ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

プリンセスメゾン⑴

部屋の角はマイスペース、キヌです☆(どんなキャッチフレーズだ

部屋のすみっこにもたれて本を読むのって至福だと思うんですが如何でしょう。それに、「自分だけの場所がある」と言う事実は、自分を根っこを強くしてくれると思うんです。

 

そんな自分だけの場所を求める女子にお薦めなのがこちら。 

プリンセスメゾン 1 (ビッグコミックス)

プリンセスメゾン 1 (ビッグコミックス)

 

モチイエ女子webに連載している(やわらかスピリッツにも同時掲載)池辺葵先生の漫画を書籍化したものです。

 

あらすじはこんな感じ。ちょこっとだけ編集しましたが、編集担当さんからの推薦文含めて素敵なのでほぼそのまま転載します。

私だけの家。それは幸福で、孤独な場所。 

女ひとり、たったひとつの“家”さがしは、運命の人を見つけるよりも難しい!?

2015年、日本。女性がひとりで家を買うことは、無謀なのか、堅実なのか。年収200万ちょっとの独身女性・沼越さんが、オリンピックを控えた東京で、理想の家を求めて歩く。

twitterなどで大人気の、共感度100%の家さがしストーリー。 

【編集担当からのおすすめ情報】 

「家を購入する独身女性」と聞くと、どんな人物像を思い浮かべるでしょうか。

この物語には、

「家を買うのは 大きい夢じゃない 自分以外の誰の心もいらないんだから」とファミリータイプのモデルルーム見学にも一人で果敢に挑む、鉄の心を持つ主人公・沼越さん、

一度ローン審査に落ちながらも、ユニットバスで持ち家を想像するモデルルーム受付嬢・要さん、

彼氏と一緒に住んでいた賃貸マンションで、今はひとり、新しい生活に希望を持てるように気持ちを切り替えようと努力する阿久津さん、

など、現代を生きる様々な女性たちが、家について考えています。

「今よりも丁寧に生きていきたい」。そう願う女性たちの群像劇です。

 

性別や年収や他人の目に負けず、「自分だけの場所」を探す主人公の沼ちゃん。

彼女がとてもカッコよいのです(*´艸`)

 

キヌはWeb連載時からのファンで♡

ヒトコト図書館でも発売当初に買付けてご紹介しました。 

 

10月1日に公開したばかりの15話が良かったので、改めてご紹介。

郊外のマンションを内見する沼ちゃん。「もし結婚したら独身時代に買ったマンションはどうするのか」と聞かれてこう答えます。

まずは自分の人生をちゃんと自分で面倒みて、誰かと生きるのはそのあとです。

 

他人をあてにせず、自分の足でしゃんと立っているひとってカッコいいんだよなぁ。

せっかく沼ちゃんを通して興味を持ったので、モチイエのことについても少しお勉強してみようかと思います♡

 

 

モチイエ女子webは他のコンテンツも面白いので是非♡

www.mochiiejoshi.com

 

 

【無料メルマガはじめました】

メルマガ会員様の質問もとりあげる参加型メルマガです。

>>本はカラダの一部です♡のご登録はこちらから

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについて書いています。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつも有難うございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

特に雨宮まみさんのコラムが大好き(特にまみさんお気に入りの青いチェストが頭から離れない…)です。

このコラムを纏めた本も買付けたので、早く読みたいな♡

自信のない部屋へようこそ

自信のない部屋へようこそ