ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

フランス人は年をとるほど美しい

先日、妹が観ていたバラエティ番組(28歳のアイドルをババアと連呼する)にあてられて気分が悪くなりそのまま寝込んでしまいました。うるさいし余計な情報が入ってくるのでテレビは最小限しか見ないようにしているのですが、同居人がテレビ好きだとこういうこともままあります。

そこで、ドラ・トーザン先生に助けを求めてみました。

フランス人は年をとるほど美しい

フランス人は年をとるほど美しい

 

 年をとることは成熟すること。わがままに生きる、自由に生きる、細かいことは気にしないのが若返りの秘訣。東京在住のフランス人が教える最高にHAPPYな年のとり方。

 

年をとる、と言うことに対してのマインドがとても肯定的で安心しました。

フランスでは正しく年を重ねた女性が美しいとされ、モテる。

人を魅了するのも、男を魅了するのも、若さだけじゃないの。

(日本では)ライフスタイルが年代別にあらかじめ決まっているようで滑稽です。
同時にモデルケースから外れたとたん、マイノリティの烙印を押されるようでヘビー。

「自分を演出すること」と「役割を演じること」は違います。

役割を演じすぎると自分が薄れる。

 

でも「年をとるままにすればいい」と言う訳ではなく、ファッションに代表される自分の演出はしっかりとしています。

わがままになる。
いつまでも女であり続ける。
アムール(愛)を忘れない。

好きなことを存分に楽しむというのは、今を生きることにつながる。

セクシーは上品でさりげないもの。

魅せたいポイントを一つに絞る。
胸、デコルテ、うなじ、肩…その時に大切なポイントは、ひとつだけセレクト。

しぐさは最もエレガントなドレスです。
自信とオーラに満ちたしぐさを見にまとってください。

ワードロープは自分のセレクトショップ

食べること、着たい服は我慢しない。

 

キヌ的に一番ぐさりときたのは

香水をつけない女に未来はないという項目。

キヌはどうも鼻が繊細らしくて、香水苦手なんですよね…パッケージ的には大好きで持ってはいるし増やしたいとさえ(アニックグダールの蝶々フレグランス)思っているんだけど。

香水は女性をとびきり美しくする魔法の水。

ドラ・トーザン先生に言われたので、この秋冬は試しに付けてみようかなと思っています。

 

ボルドーワインのような女性」を目指して、楽しく年をかさねていこうと思います♡

生まれながらにして一人。これは言い換えれば、自分の代わりは誰もいないと言うこと。
時には群れから抜け出し、かけがえのない自分自身を慈しんでください。

 

 

 

【無料メルマガはじめました】

メルマガ会員様の質問もとりあげる参加型メルマガです。

>>本はカラダの一部です♡のご登録はこちらから

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについて書いています。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつも有難うございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

そしてこんな台詞を思い出したり。本って繋がってますね。