ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

松浦弥太郎の仕事術

おはようございます。キヌです。

 

大好きなお友達のひかりちゃん
彼女がこの間のセミナーで「自分が大好きなものだけにお金を使うようになったら、お金が貯まるようになった♡」と言っていて、もう激しく頷きました。
わかる、わかるよ。
だってそのお金は「投資」だもんね(◍⁃͈ᴗ•͈)

 

お金の使い方には、大きく分けて「投資」と「浪費」の2種類があります。
その差は簡単。
そのお金の使ったことで心が動くかどうか です。

ときめきやどきどき、ワクワク感…
そのお金を使ったことで心が大きく動くなら投資、動かないなら浪費です。

 

具体的な例を出してみましょうか。
キヌはRUKAというブランドのアクリルバングルが大好きで少しずつ集めているのでこれにしましょう。

f:id:librarian_kinu:20151011110433j:plain

「アンティークパーツが大好き」「このバングルに相応しい女性になる」「仕事にはしていけないけど部屋に飾っておくだけで幸せ♡」等、自分の心がポジティブに動いたのを確認して買うならそれは投資。

しかし「流行りだし1個持っておくか」「彼氏がこういうの好きそう」等、他人の心が動いたものをネガティブに買うなら、同じものを買っても浪費になります。

 

投資のいいところは、言葉通り「何らかの形で返ってくる」こと♡

今のところ、メインで感じるのは満足感ですね。
とても満たされるので、

次々に新しいものを買わないでもいい=結果的にお金が貯まる んです。
ね、とっても簡単でしょ?

 

キヌが今年の上半期にハマって沢山本を買付けた、
松浦弥太郎さんの本にも頭に染みこみやすい言葉があったのでシェアしますね。

松浦弥太郎の仕事術 (朝日文庫)

松浦弥太郎の仕事術 (朝日文庫)

 

浪費とは、自分が満たされていないことの表れです。

 

 

【無料メルマガはじめました】

メルマガ会員様の質問もとりあげる参加型メルマガです。

>>本はカラダの一部です♡のご登録はこちらから

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについて書いています。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつも有難うございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

他にも素敵なヒトコトがあるので欄外に紹介しておきます。

本質的なことはすべてベーシック。ことさらに飾ることもない。

単に約束を守るだけでなく、それで相手を喜ばせることができたら、仕事はぐんと、よいものになります。

楽だけど、幸せでない働き方。そんなものはきっぱりと遠ざけたい。

考えることにはエネルギーを要します。だからこそ一人の時間を確保すべきなのですが、時間はできても、じっくり考える心の体力がないこともあります。

馴れ合いや、クラブ活動のような仲良しごっこはやめましょう。距離を縮めすぎると、依存し合う関係になります。