ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

ジュージュー

おはようございます、キヌです。

ばなニストの名に恥じないよう、吉本ばなな先生の作品は定期的にご紹介していきます♡

 

本日はステーキが食べたくなるこちらの作品をご紹介。

キヌはカフェ・カイラでこの作品を読了したのですが、パンケーキが運ばれてきたときにはすっかりステーキ腹でした(笑)

ごめんよ、パンケーキ。

f:id:librarian_kinu:20151027090713j:plain

みなさまは是非お肉の前にお読みください(笑)

 

ジュージュー (文春文庫)

ジュージュー (文春文庫)

 

あらすじはこんな感じ。 

下町の小さなステーキ&ハンバーグのお店「ジュージュー」を舞台に繰り広げられる、おかしくも切ない物語。
美津子は両親から受け継いだお店を、遠縁で元恋人でもある進一と共に切り盛りしている。
常連のお客さんたちは、みんなどこかに欠落を抱えながらも、背一杯今日を生きている人ばかり。世の中はどうにもならないことばかり。でも、おいしいハンバーグを食べれば、つらいことがあっても元気を取り戻せる!
生きることの喜びをギュッと閉じ込めた傑作。

 

この物語の登場人物たちはみんな、心に貫通した大きな穴を両手で塞ぎながら生きています。

キヌの心に残ったのはこんな言葉たち。

このままでいてほしい。このままがいい。なるべくゆっくり、少しずつがいい。

あれから、私はずっと大川さんのファンだった。
弱っているときしか見えないものがある。調子のいいときには飛ばしてしまっている、見たくないようなちっぽけなことが、弱っているときには壁のしみみたいにじわっと浮かび上がってくる。

恋のときの状態は、そうでないときには決して思い出せない
。胸の奥から甘い蒸気が立ち昇ってくるみたいな。それが自分の歩き方も考え方も表情もみんな支配してるみたいな。

ああいう人って、いつか変わるの?と私が聞くと。そんなことに期待してなにかしてあげるくらいなら、しないほうがいいんだよ、とパパは言う。

正直でいて、その場を楽しくすること。
本当はきつくても、人生をまるで遊びみたいに泳いでいるふりをすること。
つらそうな人にも陽気に挨拶して、きらきらしたものを発散すること。

いる場所が違うから、好きになっちゃいけないのかもしれないな、風にさらされるみたいにひやりとそう思った。
なんで同じ人間なのにいる場所が違うのかな、すぐとなりにいるのに。
私はステーキ屋の娘でいることも学歴が粗末なことも一回も恥じたことはないけれど、違うということが少しだけ心にしみてきた。
これが恋なんだなと思った。違うから好きになるのに、違うから届かない。

体をではなく、存在自体をいたいほどに求められているのを感じた。

 

ページをめくるたびに、ぐさりときました。

 

 

力を入れていないように見せるって本当に難しいですよね。
=自然にできることって、自分の強みなんです。

これが最近の一番の気づき笑

 

 

【無料メルマガはじめました】

メルマガ会員様の質問もとりあげる参加型メルマガです。

>>本はカラダの一部です♡のご登録はこちらから

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについて書いています。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつも有難うございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

吉本ばなな先生の本について下記でも紹介しています。

librarian-kinu.hatenablog.com