ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

本が教えてくれたこと

イノセント・デイズ

映画を観るときは、サイト(あらすじとか予告編とか)をくまなくチェックしてハッピーエンドでないものは候補から外します。キヌです。 本はそんなことないんだけどね。 本日紹介するのはこちらの本です。 イノセント・デイズ (新潮文庫) 作者: 早見和真 出…

モテ考 30歳独身漫画家がマイナスから始める恋愛修業

モテることに関しては異常なまでの関心(これを昼間の仕事に活かせたら…)があるので、そこそこ冊数を読んでいると思うのですが。 最近衝撃的だったのがこの本。 モテ考 30歳独身漫画家がマイナスから始める恋愛修業 (HARTA COMIX) 作者: 緒方波子 出版社/メ…

愛と子宮に花束を ~夜のオネエサンの母娘論~

最近、「子宮」ってタイトルの本をたくさん見るのですが、なんででしょう?子宮委員長はるちゃん先生(ややこしい)の啓蒙活動の影響が出てるんですかね? 愛と子宮に花束を ~夜のオネエサンの母娘論~ 作者: 鈴木涼美 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/…

小泉今日子書評集

読んだ本を抜き書きして紹介している、このブログ。 最初は「毎日読んでいるから」でした。全ての本を物質的にはとっておけないという日本人的事情もありました。 今はそれにプラスして、「いい本だから、どんな形であれ求めている人の手に渡ってほしい」と…

デラックスじゃない

だいぶ前にご紹介したこの本。 librarian-kinu.hatenablog.com この本の中にちょろっと引用されているコトバが気になって、本を買って読んだのを今まですっかり忘れていました(よくある というわけで、本日はこの本をご紹介します。 デラックスじゃない (双…

小さないじわるを消すだけで。

最近、クローゼットいっぱいにあった積ん読本 をせっせと読んでいます。キヌです。 たまに本が雪崩を起こしてクローゼットが開かなくなったっていうのももちろんですが、やっぱり買ってきた本を買ったときのワクワクした気持ちのまま読みたいなと思って。 あ…

カワイイおばあさんの「ひらめきノート」

今日から試験的に夜に投稿します。読者のみなさん的にはどっちの方がいいんだろう…何かアドバイスあったら教えてください(こっそり 夜の更新を記念して、眠る2時間前、ベッドサイドテーブルにミルクティを用意してベッドにねそべりながら読みたい…そんなと…

あのひととここだけのおしゃべり―よしながふみ対談集

ひとの会話の盗み聞き とかって楽しいですよね…それこそ1冊の本になるくらい。 高橋さんが聞いている。 (1) (ガンガンコミックスJOKER) 作者: 北欧ゆう 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス 発売日: 2013/11/22 メディア: コミック この商品を含むブロ…

洋子さんの本棚

とても美しい親友がいます。 どこまでも白い肌に大きな目をふちどる長い睫毛、手足も細く長く伸びていて。 彼女の本棚に、星新一のショートショートとブラックジャックが全巻きちんと並べられていた ことを、彼女と出会って10年経った今でも覚えています。…

ドラゴン桜【完結】

どこかにも書きましたが、国公立コンプレックスをこじらせています。キヌです。 最近これが加速していて。 …というのも、ここ数年で知り合った国公立(なぜ東大と京大が多い…なんでだろ)大出身の友人が、みんな奇人変人で面白かったからなんですよね。 こい…

銀のアンカー

「就活が不安なんです…」というひとに広くおススメしていたのがこのコミック。 発刊年はちょっと古めですが、大幅に就活のシステムが変わらない限り、おススメし続けようと思います。 今はデジタル版も出てるしね… 銀のアンカー 1 (ヤングジャンプコミックス…

試着室で思い出したら本気の恋だと思う

最近、おしゃれが好きなんだってことがわかってきました。キヌです。 いやーあれですね。つい1年前まで「朝、服を選ぶのがめんどくさい」って理由だけでクローゼットがワンピースだらけだったことから考えたらほんと大きな変化。 キヌが嫌いなのは、流行っ…

余韻の残る美人になる 気品の作法

もし結婚して子供が生まれて、その子が女の子だったら。東京ディズニーランドのプリンセス体験(パーク内でよく見るピンクのタスキ掛けたお姫様ルックの女児、あれですよあれ)をプレゼントしてもらう約束を、母から取り付けています。 なんならキヌが受けて…

死化粧師【完結】

面白いものって続きが気になりますよね。読んじゃいますよね。それがたとえ深夜でもね♡(次の日寝坊フラグ そんな「ハマって一気読みした本」ということでこちらの本をご紹介。 死化粧師 1 (Feelコミックス) 作者: 三原ミツカズ 出版社/メーカー: 祥伝社 発…

トランクひとつのモノで暮らす

小さい頃からトランクのデザインがとても好きで、いつか持ちたいと思っています。 グローブ・トロッターのCRUISE、ルイヴィトンのアルゼール…見ているだけでとっても幸せになれるような、そんなトランクを。 トランク愛ゆえか、この本にもすごく惹かれました…

中原昌也の人生相談 悩んでるうちが花なのよ党宣言

ピン!ときた本はとにかく買付けることにしています。自分の直感はなにより重要な判断基準、キヌです。 …という訳で、本日はこちらの本をご紹介します。twitterのタイムラインを見ていて気になった本。 中原昌也の人生相談 悩んでるうちが花なのよ党宣言 作…

僕の仕事は YouTube

好きな人が話題にあげていた人はとりあえず調べる派ですし、本を出していようものならとりあえず読む派です。見えないだけで粘着質、キヌです。 というわけで、本日は宮本佳実先生が話題に挙げていた、この人の本をご紹介します。 僕の仕事は YouTube 作者: …

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込

最近、「コミュ強」なる言葉があるのをはじめて知りました。キヌです。 これをいうと関係各所から否定されそうでアレなのですが、キヌは筋金入りのコミュ障です。 けしてコミュ強ではない。 いや、人が嫌いとかじゃないんだよ…こんなに好きなのに嫌われたら…

マンガでわかるはじめての片付け

月1でクローゼットの中を片付けます。 だって1ヶ月に読む本が大体150冊。新しく買う本は大体100冊。そしてそのほとんどが紙の本なんて…うん、普通なら床抜けるからね♡ という訳で、(仕事柄?)片付けの本はよくチェックしています。本日はこちらの…

はじめての猫

ブログに猫カテゴリを作ろうかと思っているくらい、猫が好きです。タイトルに猫って入ってるだけで読みたくなっちゃうもんな… というわけで、本日は最近買い付けてよかった猫コミックスをご紹介。 はじめての猫 (ホームコミックス) 作者: 志村志保子 出版社/…

ありのままの私

昨日お友達(大学院生)から「就活するときに読んでた本ってある?」とLINEが来て、何をおススメしようか迷ってました。 読んでた本ではないけど、読んでれば良かったなって本ならあるなと。 この本です。 ありのままの私 作者: 安冨歩 出版社/メーカー: ぴ…

透明なゆりかご

身近なグロ現象である採血が大嫌いです。キヌです。 最近はどこの病院でもベッドで寝たまま採ってくれるので助かります。 一度近所の病院にかかったとき、「採血くらいで大袈裟ねぇ〜大丈夫よ!ちゃちゃっと採りましょ!ハイ腕出して!」と先生に言われ、採…

おとなになるってどんなこと?

「小学生のときが私の黄金期だった」「◯◯小学校では神童と呼ばれていた」なんていう話を聞くと、本気で羨望を覚えます。 小学校のときとか、毎日苦痛で仕方なかったけど。 サザエさん症候群とかね、むしろ小学生のときがピークだった。「明日からまた一週間……

本日は、お日柄もよく

今日は大学時代の友人の結婚式に参加してきます。そのために昨日熊本県まで来たのでした。 …ということで結婚式関連のこんな本をご紹介。 本日は、お日柄もよく (徳間文庫) 作者: 原田マハ 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 2013/06/07 メディア: 文庫 こ…

斎藤一人 モテモテ道

キヌが毎日チェックしている宮本真由美先生ブログ。 自分の中に眠るおしゃれ細胞を揺り起こしてくれる、素敵なブログです。キヌは宮本真由美先生のブログのおかげで、もともと好きだった押し出し系ファッションとキラッキラビジューアクセサリーを自分に解禁…

どろぼうのどろぼん

母によるとキヌは2歳から本が好きで、読めもしないうちからじーっと眺めていたそうです。そのときに読んだ本は今でも大体覚えているから不思議。 そう考えると、幼少期に触れる本はできれば選んであげたいですよね。 ちなみにお子さんが「これがいい!」と…

バカボンのママはなぜ美人なのか

恋愛やモテに関しては、大学入学時(それまでは中学高校と女子校だった)から、ずっと研究を続けています。そんなキヌが、恋愛マイスターとして勝手に慕っているのが柴門ふみ先生。 今日はそんな柴門先生の数ある本の中からこちらをご紹介。 (002)バカボンの…

放課後保健室

去年、作者指名買いでどんどん買付けて、どんどんハマった水城せとな先生。 本日はその中からこちらをご紹介。 放課後保健室 (1) (プリンセスコミックス) 作者: 水城せとな 出版社/メーカー: 秋田書店 発売日: 2004/12/22 メディア: コミック 購入: 1人 クリ…

【日記】憧れのオニオングラタンスープ

この間、久々にPAULで食事しました。 そこで食べたのがこのオニオングラタンスープ。 なんともそそる見た目です♡ なんとか家でも作れないかなーと思っていたら、この本にレシピが載っていたのを思い出しました。 雪と珊瑚と (角川文庫) 作者: 梨木香歩 出版…

東京を生きる

あけましておめでとうございます。 本年も本の魅力をお伝えして参りますので、どうぞ宜しくお願いいたします。 キヌには田舎というものが存在しないので、今年も東京で年を越しました。 そう、キヌはTOKYOITE。 これでトーキョアイトと読みます。ニューヨー…