読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

世界のはてのレゲエ・バー

小説

キヌの積読本、小説が割合が多かったです。それもハードカバーのやつ。たぶん時間あるときに読もうとしたんだな… 

 

この本もそのひとつでした。

確か小川糸先生のエッセイに、野中ともそ先生の本を読んだって記述があって読んでみたくなったんだった気が…

世界のはてのレゲエ・バー (双葉文庫)

世界のはてのレゲエ・バー (双葉文庫)

 

あらすじはこんな感じ。

恋も命の重みも、そして夢をもつことも、すべてボブ・マーリーの流れるこの店で知ったんだ―。高校生のコオは父親の転勤でニューヨークへやってきた。退屈な学校を抜けだし、怪しくも居心地のいいレゲエ・バーに通う毎日。写真に情熱を傾けながら、コオは未知の世界を17歳の身体と心でとらえてゆく。自分の居場所を求めて、さまよいながら成長してゆく青春ストーリー。

 

この本の何が印象的って、行ったことのないアメリカ(ハワイとグアムならあるけどリゾートだし)の空気感もさることながら 

ヒロインのカエちゃんがめちゃくちゃかっこいい こと。

「魅力的な男の子の名前は、絶対に忘れないたちなの」

とかね、人生に一回は言ってみたい!笑 

 

他にも好きなヒトコトがあるので抜き出しますね。

自分と似た種類の人間が気に入らないことをすると、ヒトってよけい悔しくなるものみたいよ。痛いとこ突かれたって。他人のある箇所に怒りを感じつのは、それが自分の中にもあるからなんだって。

あのひともそしてコオ、あんたも大人だってこと。つまり、自分の人生を選ぶ権利を持った人間だってこと。お節介していいのは義務教育の子ども、って決まってるものよ。

ここにしょっちゅう来るのはいいけど、学校だけは行ってよね。今は解らなくても、この先の選択肢がその分増えるから。その芽を今から摘み取るようなこと、しないで。

 

退屈になってしまっている毎日に、刺激をあたえてくれる存在って貴重なんですよね。

いつか誰かにとってのそんな存在になれればいいなと思いながら、この本を閉じました。

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

ネタバレになるから欄外にするけど、この部分も好きです。

朝霞ちゃんは、あいつの記憶の中で結晶化したの。

知ってる?と言って、カエは僕を見た。「結晶って時間と共に育っていくものなんだよ。私は、彼とその結晶をはさんで、ずうっと向き合わなきゃなんない」

 

なんとなくだけど、このヒトコトもささる。

自分の怒りを正当化するには、理由が必要だった。

 

小川糸先生の本は、過去にも何作かご紹介しています。 

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

 

成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集

エッセイ

黙々と積読本を読んでます。キヌです。

ずいぶん前に買った本もあったりして、プチ罪悪感に苛まれてます。

 

まあ、でもヒトコトに会ったしね。今がタイミングだったのかなって。

自分が何かしなきゃ、と思ってる時にぶつかった本ていうのは、実に意味があるね。そういうキッカケって大切だね。

音楽でも、絵でも、そういうタイミングがぴたっと合ったら、最高だ。

 この本のヒトコトです。

成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)

成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)

 

内容はこんな感じです。

だれもが、BIGになれる“道”を持っているはずだ--。

広島から夜汽車の乗って上京した少年。ポケットにはアルバイトで貯めた5万円しかなかったが、胸には熱く燃える大きな意志があった。「おれは音楽をやる、スターになる!

 

ロックのロの字もない人生を送っているキヌですが、ほぼ日で関連の記事を読んで気になって購入したのでした。

タイトルから想像する通り、矢沢永吉先生がどのようにスター街道を極めていったのかという本です。

 

このように会話調なので

何が自分に合ってるか、それを真剣に考えろ。

それと、頭。バカはダメよ。バカはやめろと言いたい。周りが迷惑するから。

空いている時間でちょこちょこ読んでいきました。

めんどくさいから グレたりとかはしなかったのですが、ところどころ妙に共感したり。 

グレるってこと、どういうことか知ってる?うん、はぐれるってことなんだ。群れから離れる。はぐれる淋しさ。のけもの。先に道がないんだ。

 

なんかこういう本、学級文庫とかに入れてほしいな。

いっぱいいっぱいだったあの時代に、こういう本を読んでたらもっと肩の力が抜けた気がするんだ。 

お金がなかったら、まわし読みしなよ。いいと思ったら、あらためて買えばいい。そんな本だ。

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

猫のマルモ

小説

猫、と名のつくものは買ってしまう気がする…

猫好きを公言して28年です。キヌです。

 

今日はこちらの本をご紹介します。

猫のマルモ

猫のマルモ

 

この本、積読本の中に2冊もありました。どんだけ気になってたんだ。 

あらすじはこんな感じ。

映像、音楽、映画、絵画・・・。様々な世界でマルチな才能を発揮し、引っ張りだこの大宮エリーさんがどうしても人々に届けたかった短編小説集。今回、以前雑誌に掲載された幻の名作「猫のマルモ」「青ガニのサワッチ」を収録。さらに、それ以外の5編書き下ろしに挑んでいただきました。

「言葉の天才」エリーさん渾身の一冊は、誰もの心に柔らかく入り込む童話のようでもあり、人間の真理を突く哲学のようでもあり。大宮エリーさんならではの世界観に溢れた一冊となりました。

皆さんは、どのお話が心の宝物になりましたか。心が疲れている方にとっての栄養剤でもあり、また心を浄化する清涼剤のようでもあり・・・。必ず、どんな方にも、心の宝物となる一編が見つかるはずです。

出会いと別れの時期に大切な人へのプレゼントとしても最適な一冊です。

 

ひとつひとつのお話はとても短いです。そして、擬人化された動物たち目線で描かれているからかどこか童話的。

 

それぞれ、「自分の奥深くに隠れた才能を発揮する」という話になっています。

キヌは『はみ出しトン子』が好きでした。

ちなみにトン子はアリさんです。

「これでいいのかな」
「わたしって、なんなんだろう」
「番号にしか過ぎないのかしら」

「みんなのためにわたしたちはある」
けれど、600番はそれを復唱できませんでした。
代わりに哀しそうに言ったのでした。
「みんなのために?そこに、わたしがいない」

「そこに、わたしがいない……。わたしは、わたしでいたい。みんなのためのわたしではなくて、わたしは、わたしのためだけの、わたしでいたい……」

わたしはわたしでいたかった。みんなのためのわたしじゃ嫌だった。

 

集団に属していると、ときに、自分ってなんなんだろうって思うんですよね。

自信がなくなったときこそ「わたしはわたしだし、それでいい。」という短いけど力強い言葉を、大事にしたいと思っています。

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

あとがきがもうね、ぐっときます。

誰かの心を、それがたったひとりだったとしても、強烈に揺さぶったとしたら、それはもう、才能じゃないかなと思うのです。

みんなどこかで才能があるんですよね。きっと、それが自分が望んでいるものとは違うかもしれない。それだけのことかもしれないですね。

人には真似できない自分だけのオリジナルの力。それが、才能なんじゃないかなあと。

 

大宮エリー先生の本は、こちらも紹介しています。 

librarian-kinu.hatenablog.com

 

 

さえこ照ラス

小説

お題「ブログ名・ハンドル名の由来」

もともと本を読んだときに、その本の中で好きな言葉だけをメモに抜き書きしていて。

でもこれがよく無くなる んですよね。不思議なことに(整理整頓が超苦手

 

それを、「頭の中以外のどこか、きちんと残る感じでまとめておきたいなーっていうのがこのブログの前身であるTwitterアカウントを作ろうと思ったきっかけです。

Twitterだと書いた本人でも、いつ何を書いたかわからなくなったのでブログに移動して。

そのときに、本の中のヒトコトだけを紹介するって図書館にある掲示板みたいだなーと思ったのでそのまま「ヒトコト図書館掲示板」になりました笑

 

 

今日もヒトコトだけ紹介します。

さえこ照ラス

さえこ照ラス

 

あらすじはこんな感じ。

口と態度は悪いが遣り手の美人弁護士、沖縄の空の下で大奮闘!

沖縄本島北部の法テラスに派遣されてきた弁護士・阿礼沙英子。オジィオバァの方言通訳を命じられた事務員の大城を従え、縁もゆかりもない琉球の地で、厄介な民事事件を率直すぎる発言で一刀両断にします!

異色の法律相談ミステリー。

 

ちなみにキヌはこの本を読むまで「法テラス」という言葉自体、知りませんでした。

※下記は弁護士費用保険の教科書より抜粋

法テラスとは、正式名称を「日本司法支援センター」といい、一般の方に向けて作られた法律相談の総合窓口となっています。

運営母体が国となっていますので、安心して相談できることから、近年、利用者も増加傾向にあります。

行っている業務内容としては、一般の方への法律に関する情報提供、犯罪被害者支援や国選弁護人関連業務、民事法律扶助、過疎地の司法対策、といったとことです。この中でも、民事法律扶助を利用される方が多いと言えるでしょう。

民事法律扶助というのは、一般の方に弁護士や司法書士を紹介し、無料相談を実施、その後、依頼をするとなれば、その際に発生する報酬費用を立て替えてくれるといったものです。

生活保護を受けている場合や特別な状況の場合は、全額免除になることもあります。立て替えてもらった費用は、法テラスに対して分割(月々5000-10000円ほどが一般的です)で支払っていくことになりますが、一度に大きなお金を用意する必要がないため、弁護士への依頼が身近に感じられるようになったといえます

 

この本はとにかく、主人公がかっこよくて。

主人公のメモしか残ってません!(たまにある

あとは、模合のやり方とか…?これ残しといても仕方ないしな…

 

いやほんと、そのくらい主人公がかっこいいんですよ。

「気づけなかったことをプロとして恥じろ!患者や依頼人は追い詰められた上で、私たち弁護士や医者みたいな人間にすがりに包んだ、それを裏切る真似は絶対にしちゃいけない」

「学術書はまともに読んだ形跡がないし、機器も古くさいものばかり。日々進歩している医療を学ぶ気がないのは一目瞭然だ。珍しいケースに対処するよう勉強指定置くのは、プロとして最低限の義務だろう」

「信じたいものしか見ない。都合の悪いことには耳を貸さない。だからあんなインチキに騙されるの」 

 

プロについて考えていた時期でもあったので、答えをもらったような気になったのをよく覚えています。このヒトコトに惹かれた方はぜひ。

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

 沖縄関連?ではこちらをぜひ。

librarian-kinu.hatenablog.com

 

ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)

小説

昨日紹介した本つながり?でこちらの本をご紹介します。

ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)

ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)

 

あらすじはこんな感じ。

毎朝スカイツリーを見上げながら、水上バスで通勤する富田宝子、28歳。浅草にあるおもちゃ会社の敏腕プランナーとして働く彼女は、次から次へと災難に見舞われる片想い中の西島のため、SP気分で密かに彼のトラブルを解決していく…!やがて、自分の気持ちに向き合ったとき、宝子は―。

 

いやでもこれ小説だし、主人公は女の子(ちょっとストーカー風味)だし、何が似ているんだよって感じですが。

この小説の中に、こんなセリフがあるんです。

「も、もし駄目だったら……」
恐る恐る問うと、玲奈はぴしゃりと返した。
「行動しない人間には、そういうことを不安がる資格もないんだよ」

 

『ゼロ』を読んだとき、このヒトコトを思い出して読書ノートをひと通りあさったけどなくて。

積読本を整理していたら、読みかけだったこの本で見つけました。

 

とても個人的な感覚なので、なかなかうまく説明できないのですが。こうやっていろんな本がリンクしていく感じがとても好きです。

 

他にも好きな表現がたくさんあったので引用しておきますね。

声を聞くだけで、身体中に甘いシロップが行き渡り、頰がカッと熱くなるようだ。

手のひらに乗る自分だけの世界。

タバコとビスケットとカフェオレの香り。

黄金色の冷たい甘露

片思い探偵

遊園地って毎晩その人が見る夢を形にしたものなのかもしれないって思ってるの。

かわいくてフォトジェニーな表現がちりばめられている&ストーリーはつながっているもののひとつひとつのストーリーは短いので、女子の通勤中にもおススメです♡

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

なんだか、このエピソードだけは欄外にしたかったので…

あなたは不安で仕方なかった。自分はほんとうに幸せなのか、女性として魅力的なのか、ご主人に愛されているかどうか。だから、年齢も名前も偽って他の男性と恋愛することで自分の価値を確認したかったの。

自分の価値を誰かの評価に委ねてはだめ。

対象が人間ではないから、傷ついたり裏切られたりすることもない。

なんとなく東電OL事件的なものを思って悲しくなりました。

 

あと作中に出てきたローザー洋菓子店の「ロシアチョコレート」気になる…

mery.jp

 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ビジネス

気になった作家さんの本は、既刊も買うというのがマイルールでした(今は本の容量&床の耐荷重的に自粛中)。キヌです。

という訳で、今回はこの本をご紹介します。 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 

 

この本を人からもらって読んだときに、

librarian-kinu.hatenablog.com

なんだか今の自分にしっくりきた気がして買って読んだのでした。

 

内容はこんな感じ。

堀江貴文はなぜ、逮捕され、すべてを失っても、希望を捨てないのか?

ふたたび「ゼロ」となって、なにかを演じる必要もなくなった堀江氏がはじめて素直に、ありのままの心で語る、「働くこと」の意味と、そこから生まれる「希望」について。

 

以前、仕事でセミナーに参加したときに

「日本人はキャリアパスに多様性がないため、その普通の道から外れてしまう可能性のある失敗を極度に恐れる。」

というような説明を受けた気がする(半分寝ていたのでうろおぼえ)のですが、周りを見渡しても確かにそうだなと。

 

普通なんて、最大公約数にすぎないんだけどね。

 

この本は「目の前の失敗を恐れるあまりに新しい一歩を踏み出せない」という人におススメです。ささりそうなヒトコトをずらずらっとご紹介しますね。

あなたはいま、「ゼロ」なのである。そしてゼロになにを掛けたところで、ゼロのままだ。物事の出発点は「掛け算」ではなく、必ず「足し算」でなければならない。まずはゼロとしての自分に、小さなイチを足す。小さく地道な一歩を踏み出す。ほんとうの成功とは、そこからはじまるのだ。

人生にマイナスなんて存在しないのだ。失敗しても、たとえすべてを失っても、再びゼロというスタートラインに戻るだけ。

失敗して失うものなんて、たかが知れている。なによりも危険なのは、失うことを恐れるあまり、一歩も前に踏み出せなくなることだ。

「できっこない」という心のフタを外してしまえば、「やりたいこと」なんて湯水のようにあふれ出てくるのだ。

突き抜けられる人と、そうでもない人の違いは、次の一点に尽きる。

物事を「できない理由」から考えるのか、それとも「できる理由」から考えるのか。それだけだ。突き抜けられるかは能力の差ではなく、意識の差なのである。

もしあなたが、「やりたいことが見つからない」と悩んでいるのなら、まずは「できっこない」という心のフタを外していこう。何事も「できる!」という前提に立って、そこから「できる理由」を考えていくのだ。

 

どうでしょう?

失敗なんて、たいしたことないんです。

「自分が本当にやりたいこと」のリスクとして挙げられる失敗なんて特に。

 

それでもどうしても怖かったら小さなことからやってみる。そこからじわじわ範囲を広げていく。

その先に見える景色は、今よりも何倍も美しいはず。

キヌもそう思って、日々小さく(?)挑戦しています。

なにかを待つのではなく、自らが小さな勇気を振り絞り、自らの意思で一歩前に踏み出すこと。経験とは、経過した時間ではなく、自らが足を踏み出した歩数によってカウントされていくのである。

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

上のヒトコト以外でささったのはこちら。

能動的に取り組むプロセス自体が「仕事をつくる」ことなのだ。

すべては仕事に対する取り組み方の問題であり、やりがいをつくるのも自分なら、やりがいを見失うのも自分だ、どんな仕事も楽しくできるのである。

「いま」をおろそかにしてはダメだなと。これ、かなり自戒を込めてます。

 

堀江先生の本は、他にもいくつかご紹介しています。 

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

 

Lady Standard -洗練された大人に学ぶ、女の磨きかた-

ファッション 暮らしを整える

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

 

5年後の自分…

去年の年末あたりから

今の自分の好きなことにフォーカスする♡

ということを始めて、今年だけでも大分変化がありました。

それを5年も続けたらどんな変化があるんだろう。今からとても楽しみです。

 

というわけで今日は、表紙が好き♡というだけで購入したこの本をご紹介します。

Lady Standard -洗練された大人に学ぶ、女の磨きかた-

Lady Standard -洗練された大人に学ぶ、女の磨きかた-

 

イラストもそうだし、この配色がとてもツボ♡

内容はこんな感じ。

多くの著名人にインタビューしてきた著者による「女の磨きかた」をまとめたエッセイ。好きなことをしている人の共通点、きれいな人がやっていること、人生の壁にぶつかった時の乗り越え方などを様々な視点で綴る。

 

この本を読んでいたときは人間関係に悩んでいたときだったのか、人間関係(特に女子同士)に関するヒトコトが印象に残りました。

「抜けたこと」で悪口を言われるなら、そんなグループにはもともと所属しないほうがいいのです。

「誰か一人」の言うことに頼ってしまう人は、少し依存度が高すぎる傾向はある気がしています。

 

特にこれからの年末、このヒトコトには注意したいところ。

女子会をするときは、最低限「人がそれを見て美しいと思うかどうか」は、意識したほうがいいでしょう。

みんなでおしゃれして集まること。場所は、出来れば個室を取ること。あるいは普通のお店なら「うるさくなるかもしれないので、なるべく隅のテーブルをお願いします」というくらいの配慮は必要かと思います。

 

なんでか女子会をすると、話が下世話な方へ下世話な方へ いく傾向があるのよね…笑

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

新居祝いの直前だったのでこのヒトコトがとても勉強になりました♡

ワインを飲むときに注意したいことがいくつかあります。それは、特に赤ワインはこぼすとシミになって、かなり取れにくいということ。洋服はもちろん、テーブルクロスや床にも注意が必要ですね。新築の新居クルーザーのパーティーなどでは、赤ワインは持ち込まないのが無難。お祝いならシャンパンが最適です。

言われてみればそうなんだけど、ぜんぜん思いつかなかった。

 

あとは美容系。この2つを試したいです。

(洗顔の)泡に蜂蜜を混ぜると言うやり方。蜂蜜をスプーン半分ほど混ぜるだけで、泡がもっちりと立ち上がるのです。

私の料理の先生も、とても手がきれいなので聞いてみたら

「EXオリーブオイルとちょちょっとつけるの。キッチンにいつもあるから。それに、そのまま料理をしてもにおいが移ったりする心配がないでしょう」