ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

シンプル&ラグジュアリーに暮らす

「好きな人のおススメしている本は片っ端から読みたくなる」という習性があります。キヌです。

 

「◯◯君が使っているから…♡」って言ってお揃いのものを持とうとしている女の子(マネージャーポジション)のビジュアルを想像して頂いたままでもいいんですが(キヌは得しかしないから

「あのひとの頭の中を見てみたい…♡」っていう感じです。

まさか頭をカパッと外す訳にはいかないし。

本棚って、割とそのひとの頭の中の状態を反映している気がするんですよね。

 

…という訳で本日はこちらの本をご紹介。 

片付けコンサルタント近藤麻理恵(こんまり)先生がおススメしていた本です。 

シンプル&ラグジュアリーに暮らす

シンプル&ラグジュアリーに暮らす

 

内容はこんな感じです。

400名以上の指名客を持つ、インテリアショップのカリスマ販売員が提案するインテリア・ブックです。

さまざまにコーディネートした自宅のベッドルーム等を美しい写真とともに紹介しています。美しく、なるほどと思わせる収納方法や、ベッドメイキングの仕方など、忙しい日常をホテルライクにシンプルに暮らすためのアイデアが満載!

 

そうだったのか…(知らなかった

キヌ的には、こんなにベッドルームにこだわる人っているんだ…と言う驚きとともにこの本を読んでました。

だって 一人暮らしなのにベッドルーム2つ作ってる んだよ?!

デイリー用と休日用で。

 

キヌがこの本で書き留めた言葉はこんな感じ。

眠るための時間はダイヤモンド

毎日、一日の最後をきれいに終えて、静かに癒されながらラグジュアリーに眠る喜び

(食べ物の)おいしそうな料理の配色をインテリアに応用 

フェザーは本来、産業廃棄物

新しい香りを買う

 

ご覧の通り、言葉遣いもすっごく素敵。

何より、ホテルのように整えられたベッドルームの写真がなんとも言えないんです。そういえば、子どものときクッションがいっぱい乗っかった(要するに西欧式)ホテルのベッドで寝るの、すっごくワクワクしたもんなぁ…

今は布団派のキヌですが 、いつかベッドルームなるものを作るときがきたらこんな風に細部までこだわってしつらえてみたいと思ったのでした。

 

そのときまで 

注文して作ってもらうものは値切らない。 

忙しい人ほど欲しい家具は迷わず作る

という木村先生の言葉を忘れないようにして、ね。




 【無料メルマガはじめました】

メルマガ会員様の質問もとりあげる参加型メルマガです。

>>本はカラダの一部です♡のご登録はこちらから

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについて書いています。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつも有難うございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡