ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

十年後、街のどこかで偶然に

こんにちは、キヌです。
 
ずっと気になっていた本を買ってみました。
そしたらもうすっごくツボで!!!
 
十年後、街のどこかで偶然に』なんだか映画みたいなタイトルですよね♡
十年後、街のどこかで偶然に (花とゆめCOMICS)

十年後、街のどこかで偶然に (花とゆめCOMICS)

 

 
 
津田雅美先生の本です。キヌ世代で知らない人はいないと思う『カレカノ』の先生ですよ。キヌにはまだ内容が早すぎて、目の隙間から見ていた記憶(笑)
 
あらすじはこんな感じ。
筆記具メーカーで働く藤堂は、高校の同級生・槙と十年ぶりに再会する。左官職人となっていた槙は変わらず無口な性格だったが、以前よりわかりやすい人と感じる。高校生では近づけなかった二人が、今新しいステージに…!? 

 

ヒロインである藤堂の話もいいし、出てくる筆記用具も良い(本編に出てくるのはグリーンのものですが、キヌもアウロラ大好き♡糖蜜のようにねっとりした輝きがうっとりものです♡)のですが。

 

今回は藤堂の友達、カッシーの話を。モテる先輩に惹かれていく彼女のモノローグが良いのです。

てのひらの中に上手に収まっていた 自分の 「気持ち」が 少しずつ あふれる

 

恋って止められないものなんですよね。今考えたら止める必要もなかったけれど。

いきなり膨らんで、はじけるもの。

 

紹介した以外にもきゅんポイントが沢山ある作品なので

気になったら本棚にお迎えしてみてくださいね♡

 

 

【無料メルマガはじめました】

メルマガ会員様の質問もとりあげる参加型メルマガです。

>>本はカラダの一部です♡のご登録はこちらから

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについて書いています。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつも有難うございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡