ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

ハナカク

生粋の 文系ヒキコモリ属 であるキヌ。

保育園のときから、定位置は部屋のすみっこ。

小中高とクラス内ヒエラルキーは最下層、大学のサークルでは若年寄、職場のカラオケは常に一番ドア側(中座しやすいから

 

お分かりのように、体育会系にはとんと縁がありません。

でもハマっちゃったんですよね、LINEマンガで。

 

…と言う訳で、本日はキヌ一押しの 

美少女総合格闘技マンガ をご紹介します。

あらすじはこんな感じ。

安藤花夏、高校一年生、身長142cm。 中学まで園芸部だった花夏は、「格闘技は強い人だけのものじゃなくて、誰でもできて誰でも強くなるためにある」という誘い文句に憧れ、総合格闘技の世界へと足を踏み入れる。花夏と仲間達"女子格ガールズ"の果てなき挑戦が始まる——。

 

好きな台詞はたくさんあるのですが、1巻と最新4巻からのおススメを。 

強くなる人の第一条件知ってる?

自分が弱いとわかってる人

自分の弱さを認められる人は伸びるよ だって強くなろうとするから

逆に自分のこと強いと思っている人は伸びないね やっぱどこかで本気になれないんだろうね

勝てないかもしれない 無理かもしれない

苦しい つらい そう思うことなんていっぱいあります

でも だからといってやめることだけはしたくないんです

だって自分で認めてしまったらそれは 本当の負けじゃないですか

負けない人間など いません

ひとは必ずいつかどこかで負けます

ただその負けに出会った時 どちらを選択するのか 背を向けるか 向かい合うか

 

総合格闘技は残念ながら見たことがないのですが、

相手というより自分と戦う競技 なんだなと思いました。

総合格闘技に限らず、なんでも本当はそうなのかもしれません。

打ち倒すべきなのは、向き合うべきなのは、誰かではなくて自分。

そんなことを考えました。

 

 

1巻の1頁め開いてから最後まで、もう一瞬で読めると思います。そのくらい面白い。

 

サイトで試し読みもできますので、試し読みだけでも是非。

記事を書くために調べたらLINEマンガでは掲載終了してて一瞬焦ったけど…本当に有難うゼノンさん。

 

 

 

【無料メルマガはじめました】

メルマガ会員様の質問もとりあげる参加型メルマガです。

>>本はカラダの一部です♡のご登録はこちらから

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについて書いています。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつも有難うございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡