読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

カフェ、はじめます

小説

小説の中に出てくる食事が「美味しそう…」って思うこと、ありませんか?

 

今日は、去年この本を読んだときのメモが出てきたので、ブログに残しておきます。

カフェ、はじめます

カフェ、はじめます

 

あらすじはこんな感じ。 

イケてない40代女子が、かわいい古民家にひと目惚れ。おむすびカフェ開業を目指すも、ドタバタ騒動に。初の書き下ろし長編小説。

 

◆フライパンで作る焼きおむすび

「フライパンを熱してから載せるのがこつなんだ。載せたらしばらくは動かさない。ひっくり返せなくなりやしないかって、途中で持ち上げてみたりすると、かえってこびりついちまうんだ」 

「たいして面倒じゃなかったろ、テフロン加工のフライパンがいいんだ。網みたいにくっつかないし、醤油が火に落ちないし、一度にたくさん焼けるしで」

 

いつかやってみようっと。

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

最初の方のこの献立も好きです。すっきりしてて。

沢庵漬けは刻んで胡麻をまぶした上でご飯に載せ、細切りの茗荷と海苔を散らし煎れたてのお茶をかける。おかずは午前中来た生協の宅配に、アジの開きが入っていたからそれを焼き、あとは胡瓜の塩揉みか。

 

カフェでおススメなのはこの小説です。 

librarian-kinu.hatenablog.com

 

アミ 3度めの約束―愛はすべてをこえて

小説

読書ノートを整理して気づいたのですが、2016年に紹介しそびれた本が結構あるなあ…(ひとごと 

この本もそんな本のひとつ。 

アミ 3度めの約束―愛はすべてをこえて (徳間文庫)

アミ 3度めの約束―愛はすべてをこえて (徳間文庫)

 

あらすじはこんな感じ。

いよいよクライマックスを迎えた宇宙人アミ・シリーズ。第2巻で異星から来た自分の「双子の魂」ビンカに出会った地球の少年ペドゥリートは、もう彼女なしでは生きられない、彼女と共に地球で暮らしたい、と願うようになる。そして宇宙人アミとビンカと共に、ビンカの両親に会いに行くのだが…。 

前2巻と比べて、仲間の救出劇など、ハラハラ、ドキドキの立ち回りが多く、読者は一気に急展開していくストーリーにぐいぐい引き込まれていくだろう。第1巻『アミ 小さな宇宙人』は主人公たちの顔合わせと主題の紹介をするという序盤、第2巻『かえってきたアミ』ではさらに主要な役者が出そろい主題が展開され、第3巻はクライマックス。ここまで読んではじめて、周到に用意された伏線が見えてくる。 

全巻を通じてくり返し現れる「愛」という主題も、そのたびごとに厚みと深みを加えてくる。今回、ペドゥリートは理想について学ぶだけではなく、現実と向き合っていくことからはじめ、「愛」の求道者としての研鑚をつんでいくことになる。 

差別を生む心のありようとは。「愛」を感じることのできない人がなぜ生れるのか。はては私たちはどこからきたのか。人間はなぜ大きな欠点と神聖な善良さを兼ね備えているのか。すべてのことが諸宗教・思想を統合した大きな世界観の中で説き明かされていく。 

心温まる大人のための童話最終話。(小野ヒデコ)

 

キヌ風に簡単にまとめるとすれば、こんな感じです。

 

地球の少年ペドゥリートは、アミと名乗る宇宙人と知り合い、愛というものは何かを知った。その旅の途中で、自分の「双子の魂」である異星から来た少女のビンカに出会い、ずっと一緒にいたいと願うのだが……

 

この……の部分が、この本で展開されるっていうね。
内容的にも前の巻より、ラブ要素が強くなっています。

 

キヌがメモしたヒトコトはこんな感じ。

みんなが、大多数のひとがそう考えているみたいだからって、けっしてそれにしたがっちゃダメだよ。そうじゃなくて、きみの心が命じるところに、きみの知性にしたがうんだよ。多くのひとは、ひとと意見が違うのがこわくて、あるいは自分できちっと判断できるところまでいってなくて、他人と同じ意見をもっているようなふりをする。

きみのほんとうの意見を知らないままだから、自分の考えに確信がもてないし、きみの意見を支持することもできないでいるんだ。

できるときは、そのつど自分じしんにすなおでいるように心がけてごらん。冷静さと尊敬の念をもって、相手を攻撃したり傷つけることなく、ほんとうに感じていることを表現することをね。とくにきみの考えが、愛の叡智に照らされているときには、きみじしんでもおどろくよ、たくさんの共鳴者がいることにね。

「でも、世の中にはらを立てながら生きていっちゃダメだよ」とアミは陽気に笑いながら言った。
「暗いとこばかり見ないようにね、だって影は明るいところよりも、ずっと少ないんだから」

そうだよ。ひとは暗いところにばかり目を向けて生きていちゃダメなんだ。だってそうじゃないところのほうが、もっとずっとたくさんあるんだから。

 

これらの中でひっかかったヒトコトがあれば、ぜひぜひ読んでみてください。ぜったい損はしないから。

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

この本を読んだときは、恋愛にいきづまっているときだったので、恋愛に関するヒトコトがかなりしみました。

それは執着だよ。依存だし、中毒だよ。ほんとうの愛は与えるものだよ。愛するひとの幸福に、幸せを感じられることだ。いつも自分のそばにいることを強要したり、ひとりじめすることでなくてね。 

これからは、見た目の感じだとか、発言のうわべだけにとらわれないで、もっとそのひと自身が発しているものに注意をはらうようにね。それから、自分自身の内部を、きちんと見つめることが大事だ。
ほんとうのものだとか、人間のたいせつなものだとかは、かならず内部にあるんだから、大きな進歩を遂げたひとというのはそれを知ってるから、すべてにおいて外部よりも内部を重視するし、逆にあまり進歩していないひとは、すべてにおいて外部ばかりを見てしまうものなんだ。外部なんて、いつかはうつろっていくものなのに……

 

読書ノートを再読したいま、心に響いたのは仕事に関するヒトコト。やっぱり心向きがかなり影響するんだな… 

ほんとうに好きなものに対しては、脳もとってもよくはたらく。だってすべての注意をそこに集中させられるからね。集中力というのはとても大きなちからなんだよ、ペドゥリート。 

頭とからだの状態がよければ、すこやかな精神状態は保証されている。われわれのからだっていうのは、われわれの魂の状態を三次元化したものなんだからね。

よろこび、健康なユーモア、楽天主義、希望、責任、悪意のない魂、信念、許し、隣人へのたすけ、ほんものの愛などが、まうます必要不可欠なものになっていき、それが人類にとって、そして一人ひとりにとって、高い水準の存在へうつるのに必要なエネルギーになると言っていた。反対に、どんなものであれ、恐怖、絶望、堕落などの種をまくものからは、距離をおくことが必要だとつけくわえた。

つぎにあげる欠点からは、どんな犠牲をはらってでも自分たちの中からついほうすべきで、もしそれらの欠点が大きければ、新しい世界の一員になることはできないと言っていた。それは羨望(ねたみ)、利己主義、暴力、物質主義、ひとの不幸を望むこと(知的、感情的、物質的、性的なことに対する)無責任、恩知らず、不きげん、それからぼくたちのすべての宗教が、そのおきての中でいましめていること。

 

アミの本は、前2作もご紹介しています。

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

 

 

銀のくじゃく

児童

キヌには読んでみたい本がたくさんあるのですが、中には一般の書店にはもう流通していない本もあります。

この本も、書評を読んでからずっと気になっていたのですがなかなか手に入らず、たまたま立ち寄った古本屋さんで見つけました。

童話集 銀のくじゃく (ちくま文庫)

童話集 銀のくじゃく (ちくま文庫)

 

Kindle版ではあるのか…真剣に電子版を検討しそう…

あらすじはこちら。

美しいもの、はるかなものにあこがれる人の心を、幻想的な物語にしたてた四篇と、愛らしい三つの短篇を収めた、安房直子の童話集。小学校上級から。

 

昔の児童書(初版は1975年)は特に使われている言葉が美しくて、読んでいてとても楽しいです。

霧にまぎれて、足音もたてず、まるで、くらやみの切れはしのように、この男は、やってきたのです。

声まで銀色なの。

ゆらりと。大きく。あざやかに。

グラスの中には、あわだつ緑色の飲み物が、なみなみとつがれていました。それは、夏がグラスの中に閉じ込められて、ひそかに息づいているような感じでした。

目をつぶると、それは、星のきらめく音に思われました。星たちは、きらきらと光りながらふりこぼれてくるのです。あとからあとから、まるで、小さな銀の花びらのように……。

 

大人になってから読むと、ちょっとぞくっとする部分もあるけどね。このへんとか『世にも奇妙な物語』の題材になりそうだなーと思いながら読みました。

火の中には、熊の楽園がある
そいつを見つけた奴は果報者
きえない火ならなおのこと
はいれた奴は果報者
しかし二度とはもどれない

こうして千代は、昼間は、たましいのぬけた人のようになって働き、夜は、あまい夢のとりこになって、暮らしたのでした。

 

図書館(もしくは電子書籍)では読めると思うので、神秘的で美しい世界が気になった方はぜひ探して読んでみてください。

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

キヌの名前は「絹糸」から来ています。そのせいか糸に関するヒトコトがやけに心に残りました。

日の光より上等の金の糸、月の光よりしなやかな銀の糸

糸はどれもこれも、つややかで、さえた色をしていました。まるで、虹をほぐして、草の上にばらまいたような……。

nude

エッセイ

興味がある人が本を出していたら、読んでみるようにしています。この本も、そんな本のひとつ。

nude

nude

 

あらすじはこんな感じ。

新堂冬樹プロデュース!大人気セクシーアイドル・みひろが、今まで語られることのなかった「AV女優デビュー」の真実と親友との葛藤を描く、衝撃の私小説。 

新潟で生まれ育った二人の少女、ひろみとさやか。
東京と新潟――距離は離れていても、友情の深い絆を築いていくが、「みひろ」のAV女優デビューによって、二人の運命は急展開していく。
語られることのなかった、「みひろ」のAVデビューの真実が、今、ここに!

 

タレントのみひろさんが自身のAVデビューについて書いた私小説です。

正直、TVドラマの『アラサーちゃん』観て、可愛いなーどんな人なんだろ?と思って買っただけでした。なんでタイトルが『nude(ヌード)』?とは思ったけど、細かいことは気にしないタチなので。

 

夢に向かってがむしゃらに頑張りつつも、この方法(AVデビュー)で本当によかったのかと自問するところなどがとてもリアルでした。

(ごめん、パパ、ママ、えいちゃん、さぁちゃん。私、AVする。やっとけばよかったって後悔するより、やって後悔したほうが私はいいんだ)

『ひろみ』でいると、壊れそうだった。だから、もう一人の自分である『みひろ』にそう言い聞かせた。

(私、大丈夫だもん。平気だもん。後悔なんてしてないもん……)

こんな私にそんな優しくしないで……。優しくされると苦しいよ……。

「これで絶対に夢がかなうよ」と誰かに言ってほしかった。その言葉があれば、自分の中のもやもやとした気持ちが消えてくれるのに。自分のこれからすることに自信がもてない。そして、すべてをさらけ出すことがこわかった。 

 

夢に向かうって多かれ少なかれ、みんな孤独なのかも。

だって「こうしたら絶対OK」なんてマニュアルはないし、自分の選んだ方法が必ずしも周りの人に支持されるとは限らない。

 

少なくとも自分の好きな人が夢を見つけたら、その方法が自分の理解の範囲をどんなに超えたものだとしてもできるだけ応援したいなとこの本を読んで思ったのでした。 

「さやかちゃん、夢はあるんか?」

「特にない……」

「じゃったら、夢を持って頑張ってるもんを真っ向から否定するもんじゃねぇ。まだ夢をめっけてねぇさやかちゃんが、ひろみちゃんの夢を馬鹿にしちゃあいかんよ。夢のあるもんは、キラキラしとる。内容はどうあれ、輝いとるもんの目はきれいじゃ。おとっちゃんは大いに応援するて」

それには、自分も夢を追いかけていないとね。

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

この作品は、映画化&コミック化もされてるみたいです。 

 

【WEB】節約プリンスためるくん

書籍化希望! コミック

そういえば最近、WEBのコンテンツを全然ご紹介してなかったので、本日はキヌが最近はまっているものをご紹介します。

news.mynavi.jp

谷口菜津子先生のWEB連載です。

イケメンだけど、極度の節約家ゆえにモテない系男子、円堂ためるくん(26歳)のマンガです。

前作の『花とホルモン』も好きだったんだよね…書籍化しないかしら。

 

基本ギャグだけど、登場人物の恋愛トークが妙にささるのよね。

つらさより話を解決するまでの過程のめんどさが勝る…

恋愛って勝負じゃないのになんでフラれたり浮気されたり
負けた!って思うんだろ…

本当の恋愛って勝ちとか負けとか
どうでもよくなるくらい
好きになるってことだと俺は思うよ

 

ちなみにキヌは 、ためるの妹のあたるちゃん(アイドル志望の働く気ナシ女子、26歳)が好きです。

私は
私の人生は私の為だけにあるって思ってるから
人の人生と比べて価値をつけるような意味ないことはしない 

 

今現在、キヌが一番書籍化を望んでいるコンテンツ(だってWEBはいつまでも掲載されるって保証なんてない世界だし)なので、みなさんもぜひ見て&応援してください。

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

そういえば、作中に出てくる「ためるサンド」をやってみようと思ってやってない。

①鶏ムネ肉にフォークで穴開けて生姜と塩と酒をすり込み耐熱性の密封袋に空気をぬいて入れ、中火でゆでる。

②野菜(トマトとレタス?)を切る

③練りゴマ・しょう油・ゴマ油・砂糖・塩を合わせ、ゆで鶏にからめる

 

f:id:librarian_kinu:20170101195359p:image

 

母がのってくれたので、近日中に近いものを作って食べてみようと思います。

【日記】京都旅行の3日め

キヌの日記帳

3日め。最終日です。

f:id:librarian_kinu:20170120194841j:image

起きたら一面銀世界でした。これマジで。

f:id:librarian_kinu:20170120194923j:image

確かに昨日からちらほら降ってたけど、こんな本気出す必要あるかなってくらい横殴りでした。

f:id:librarian_kinu:20170120195032j:image

 

チケットあったので京都タワー行ってみたけど、まあなにも見えない笑

f:id:librarian_kinu:20170120195301j:image

ちなみに望遠鏡が無料で覗けて感動しました。子どもとか喜びそう。

 

カップルシート?もあるので、京都観光に疲れた方にぜひおススメしたいです。空いてるし。

f:id:librarian_kinu:20170120195438j:image

 

ここからはキヌだけドラクエ列車で

f:id:librarian_kinu:20170120195739j:image

f:id:librarian_kinu:20170120195758j:image

f:id:librarian_kinu:20170120195815j:image

大阪に移動。

ちなみに通り過ぎた丹波橋は、聖地でした…でもこのときはまだコミックス2巻読んでなかったんだよっ…

ぼくは明日、昨日の君とデートするのロケ地は?京都・大阪の聖地まとめ | 本や漫画、電子書籍をより楽しむためのブログ

 

ある憧れの地に行ってきた…のですが、長くなりそうなので別記事にします。

f:id:librarian_kinu:20170120200325j:image

 

その後は京都に戻り

f:id:librarian_kinu:20170120200422j:image

京都に来たらマスト!な鍵善良房さんに滑り込んで(17時で閉まるから必死

f:id:librarian_kinu:20170120200532j:image

買いものをして気になったカフェでご飯食べて

f:id:librarian_kinu:20170120200636j:image

グリーン車で眠りながら、東京に帰りました。

f:id:librarian_kinu:20170120200702j:image

3日間、しかも雪の中の旅行だったけど。

昔から変わずそこにあるものと、新しく生まれたものの両方を知れた、いい旅でした。

f:id:librarian_kinu:20170120200604j:image

【日記】憧れ京料理、ごだん宮ざわさんに行ってみた

キヌの日記帳

今日のお昼ご飯は本格な京料理のお店、ごだん宮ざわさんに行きました。

一品一品が、ほんと芸術的なまでに美味しかったので全てお写真に収めました。

静かなお店なので、サイレントモードのアプリで撮ったら縦横の対比がおかしい気がする。自分用の記録だからいいけど笑

f:id:librarian_kinu:20170114220113j:image

f:id:librarian_kinu:20170114220127j:image

f:id:librarian_kinu:20170114220139j:image

f:id:librarian_kinu:20170114220152j:image

f:id:librarian_kinu:20170114220208j:imagef:id:librarian_kinu:20170114220300j:image

f:id:librarian_kinu:20170114220313j:image

f:id:librarian_kinu:20170114220350j:image

f:id:librarian_kinu:20170114220406j:image

味が美味しいのはもちろんのこと、器も大きく盛り付けも美しいの。

 

今回座ったのはカウンター席。目の前で鮮やかに調理していただいたので、過程も楽しかったです。

最中の皮をひどってパリパリに。なんだか可愛い笑

f:id:librarian_kinu:20170114220539j:image

京都にしかないお店なんだけど。でもまた来たいし、なら来ればいいのよね笑

 

贅沢な時間でした。ご馳走さまでした。