ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

心屋仁之助の心配しすぎなくてもだいじょうぶ:人づきあいの「どうして、こうなの!?」がなくなる本

読書ノートを整理したときに、よしもとばなな先生の本に匹敵するくらいのページ数があったのが、心屋仁之助先生でした。 せっかくなので、今週は心屋ウィークを開催します。今日はこの本。 心屋仁之助の心配しすぎなくてもだいじょうぶ: 人づきあいの「どう…

【映画】ドリーム(ぎりぎり滑り込みセーフ)

宮本佳実先生のブログで見てから、ずっと気になってた『ドリーム』。ちなみに記事はこちらです。 ameblo.jp 先週やっと、観てきました…!一緒に観に行く人を探してたせいで、公開終了期間超ギリギリだったのが反省点。 だってブログ書いても、東京でもう公開…

スピリチュアルかあさん 見えない何かと仲良しな日々♪

やっと出てきたースピリチュアルかあさんの1冊目ー!!!ほんと反省…部屋は片付いているにこしたことない。 スピリチュアルかあさん 見えない何かと仲良しな日々♪ (コミックエッセイ) 作者: 大野舞 出版社/メーカー: KADOKAWA / メディアファクトリー 発売…

もしもし下北沢

ストーリーではなく、作中に登場したヒトコトたちだけが鮮烈に記憶に残っていることがあります。この本もそう。 もしもし下北沢 (幻冬舎文庫) 作者: よしもとばなな 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2012/08/02 メディア: 文庫 クリック: 13回 この商品を含…

食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書

今日は、この本を紹介します。 食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書 (RHブックス・プラス) 作者: エリザベスギルバート,那波かおり 出版社/メーカー: 武田ランダムハウスジャパン 発売日: 2010/08/10 メディア: ペーパーバック 購…

ゆうきゆうのマンガ恋愛心理術

このブログの開設のきっかけがゆうきゆう先生のtwitterにあったからか librarian-kinu.hatenablog.com 単純に刊行点数が尋常でないからか(本業もあるのにどうやってあんなに多くの作品のアイデア出ししてるんだろう…)、本屋さんにあるとどうしても気になっ…

海のふた

かき氷好きなキヌ。もちろん文章の中のかき氷も大好きです。 「そういえば最高に美味しそうなかき氷が出てくるあの小説、なんだっけ…?」と思って探したら、まだ紹介していなかったので笑このパターン、よくあるほんと。少々もなにも時期外れですが今日はこ…

【日記】ユザワヤ浅草店の閉店セールに行ってみた

猫バンバンがバズったのを機に ボンネットの中で子ネコが発見、その後スタッフが飼うことになるという事案が発生しました。寒くなると猫はボンネットの中やタイヤの上などに隠れるそうです。不幸な事故を避けるためにも、猫バンバンしていきましょう! https…

スピリチュアルかあさんの魂が輝く子育ての魔法

昨日ご紹介した本の続編です♡キヌは一度ハマると、飽きるまでその作家さんの過去作を漁る性質があります笑 スピリチュアルかあさんの魂が輝く子育ての魔法 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) 作者: 大野舞 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファク…

スピリチュアルかあさんの今よりもラクに生きる魔法

読んだときあんなに感動したのにまだ紹介できてなかった本が(よくある スピリチュアルかあさんの今よりもラクに生きる魔法 作者: 大野舞 出版社/メーカー: メディアファクトリー 発売日: 2013/04/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (7件) を見る 内…

【読書記録】読書メーターどうしよう…(2017年10月分)

とうとう、ブログに本格的に貼れなくなりました。 しかたないので画像でペタリ。10月に読んだ本は124冊(19,934ページ)でした。 これだけではあんまりにさびしいので近況でも。 11/1に、ベルギー王国大使館に行ってきました。あんまりに近代的…というか普通…

本屋さんのダイアナ

柚木麻子先生を読み始めるきっかけでもあり、いちばん好きな小説を………まだ紹介していませんでした。 こちらです。 本屋さんのダイアナ (新潮文庫) 作者: 柚木麻子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/06/26 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を…

人生のこつあれこれ2013

整理すれば整理するほど、ばなな先生の本に遭遇します…当時のキヌの、偏執的なまでの愛を感じます笑 人生のこつあれこれ2013 (新潮文庫) 作者: よしもとばなな 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2014/03/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (4件) を見…

マンガでよくわかる 教える技術

”自分の仕事をこなる技術”と”人を育てる技術”はまったくの別物。 今のとこそんな機会ないしなーと思って寝かせといた本。いい本なので今更ですが紹介します。 マンガでよくわかる 教える技術 作者: 石田淳 出版社/メーカー: かんき出版 発売日: 2015/01/19 …

どんぐり姉妹

これも整理していたら見つかった本。 するする読める小説です。 どんぐり姉妹 作者: よしもとばなな 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2010/11 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 14回 この商品を含むブログ (30件) を見る あらすじはこんな感じ。 姉の…

しょうがの味は熱い

とっくに紹介したと思い込んでいた本。 しょうがの味は熱い (文春文庫) 作者: 綿矢りさ 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/05/08 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (4件) を見る あらすじはこんな感じ。 結婚という言葉を使わずに、言いたいことを…

蛇にピアス

本日はこの本をご紹介します。 蛇にピアス [DVD] 出版社/メーカー: ポイントブレイクエンターテインメント 発売日: 2009/01/23 メディア: DVD 購入: 12人 クリック: 331回 この商品を含むブログ (95件) を見る あれ、装丁変わったのかな…?なんて呑気に思っ…

怒らない経営 しがらみを超え、地元を盛り上げる!

人からおススメられた本は、できるだけ買って読んでみることにしています。キヌです。やーまあ、アウトプットはときどき忘れちゃうんだけどね… この本は伊藤馨子先生のおススメでした。 怒らない経営 しがらみを超え、地元を盛り上げる! 作者: 大籔崇 出版…

文春にバレない密会の方法

「文春砲」という言葉が世間を賑わせたせいか目にとまったんですよね。この本が。 文春にバレない密会の方法 作者: キンマサタカ,今井ヨージ 出版社/メーカー: 太田出版 発売日: 2017/06/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 世を忍ばねばならな…

攻めるロングセラー(パインアメ「中の人」の心得)

この間、大分県に行ってきたという記事を書いたのですが librarian-kinu.hatenablog.com librarian-kinu.hatenablog.com 旅行中に買ったのがこの本。紀伊国屋書店(アミュプラザおおいた店)さんで買いました。最初違う図鑑が欲しくなって、でもそれがすごい…

人生がときめく片づけの魔法2

読書ノートの整理を兼ねて、まだブログに紹介していない分(紹介している分はできるだけ読まずに捨てています)を読み返しています。そうしたら、この本を紹介していなかったことに気づきました。 人生がときめく片づけの魔法2 作者: 近藤麻理恵 出版社/メー…

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」《 実践編 》

キヌにしてはめずらしく、2日に分けてご紹介しているこの本。 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書) 作者: 山口周 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2017/07/19 メディア: 新書 この商品を含…

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」《 理論編 》

俗に言うエリートではないからか、エリートの動向が気になります。キヌです。 …という訳で今日は、エリートのトレンド(ややこしいわ)が知れるこの本を。 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書…

「好きなこと」だけして生きていく。【以前の記事よりパッション成分多め】

以前、ブログに書いたこの本。 librarian-kinu.hatenablog.com 捨てるために以前の読書ノートを整理していたら、この記事に書いたより多くのヒトコトが目に飛び込んできまして。せっかくなので、今の気分でセレクトします笑 「好きなこと」だけして生きてい…

【読書記録】読書メーターあきらめた(2017年09月分)

9月に読んだ本の数は、123冊(21,184ページ)でした。 もう感想が貼れないことに関しては諦めモードです。なにかいい方法があったら教えてください。 そういえば日記を書くのをすっかり失念していたのですが。上旬にBVLGARIのパーティに行ってきました。 こ…

イノセント・デイズ

映画を観るときは、サイト(あらすじとか予告編とか)をくまなくチェックしてハッピーエンドでないものは候補から外します。キヌです。 本はそんなことないんだけどね。 本日紹介するのはこちらの本です。 イノセント・デイズ (新潮文庫) 作者: 早見和真 出…

【買付】なにかと本に縁がある

今週のお題「行ってみたい場所」 今日は、ずっと気になっていたカフェに行ってきました。再開発したって話題を聞いていたので、一度ゆっくり行ってみたかったのです。 思いがけず絵本がたくさんあって幸せでした。 なんだかんだでだいぶ読んでしまった笑一番…

【買付】気になったらとりあえず…

気になったそのときがタイミング。キヌです。 画像はお酒だけど飲酒じゃないよ。本の買付のタイミングです。 これは今週の水曜日、会食前に購入した分です。万が一にでも酔ってお店に置いきたりしないよう、カバンにぎゅうぎゅうに詰め込みました。ビジュア…

なめらかなお金がめぐる社会。 あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。

昨日紹介した本の中にこんなヒトコトがあるのですが 最近多いなこの書き出し… librarian-kinu.hatenablog.com (バブル世代は)もともと経済的に豊かに生きていたので、限られたものを争って勝ち取るという感覚がありません。そんな私たちの世代では、シェア…

やりがいから考える自分らしい働き方

昨日紹介したこの本。 librarian-kinu.hatenablog.com にこんなヒトコトがあるのですが。 テレビの作り方は、そつのなさのレベルがすごく高いです。お金もすごくかけているので、コンテンツの作り方としてはネット系は勝てないでしょう。ただ、唯一勝てそう…