読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

【日記】青森県の浅虫温泉に行ってみた(後編)

キヌの日記帳

浅虫温泉を堪能(疲れていて2回しか入らなかったけど)したあとは、近くにあった浅虫水族館へ。

 

入り口の近くにいたウミガメちゃんがキュートでした♡

f:id:librarian_kinu:20160921142327j:image

もちろんカラフルな熱帯魚もいます

f:id:librarian_kinu:20160921142409j:image

大きい水槽では、近海を模したアクリルの大水槽とかも綺麗だったなー

写真には撮り忘れてしまったのですが、青森県でやっている漁業のやり方(ホヤの養殖過程とか)なんかも学べます。

f:id:librarian_kinu:20160921142333j:image

f:id:librarian_kinu:20160921142351j:image

水族館は、1つ1つ個性があって大好き。旅先でも近くにあったら必ずのぞいちゃう。

 

今回は電車の時間が迫っていたので泣く泣く断念しましたが、イルカショーなんかもやってます。レトロな幕だけぱちり。 

f:id:librarian_kinu:20160921142356j:image

今度行ったらぜったいみよう…

f:id:librarian_kinu:20160921142422j:image

f:id:librarian_kinu:20160921142429j:image

f:id:librarian_kinu:20160921142435j:image

 

空いていてゆっくり観れる、いい水族館でした。

みなさまもお近くにお寄りの際はぜひ。

asamushi-aqua.com

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

【日記】青森県の浅虫温泉に行ってみた(前編)

キヌの日記帳

こんばんは、キヌです。先日のシルバーウィークは青森県に行ってきました。

福島県(大学時代の元彼の出身地だった)以外の東北地方には行ったことがなかったのでかなり新鮮でした。

 

八戸駅の構内。近未来な感じがして好き。 

f:id:librarian_kinu:20160921142124j:image

f:id:librarian_kinu:20160921142134j:image

で、ここから青い森鉄道っていうのに乗って

f:id:librarian_kinu:20160921142143j:image

浅虫温泉に。

いまネットで軽く調べたら「東北の熱海」って呼ばれているらしいですね。熱海のほうが近いんじゃ…っていうのは気づかなかったことにします。

 

料理もたくさん出てきたし

f:id:librarian_kinu:20160921142221j:image

ねぶたも見れました。

f:id:librarian_kinu:20160921142233j:image

なにより部屋からの眺めが素敵だったー

キヌの写真だとわかりにくいのですがオーシャンビューです。

f:id:librarian_kinu:20160921142244j:image

f:id:librarian_kinu:20160921142253j:image

まあ今回はスケジュールの関係で1泊だけの弾丸旅行だったので、ほぼ温泉入ったってだけだったんだけど笑

1ヶ所だけ観光したので、明日はそれについて書きますね。

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

小さないじわるを消すだけで。

暮らしを整える 本が教えてくれたこと

最近、クローゼットいっぱいにあった積ん読本 をせっせと読んでいます。キヌです。

たまに本が雪崩を起こしてクローゼットが開かなくなったっていうのももちろんですが、やっぱり買ってきた本を買ったときのワクワクした気持ちのまま読みたいなと思って。

あと単純に、買ったことを忘れて同じ本をまた買う というお財布的に痛恨のミステイクが月に3件発生したからです。整理と記録ってほんと大事。

 

というわけで本日はこちらの本を。

旅行のガイドブックを探しに行ったときに見つけた本。

その場でさくっと内容をチェックするつもりが夢中になって、ガイドブックを買い忘れて帰ってきたという懐かしい思い出があります。

 

内容はこんな感じ。

生きにくさや孤独は、手放せる。“ノーベル平和賞受賞の宗教家”と“人々の心を癒し続ける小説家”による、決定的人生論。穏やかな心で良い人生を生きるための希望に満ちた金言集。

 

もともとよしもとばなな先生の紡ぐ言葉にははっとさせられることが多くて、迷ったときによく読んでいるのですが

自分についた嘘は自分にはわかります。

でも、そのとき、私の心にはひとかけらの曇りもありませんでした

 

今回の本は、最初のほうのこのヒトコトにひきこまれました。

小さな棘、ささいな悪意を徹底的にとりのぞくとなにが起こるだろう。

 

タイトルにもなっている「小さないじわる」がどんなものか、よしもとばなな先生はこう説明しています。

殺人とか人を死に追い込むいじめとかにつながっていくよくないと思われることの全ては自分と他人をはっきりと違うものとして分けることから、それから自分の仕事なり家庭なり小さな範囲を決めて、そこの外側にあるものには関与しない、つまり私のよく使う用語で言うところの「小さないじわる」のようなものからスタートするのではないかと思います。

小さないじわるには責任が伴わないからです。
大きな犯罪、他者への攻撃、殺人、レイプ、戦争…そういう大きなことは人類の愛のある存続にとって最もよくないことですが、そこには始めた人の責任も確かに芽生えます。
小さないじわるは、匿名性があり、日常的には他者も児文も著しく害するものだと思うのです。
今の日本にはそうした問題がたくさんあります。

仕事への強い義務感と、正統的な理由付けとストレスが悪い具合にブレンドされてしまうと、その場でできることのなかで、人をできるかぎり小さくではあるがあえて傷つけながら、自分が論理的にも倫理的にも正当化できるやり方をして、ストレスを発散してしまう、そういうことです。

 

残念ながら、キヌにも覚えがあります。

自分がうまくいっていないとき、うまくいっている(ように見える)他人に少しだけ、でも確実にしてしまういじわるに。 

まあ、それをしてしまったあとは自分が報いを受けるんですけどね。

あの、胃の中を大きな蛇が移動するようないやな感覚は何度経験しても慣れません。

 

その「小さないじわる」を消していくための考え方については、こう書かれています。

ちょっと長いのですが、キヌはこれを読んで自分の中ですごく腑に落ちたので、引用しますね。

あるときから、私は人ひとりひとりを機械の一部、歯車ではなく、細胞のひとつと考えるといいのでではないか?と思うようになりました。

人間ひとりひとりが細胞で、みんなで大きな「人類」という人間を作っているのだと思うと、いろんなことがよくわかるようになります。

髪の毛の細胞の人、お尻の細胞の人、まぶたの人、唇の人、心臓の人、各部位の人にそれぞれ不満があり、それぞれの自負心があります

自分の部署ではない機能に対して憧れを抱いたり、ねたんだり、自分の部署の仕事をおろそかにしたり、それも全てそんなふうに説明できると思います。

お尻の人には頭の人のことがよくわからないくらい遠いが、確実につながっている、そんなところもよく理解できるように思います。

それから異様な罪をおかしたり、人を殺すことに心底喜びを覚えるような人たちに関しては、がん細胞のような異形の細胞だととらえるとしっくりきます。

目の前の人を自分の一部だと思うことができれば、その弱さを理解することも、人を攻撃することはすなわち自分に対する攻撃だということもわかり、相手に対する怒りもなくなるはずです。

今ここにいるみんながひとつの体を作っている、不思議な、そして今しかない今世の私たちです。細胞は毎日少しずつ入れ替わっているので今このみんなといられるのは今だけなんです。

 

位置的に遠いだけで、自分とは違う役割があるだけで、 みんな同じ「すべて」の一部。

そう思うことができたら、傷つけ合うのが如何に無駄なことかわかるから。

 

これからの人生を考えるうえで、支えになるような考え方を指し示してくれる、いい本でした。

気になったらぜひ読んでみてください。

紹介していない部分も、じんわり素敵なので。 

相手がどのような人であっても、たとえ私たちを害してくれる敵であっても、その人はひとりの命あるものである。その人は自分と同じように幸せになりたくて、苦しみを望んでいない、同じ存在なのだと思えるようになります。

たとえいやなことを自分にしてきても、その人のすべてを受け入れて、その人を愛するということが、本当の意味における、真摯な愛だと思います。

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

このヒトコトにハッとしました。まだなんでかはわからないけど。

インドの仏教の言葉に、このようなものがあります。「正す手段が存在しているならば、何も心配することなく、正す努力をすればいい。しかしその問題に対して、何も手段がなければ、やはりそれ以上心配しても全く無意味である」。

 

よしもとばなな先生の本は他にもたくさんご紹介しています。 

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

 

【日記】銀座で味わう大人のパフェ♡和光ティーサロンでパフェを頼んでみた

キヌの日記帳

キヌがよく出没する銀座周辺。そしてお気に入りの和光ティーサロン

なにげにこれまでパフェを頼んだことがなかったので、この間頼んでみました。

f:id:librarian_kinu:20160917065115j:image

同時に2つ。ほんっとスポンサー(母)に感謝です。

 

お花のようなチョコレートパフェと

f:id:librarian_kinu:20160917082539j:image

f:id:librarian_kinu:20160917082525j:image

中間の層のナッツが濃厚チョコレートアイスと合っていて、すっごく美味しかった…

いちばん下の黄色い層はバナナでした♡

 

季節限定のメロンパフェ♡

f:id:librarian_kinu:20160917065053j:imagef:id:librarian_kinu:20160917065107j:image

メロンボールって憧れますよね笑

生のメロンもさることながら真ん中の層のメロンのグラニテがシャキシャキしてすごく美味しいです。味も薄まった感じのない、そのまんまメロンだし。

 

どちらも1,500円以上とちょっとお値段張るのですが、それに納得できる完成度。

何かいいことがあったときにおすすめです♡

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

青空エール【完結:全19巻】

小中高大とずっと文科系の部活(およびサークル)に所属していたキヌ。

まあね体育会系にはね、憧れないわけではなかったんですけど。見るからに キツい練習と厳しい上下関係に、精神的にも体力的にもついていけない自信 があって笑

 

そんなもやしキヌが、最近読んだコミックスがこちら。 

青空エール 1 (マーガレットコミックス)

青空エール 1 (マーガレットコミックス)

 

そう、映画化で話題の『青空エール』です。あらすじはこんな感じ。

小学生の頃テレビで観た光景に、つばさは心を奪われた。それは甲子園のアルプススタンドで、熱い声援を送るブラスバンドの姿だった。いつか私もあの場所に――。憧れと希望を胸に入学したブラバンの名門・白翔高校。だが、つばさはブラバン初心者! 同級生の野球部員・山田くんの励ましを支えに、いま小さな一歩を踏み出す――。

実はキヌの通っていた小学校は、ブラバンの名門校でして。

声ばっかり大きい&タバコくさい顧問の先生(男)が、体育館中に響き渡る怒声で毎日指導するみたいな。

ブラバンをしていた同級生も、朝練を終えて泣きながら授業に来たりしてたせいか、もうキヌの中では、ブラバン=怖いみたいな方程式しかなかったわけです。

 

この漫画の中にも

超怖い顧問の先生とか
理不尽に怖い先輩とか
口の悪い同級生とか
見下してくるかわいくない後輩とか

もう体育会系部活の嫌なとこがオンパレードで、出てくるんですけど。

ちなみにネタバレになっちゃうから書けないけど嫌なだけでは終わらないので、安心して本編をご覧ください。

 

もう、こいつに救われるからね。ラブは偉大です。

f:id:librarian_kinu:20160912085917j:image 

 

あと、主人公(つばさ)がもういい子すぎてね。

ほんとこんな娘が欲しいわ…(気が早い

強くなりたい
先輩や大介くんが 私に悩みとか言えたり 弱音とか言えたり するくらい 強くなりたい

見ていてくれる人がいる

信じてくれる人がいる
私はそれで
がんばれる

言ってほしいけど
言いたくないならそれでもいいよ

 

ほかにはこんなヒトコトが好きでした。

しょーがねーじゃん
今更 言っても‼︎
今できることやんないと‼︎

それが正解かどーかはわかんねえよ
だけど正解なんか誰にもわかんないんだから
自分が正解って信じたことやり抜くしかないじゃん‼︎

ムリしないで
大事なものは 
大事にしてこ?

弱ってるから好きになるんじゃない
オレは 本当にいいと思うから
好きになるんだ‼︎

 

部活もさることながら

うまくいかなくて
自分がだめで
どうしていいかわからないときも
だれかの気持ちが
ひっぱりあげてくれるときがかる

恋愛の描写がもう素晴らしいので、気になった方はぜひ読んでみてください。

なんでもない会話を
頭のなかでくりかえしては
何かがつのる

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

河原和音先生の作品は、他にもご紹介しています。  

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

 

映画のサイトはこちら。

aozorayell-movie.jp

 

ちなみにキヌがやってみようと思ったのはこちら。

心ひとつにすんのに
オレらはさ 全員でほめあうっていうのをやったんだ
お互い厳しいことは言うけど いいことって思っててもなかなか言わねぇじゃん
一切の恥ずかしさと照れを捨てて 絶対ちゃかしたりしないで 笑いなしで
ひたすらいいことを
ムリヤリ探してでも言う

せっかく趣味で一応体育会系的なこと(ベリーダンス)をやっているので笑

 

 

 

 

なぜデンマーク人は初任給でイスを買うのか?―人生を好転させる「空間」の活かし方

暮らしを整える

初任給で何を買いましたか?

キヌはと言うと、かれこれ5年も経つので、何を買ったかもうすっかり忘れ ました笑

たぶんTiffanyのネックレスだと思うんだけどな。

 

だからなのか、とっても気になったこの本。 

なぜデンマーク人は初任給でイスを買うのか?―人生を好転させる「空間」の活かし方

なぜデンマーク人は初任給でイスを買うのか?―人生を好転させる「空間」の活かし方

 

思いっきりタイトルに書いてある気もしますが、内容はこんな感じです。

「世界一幸せな国」(世界幸福度報告書2013調べ)とよばれるデンマークでは、多くの人が初任給が入ったときに「イス」を買うといいます。

「楽しみにしていた初任給で、なんでイスなんか買うんだろう?」

多くの人がそう思われることでしょうが、本書を読み進めていただくと、その理由がわかります。

空間を変えると暮らしと心が豊かになる―ー。

「身のまわりから人生を好転させる」まったく新しい1冊が誕生しました。

 

最近そのシンプルかつ洗練された暮らしが大注目!されている北欧の国、デンマーク

 

この本では

多くの人が、初任給でイスなどの家具やインテリアを買う

など、
デンマークの人が自然と実践している「普段の毎日をワンランクアップさせることで、人生そのものを豊かにしていくコツ」が紹介されています。

デンマークの人々にとってのイスは、ただの道具ではなく、時間とお金をかけるべき、「大切な場所」なのです。 

自分や大切な人が快適に暮らすための空間にお金を使う

空間=暮らしの質=心の豊かさ

 

キヌも家具は大好きだったのですが、それは単純に外観が好きというだけで。

自分(プラス、大好きな人)が過ごす空間のためにお金を遣っているという認識はありませんでした。

 

人生は毎日の積み重ね。 

毎日の大半を占めるお家の環境を、もっと自分に「ちょうどよく」整えていきたいと思います。

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

特に影響されたヒトコトについてもご紹介しておきますね。

部屋に入ってきたときに目線にあり、さらに目的を持って見る、だから時計に気を遣わねばならないのです。 

職場のデスクに置く時計を百均で済ませようと思っていたのですが、もう少しきちんとしたものを探そうと思いました笑

 

手が乾燥している人のために、(洗面所に)ハンドクリームを置いて

そろそろハンドクリームを塗る習慣をつけたいと思っていたので。手を洗ったら保湿!からやってみたいと思って。

 

あとはこのヒトコトが意外でした。

(海外では10階以上の空間であれば)北向きの部屋のほうが人気なのです。理由は直射日光が入らないからです。つまり、家具が痛まないということです。そして景色が美しく見えるのです。

 確かに陽に当たるとそこだけ塗装が変色したりする気がする…日当たりのいい部屋に置いているお気に入りの椅子、やっぱりきちんとカバーをかけよう…

【日記】普段は清里でしか味わえない!「世界初のチョコソフトクリーム」を食べてみた

キヌの日記帳

アイスが大好きなキヌ。

しかもただのその辺のコンビニに売られているアイスじゃなくって、材料からこだわって丁寧に丁寧につくられたアイスクリームがいいのです。

 

この間アイスに飢えているときにこんな看板を発見して

f:id:librarian_kinu:20160917055222j:image

もう、吸い寄せられるように注文しました。

f:id:librarian_kinu:20160917055232j:image

 

2014年に山梨県清里にオープンしたBean to Bar工房、アルチザンパレドオールさん。

ちなみにBean to Bar(ビーントゥバー)とは、カカオ豆の焙煎から仕上げまでをその場で手掛けるという意味です。

普段は工房の隣に設けられたテラスカフェでしか食べられないソフトクリームが、期間限定で松屋銀座の地下に出店していたんです。

これは、食べるしかないよね?笑

 

今回食べたのは、ソフトパレドオールブラン(500円)。

名前の通りというか見たとおりの白いソフトクリームなのですが、風味も味もすっごく芳醇なチョコレートで!

不思議に思いながらもさくっと完食しました。

 

実は明日までなので、チョコレート好きの方はぜひ♡

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

調べたらこんな記事にもなっていました。

allabout.co.jp