、教官から「ジョジョ・ラビット」という不名誉なあだ名をつけられ、仲間たちからもからかいの対象となってしまう。
母親とふたりで暮らすジョジョは、ある日家の片隅に隠された小さな部屋に誰かがいることに気づいてしまう。
それは母親がこっそりと匿っていたユダヤ人の少女だった。
主人公のジョジョ役をローマン・グリフィン・デイビス、母親役をスカーレット・ヨハンソン、教官のクレツェンドルフ大尉役をサム・ロックウェルがそれぞれ演じ、俳優でもあるワイティティ監督が、ジョジョの空想の友だちであるアドルフ・ヒトラーに扮した。
2019年製作/109分/G/アメリ
原題:Jojo Rabbit
配給:ディズニー

 

 

いつものように、あらすじを再構成してお届けします。
単なる主人公目線です。
ヒトラーおよびナチスドイツ、ヒトラーユーゲントを賛辞する意図はありません。
念のため。
第2次世界大戦下。
ドイツに暮らす10歳のジョジョには夢がありました。
それはヒトラーの親衛隊に入ること!
今日は、その夢のための第一歩です。

ジョジョ・ベッツラ―、10歳
今日よりドイツ少年団に入る
夏の訓練に参加し、男になります!

そう、今日からヒトラーユーゲントの合宿なのです。
鼓舞してくれるのは空想上の友達のアドルフ。
言うまでもないかもしれませんが、アドルフはヒトラーファーストネームです。

f:id:librarian_kinu:20200129195651j:image

お前はひ弱で、人気もない
靴ヒモも結べない
だが、ナチスへの忠誠心はピカイチだ

立派な兵士になるため、ランニングやナイフ投げをこなすジョジョ
しかし、できなかった訓練がありました。
ウサギ殺しです。
それにより、ウサギという不名誉なあだ名をつけられたジョジョ
仲間からもからかわれてしまいます。
このままではヒトラーの親衛隊になれない。
親衛隊になれるのは、成績優秀で見目麗しく心身ともに健康なものだけ。
そして1750年までさかのぼっても、ユダヤやスラブの血が入っていないこと。
焦ったジョジョ
失敗を挽回するため投てき訓練をしていた教官の手りゅう弾を掴み、大空に投げます。

f:id:librarian_kinu:20200129195711j:image
…しかし、ジョジョの運動神経はそう良くありません。
枝にあたって落ちてきたのは自分の足元。
ジョジョは病院に搬送されます。

ひどい顔、ピカソの絵みたい

ジョジョの顔には、大きな傷が残ってしまうのでした。
夢への道が絶たれたジョジョは絶望します。

ヒトラーの親衛隊に入れない
─ 生きてるだけでママには十分

傷が治らないと学校にも訓練にも行けません。
くさくさするジョジョ
ある日、亡くなった姉の部屋で物音がするのに気づきます。
壁板を開けてみるとそこには小さな部屋が。
そしてそこには女の子が。

f:id:librarian_kinu:20200129195719j:image

私はオバケより怖いものよ
もうわかってるはず、言ってごらん? 

ユダヤ人がいたのです。
同じ空間にユダヤ人がいるのは耐えられない。
しかし、見つかったら母親も自分も即死刑。
悩んだジョジョユダヤ人を倒すため、少女から弱点を聞き出そうとするのですが…?

 

  

ネタバレしてしまうのでここまでで。
イメージの力って恐ろしいなあと思いました。
よく「ありありと想像できる」っていうけど、想像できた途端に現実になるんだよね。
どんなトンデモ理論でも。

昔、ユダヤ人は魚と交尾したの
私たちアーリア人は他の民族より1000倍も優秀だ

「よくわかる」「想像できる」「本当らしい」とか、キヌも興奮しがちなのですが。
今度そうなったら、熱を冷ます方の努力をしたいなと思いました。
敵は自分の頭の中にしかいないから。

ユダヤ人の住処を描けとと言ったはず
これは僕の、狂った顔だ
─ ええ、そこに住んでるの

脱線してしまった。
わかりやすい価値観に翻弄された狂った世界。
そんな世界で、良心を手放さずに「できることをした」人たちのお話です。

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

ネタバレ含む感想はここに置いておきます。

・古っぽいOP
・「女子もいろいろ学ぶ
 傷の手当やベッドメイク、妊娠の仕方」
 「私は18人産んだわ、女にしかできない重要な仕事よ」
 すげえハラスメント
・「昔、ユダヤ人は魚と交尾したの
 私たちアーリア人は他の民族より1000倍も優秀だ」
 理科の知識レベルでわかる無茶を
・「ヨーキー、君は2番目の親友だ
 1番は空けとく」
 ヨーキーいいやつだな
 怒っていいんだぞ
・食いもしないのに首をやるな
・顔で判断されるの嫌だけどな
・「オエッ」
 「見なさい」
 「何をしたの?」
 「できることを、行くわよ」
・「交渉する」「家ごと燃やしちまえ」
・「息子はナチ教徒よ
 祖父が金髪でないと怒るくらい」
 「今のあの子は、可愛かった昔のあの子のオバケなのかしら?」
・「でも学校に行くのは傷が治ってから
 醜いもの」
・男の人もこのスクール水着なんだな
 確かに男女分ける必要あんまりないな
・「見つけたら俺たちに言え、俺が殺しにいく」
・「優しいわ、人間扱いしてくれる」
・「ディナーは中立地帯、スイスのように」
・こいつメタメタに殴られればいいのに
 S先生もあのときこんな気持ちだったんだろうか
・「愛は最強の力よ」
 「1番はミサイル、次に銃、3番が筋肉だ」
・「クルミは何軍?」
 「クルミはおやつだ」
・「紙じゃなくて“紙みたいな”素材」
・「あなたはナチスじゃないわ
 鈎十字と制服と、戦争ごっこが好きなただの子供よ」
・「総統のタマが1つというのはデマだ
 4つある」
・「5/7…誕生日は5/7だった」
ユニコーン食ってる
・「お母さんは残念だった、いい人だった」
・「帰って姉さんの世話をしろ」
・「君のカノジョ、もう自由だよ
 どこにでも行ける」
・助けたい、形なんてどうでもいい
 今の自分に、できることを
・「ジョジョ・ベッツラ―、10歳半
 今日からできることをする」
・スカヨハかっこいいなあ
・あのチラシ、ドイツ解放運動のだったのか

英語熱が高いときだけの英語メモ。

Don’t offer me damn cigarette!
煙草を勧めないでってば

Almost.
惜しい

【映画】パラサイト 半地下の家族

本日はこちらの映画をご紹介します。

f:id:librarian_kinu:20200129195900j:image
あらすじはこんな感じ。

殺人の追憶」「グエムル 漢江の怪物」「スノーピアサー」の監督ポン・ジュノと主演ソン・ガンホが4度目のタッグを組み、2019年・第72回カンヌ国際映画祭韓国映画初となるパルムドールを受賞した作品。
キム一家は家族全員が失業中で、その日暮らしの貧しい生活を送っていた。
そんなある日、長男ギウがIT企業のCEOであるパク氏の豪邸へ家庭教師の面接を受けに行くことに。
そして妹ギジョンも、兄に続いて豪邸に足を踏み入れる。
正反対の2つの家族の出会いは、想像を超える悲喜劇へと猛スピードで加速していく……。
共演に「最後まで行く」のイ・ソンギュン、「後宮の秘密」のチョ・ヨジョン、「新感染 ファイナル・エクスプレス」のチェ・ウシク。
2019年製作/132分/PG12/韓国
原題:Parasite
配給:ビターズ・エンド

 

 

家族全員が失業しているキム一家。
内職で糊口をしのぐ、ギリギリの生活を送っていた。

f:id:librarian_kinu:20200129200037j:image

ちなみに内職は宅配ピザの箱作り。

f:id:librarian_kinu:20200129195935j:image

まずい、もうタダでiPhoneは使えない
上の階のおばさんがパスワードを変えた
─ 上に近づけばつながる
  すみずみまで探すんだ

ある日、ミニョクが訪ねてきます。

f:id:librarian_kinu:20200129200053j:image
ミニョクは長男ギウの同級生。
今はソウル大学の工学部生。
超エリートです。
ミニョクはギウに、ある頼みごとをしに来たのでした。

俺の代わりに英語を教えてくれ
(ギジョンは)入隊前2回、入隊後に2回大学受験した
酒飲みの大学生より、よっぽどうまく教えられる
俺が留学している間、頼むよ 

ミニョクは家庭教師先の女の子に恋をしていたのです。
留学中に悪い虫がつくことを心配し、ギウに家庭教師を任せたのでした。
しかしね。
ギウは多浪生。
家庭教師をするには不安定な身分です。
そこで、ミニョクはこう提案するのです。
妹のギジョンに「身分証を偽造」してもらえと。
ギジョンはネカフェでサクサクと文書を作成。

ソウル大学に文書偽造学科はないのか
あればギジョンは主席合格だ

ジウは見事、家庭教師の面接に合格します。

f:id:librarian_kinu:20200129200124j:image
こうして始まった正反対の家族の交流は、思いもよらない事態に発展していきます。

 

 

ネタバレが怖いのでここまでで。
もうね、観たひといない?
語りあお?
Wi-fi、大学受験、就職難、侵入計画に半地下暮らし。
語ることが多すぎる。
個人的に思ったことは
お金で見ないで済んでることって多いな
っていうことでした。
そういえば留学して、ゴミ箱の中のもの食べてる人みたときショックだったな。
でも日本帰ってきたらそんな人日本にもいたんだよね。
全然気づかなかった。
お金を使わなきゃいられない場所にいたから。

”金持ちなのに”じゃなくて”金持ちだから”だよ

金持ちは純粋で素直
子供もすれてない
─ 金はアイロンだ
  ひどいところを伸ばす
  ここの家のものがすべて、私のものだったら
  私はもっと優しいよ

 

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

ネタバレ含む感想はここに置いておきます。

 ・コンセッション?
 映画館で飲み物や食べ物売ってる場所のこと
・「(窓を閉めるかと聞かれて)
 いや、タダで消毒してもらえ
 最近、便所コオロギが多すぎる」
・「やっぱり大学生は勢いが違うよ」
・「元気だけど仕事がない」
・「ギジョンは予備校に行かないのか?」
 「行かないんじゃなくて行けない」
・「ミニョク先生は、なんていうか
 “ブリリアント”ですよね
 私も娘も満足していたの
 成績以外は」
 成績が上がらない家庭教師の意味とは
・犬何匹いるんだ
・「授業料は物価に合わせて少しアップ
 授業料は毎月この時期に
 授業は月水金2時間ずつ」
・「イリノイ州立大学、応用美術」
 歌にしてる
・「それは問題を解くのと、なんの関係が?」
・暇なの?このお母さん
・「月下木金、週4回2時間ずつ
 授業ではなく絵画療法です」
・「ネット検索して絵画療法の話をしたらいきなり泣き出したんだ」
・「私の家では桃は食べられません」
 「あのおばさん、桃アレルギーで
 桃には毛があるだろ?」
・入り込み方が絶妙
・嗅げばわかるだろうに
・「あの…手は洗いましたか?」
・「家政婦は山ほどいるから、また探せばいいけど
 家政婦なしで1週間も経てば家はゴミ箱になるでしょう
 僕の服も臭くなる」
・「家族関係証明書、身分証明書、所得証明書など」
・「同じだ2人は同じ匂い
 ジェシカ先生もこんな匂いだぞ」
・「警備員を1人採用するのに
 大学生が500人殺到するこの時代に」
・「チュニ、ベリ、ププ
 ププには日本のかにかまぼこを」
・ダヘの日記帳
・よく飲むなー
・キャンプこんな天候で大丈夫なの?
・私なら入れない
・「ダヨンとは今もメールのやりとりを」
・「金持ちの家には北のミサイルを避けるためのシェルター
 借金取りから隠れるための部屋があるんです」
・「この送信ボタンはミサイルの発射ボタンだな
 このボタンを押すっていえば
 あいつら黙るじゃないか」
・え、人力だったの?
・「あのセンサーは気まぐれね」
・「1年生のころ、家で幽霊を見たって」
・「地下に住んでる人は多い
 半地下の人をいれたらもっと」
・コンドーム?
・わんわんお
・机広くてよかったね
・「父さん、さっき言ってた計画って何ですか?」
 「絶対失敗しない計画とはなんだと思う?
 無計画、ノープランだ
 なぜか
 計画を立てると必ずうまくいかない」
・「今日は空が青くてガーデンパーティ日和よ
 昨日の雨のおかげね」
・「みんな優雅だな
 急に集まったのにクールで、とても自然だ」
・正義のインディアン?
・鼻つまんでる
・「1か月後、目を覚ましたとき見たのは検事の顔」
・「ギジョンの顔を久しぶりに見たときも
 僕は笑っていました」
・「実のところ、僕も母さんも父さんの居場所がわからず」
・「息子よ
 お前なら解読できるだろう
 ボーイスカウト出身だから
 あの家の門を出た瞬間わかった
 どこに行くべきか」
・「あんな事件があった家だから長く買い手がつかないだろうと思った
 でも、そのおかげで弔うことができた
 最近人気のの樹木葬をしたから
 最善は尽くしたはずだ」
・「24時間住み込みの家政婦がいるから
 食材をとるときは命懸けだ、命懸け」
・「稼いだらまず、この家を買います」
・これifなのかつらい 

【映画】燃えよスーリヤ!!

本日はこちらの映画をご紹介します。

f:id:librarian_kinu:20200123224023j:image
あらすじはこんな感じ。

痛みを感じない体質の青年がカンフーで悪の組織に立ち向かう姿を描き、第43回トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門で観客賞を受賞したインド発のヒーローアクション。
生まれながらにして痛みを感じない体質を持つ少年スーリヤは周囲の子どもたちからいじめられていたが、幼なじみの女の子スプリだけは彼を守ってくれていた。
そんなある日、祖父から見せられたアクション映画で、「空手マン」と呼ばれる片足の格闘家マニに衝撃を受けたスーリヤは、独自にカンフーの特訓を開始する。
やがて成長したスーリヤは、カンフーと痛み知らずの体を武器に、街の悪党たちを退治するべく日々戦っていた。
ある日、チンピラに誘拐されそうになっていた女性を助けようとした彼の前に、長い間離れ離れになっていたスプリが現れる。
スプリが街を牛耳る悪の組織に狙われていることを知ったスーリヤは、愛する彼女を守るべく立ち上がる。
2018年製作/138分/G/インド
原題:Mard Ko Dard Nahi Hota
配給:ショウゲート

 

 

主人公はこの少年。

f:id:librarian_kinu:20200123224240j:image
スーリヤです。
スーリヤには1つ変わった体質がありました。
痛みを感じないのです。

「先天性無痛症の子が4歳まで生きるのは稀です」
珍しい病気だ
あとでググって 

彼らは言う
「男は痛みを感じない」と
彼らはわかってない
感じないのは病気だ

なんで生きられないかっていうと、感じないゆえに無茶するからですね。
痛みって大事な機能なんだなと思うよ。
じゃなかったらグロ耐性のある人はやらかしそうだもんな。
怪我をしないようにとメットとプロテクターを付けて生活しますが
そこは 仁義なき 子供社会
イジメに遭います。
味方は同級生の女の子、スプリだけ。

f:id:librarian_kinu:20200123224029j:image
そして、スプリまでもれなくイジメられます。
スーリヤは強くなるため…

アクション映画全部!
─ いーよ、全部持ってけ
  DVDの時代だ

ビデオ学習に励みます。
お前は進研ゼミ生か。
そんな中、あるビデオが目に留まります。
片足の男が100人の男を次々と倒していくアクション映画。

f:id:librarian_kinu:20200123224255j:image
「マニ」と名乗るその男に影響されたスーリヤは独自に訓練をスタート。
自宅学習です。
しかし、あるとき。
子供(というか痛みを知らない)ならではの事故を起こしてしまいます。

ご近所によれば、僕は野蛮なテロリストで人殺し
引っ越さなければ警察を呼ぶと 

子供の友達に対してそこまでするのもどうかと思うけど。
あと、野次馬の近所の人が満面の笑みで怖いのこのシーン。
事故により、引っ越しを余儀なくされるスーリヤ一家。
スプリとも離れ離れになってしまいます。
強くならなければ。
他にも考えることは沢山あると思うが
そう考えたスーリヤは1人で特訓を続けます。

じいちゃんいわく、
ブルース・リーは水泳も運転も下手で
目も悪かったらしい
でも、ヒーローになった
みんな始めは問題がある

訓練してることを悟られるな
“ステルス忍者”方式だ

こうして訓練を重ね 変人度合いに磨きがかかっ たスーリヤ。

f:id:librarian_kinu:20200123224111j:image
ある日、町で誘拐事件を目撃します。
助けようとしたスーリヤの前に現れたのは、12年前に離れ離れになったスプリで…?

f:id:librarian_kinu:20200123224306j:image

 

 

ネタバレをしてしまうのでここまでで。
なんか「あらすじ」雑すぎない?
って思いました。
全っ然、映画内容と違うじゃんか。
わざわざ書き直してしまった。
痛みを感じない少年が
怪我をしないよう12年間隔離された結果
世間知らずのオタクになった
っていう話です。 

彼はなんだ、君を乱暴に引っ張って!
僕のビームで灰にしてやりたかったよ! 

※ちなみにビームは出ません
妄想シーンとか
(心の)師匠の挫折エピソードとか
急に心(というか体)を開いたりとか
なくてもよかったんじゃね?ってシーンが多すぎて混乱しました。
そういうのこそ、DVDのミニエピソードでやろうぜ。
あと、悪党がデーブ・スペクターにしか見えませんでした。
忙しい映画です(放り投げたー!

 

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

スプリの焦りみたいなのはよくわかる。
何者でもない感じがすごくする。
そう望んだのは自分のはずなんだけどね。

まだ21歳よ
─ 21歳の億万長者もいる
  それもイチから
だから?
Twitterでフォロワーが2,000万人いるひとも

ネタバレだらけの感想はここに。

・「ぶっとびの物語の裏には、常に判断ミスがある
 じいちゃんの言葉だ」
・「一生懸命訓練しろ
 空手マンになれる」
・サモサも卵フライも映画館で食べるには適さなそう
・母ちゃん強い
 妄想なのかよ
 わかりにくいわ
・「助けて、ママがピンチなの
 パパに金の鎖を渡さないと殺すって」
 出た金のサムシング
 歴代のバースデープレゼントだったりするらしいのに
 なんて男だ
・「スーリヤは1日10回トイレに行く
 車はエンジン全開だ」
 どういうこと?
・「彼女と初めてヤッたとき…」
 「それは興味ない」
・ミカンで目つぶし
・「空手屋マニは後悔から酔っ払いになり
 ジミーはサイコな悪党になった」
・「フェイスブックでは“いいね!”が3人」
 チェックしてんの?
・「彼らは無料体験中だ
 殴ったら入会してくれない」
・デーブ・スペクターみたい
・無料体験の子がエライ目に
・急にオタク感出してきた
・「12年分の情報交換はムリ」
・「大人になったの、これが人生
 これ以上の答えはない」
・「あれは過去のことよ
 だけどお前は自由にしていいの
 逃げなさい
 でないと何もできなくなる」
・ビンディそんなにいる?
・待合室でセルフィ―撮ってる
・「子供のころ、頭を打ったのか?
 それとも他の病気か?
 何か問題がありそうだ」
・「暴力をふるった男を、なぜ世話するのかって?
 私もわからない
 夫は神と思っていなくても
 なんでかしら」
・「スプリ、考えすぎないで
 考えすぎると論理的になる」
・「安い家具だ、2度と買わない」
・「警備員だろ、行って戦え」
 「糖尿病で」
・「ジイさん、銃を出せ」
 「登録証と事前審査が必要だ」
 ジイさん余裕過ぎんだろ
・「明日は従業員を全員集める
 来ない奴には死んでもらう」
・「君は?ビームを出せるようになった?」
 「だからジミーの会社が燃えた」
・「彼が息子で、私が嫁になった
 自分の家でよ?!」
 この男子ファーストぶり
・「モールで私に歌ってくれた
 そのあとは家に来て
 生活費の世話も」
・「オーガズムは感じる
 痛みは感じない
 痛み以外は感じる」
・「アフターピルと水を」
・「大声で叫ぶな住宅街だぞ」
・「奴は痛みを感じません
 全員で戦うのはどうでしょう」
・「左足に体重を乗せないように
 骨がくっつかなくなる」
・「撃つぞ、住宅街なのにいいのか?」
 そこなの?
・「空手マンは全責任を負い、ヒーローになった」
・なぜか会計士に
・続けようとしてるのか

英語熱が高いときだけの英語メモ。

Disclaimer
免責事項 

Have your food first.
まず食べろ