ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

ちひろさん

今年一番ときめいたフレーズは「おねえちゃんができたみたいで嬉しい♡」です。

この歳(27歳)になって妹が増えるとは思わなかった。有難う、ひかりちゃん

 

今年はキヌにもバーチャルおねえちゃん(字面がかなり怪しい)ができました。

ちひろさんです。

ちひろさん 1 (A.L.C. DX)

ちひろさん 1 (A.L.C. DX)

 

いやいや引かないで引かないで。

コミック(2次元)じゃん!と侮ることなかれ。すっごく深いんです。1冊につき、バーカウンターでママに24時間諭されるくらいのインパクトがある。

 

あらすじはこんな感じ。

元風俗嬢、ちひろ。海辺の小さなお弁当屋で働く彼女の元にはいろいろな悩みを抱えた客がやってくる。恋愛、仕事、家族、自分自身…ちひろが導く答えは? 多くの人を救った傑作、新作で復活!!

 

ちひろさんは「欲しいものがわかっているのに行動しない」ことに対しての言い訳をどんどんつぶしてくれます。キヌがぐさりときた台詞をシェアしますね♡

サービスってね 何でもやってあげることじゃないからね 欲しがるもの何でもあげたらナメられる いったんナメられたら食い尽くされて飽きられる

プロでも10球中の3球ー

3割ヒットすれば 一流のバッターって言われるのよ

7割は打ち損なっていいってこと

悩みって ほんとはすごくシンプルなことを あーだこーだ言い訳することから始まるのね

我慢するために自分についた小さな嘘が重なって 都合のいいストーリーができ上がる

言い訳ときれいごとを全部引き算していくと最後に 着色されてない裸の感覚が残るでしょ 答えはもう出てるのよ あとはそれを飲みこむ覚悟ができるかどうかだけ

 

どうですどうです?

もう言い訳できないでしょう?

そうしたらもう立ち上がって、膝についた埃と血そして目尻にこびりついた涙の結晶を手ではらって、歩き出すだけです。

買付けしたばかりですが、身体が立ち止まってしまったときによく読み返しています。

 

作者の安田弘之先生のあとがきにも、ぐさりときます。

ぼんやりしてることが罪悪感

楽でいるのが楽じゃない

そんな時代を僕たちは生きています。

キヌみたいに行動できない人だけじゃなくて、自分らしさを削って「周り」に合わせようとしている子にも読んで欲しい。

(男らしくないことを)むしろ最初から誇りに思えばよかった。

"男らしさなんかいらねぇ‼"と直進していれば

青春時代をあんなに惨めな思いで塗り潰さずにすんだのに。

自分を嫌ってイジメ抜かなくてすんだのに。

だから言いたいのです。特に若い子たちに。

男らしさとか女らしさなんて必修科目じゃないから!

削り取ろうとしているそれこそが一番大切なものかもよ?と。

 

安田弘之先生は、これから作者指名買いする予定です。

さしあたってかの有名な『ショムニ』も読んだので、いつか紹介しますね♡

ショムニ (1) (講談社漫画文庫)

ショムニ (1) (講談社漫画文庫)

 

 

 

【無料メルマガはじめました】

メルマガ会員様の質問もとりあげる参加型メルマガです。

>>本はカラダの一部です♡のご登録はこちらから

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについて書いています。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつも有難うございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

『ちひろさん』は買付時の記録を下記で紹介しています。

宜しければぜひ♡ 

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com