ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

ペンギンと暮らす

ペンギン、飼いたいなと思ったことありませんか?

あとシャチね。

キヌの子どもの頃の夢は、大きなプールの上にお家を建てて、ガラス張りの床から下の景色(プライベート水族館みたいな)を眺めることでした。実際はナントカ条約的にも建築的にもメンテナンス的にも問題が山積みなんでしょうけど。単純に海の上で眠ってみたいなと思っていたのです。

 

そんなこんなで本日は表紙買いした本をご紹介。

ペンギンと暮らす (幻冬舎文庫)

ペンギンと暮らす (幻冬舎文庫)

 

表紙買いでした。

キヌの大好きな小川糸先生のエッセイ本。実際にペンギンを飼われている訳ではなくて(当たり前だ)、旦那さんの愛称です。

内容はこんな感じ。

夫の帰りを待ちながら作る〆鰺。風邪で寝込んだときに、友人が届けてくれた菜の花ご飯。元気を出したい人の為に、身体と心がポカポカになる野菜のポタージュ…。大切なお客さまの為ならば、八百屋を6軒はしごすることも厭わない。そんな著者の美味しくて愛おしい、もてなしの毎日。ベストセラー『食堂かたつむり』の著者が綴る日記エッセイ。

 

キヌが大好きなのはこんなヒトコト。

昨日に続き、ほかほかの陽気。

炊きたてのご飯を入れたお櫃にほっぺたをくっつけてるみたいにあったかい。

素敵なお酒をたくさんいただいて、私はいまだに幸せの波の上をゆらゆらしている。

ふつう=自然であることは、本当に素晴らしいことなんだ、と思う。

気の合う人たちと、ゆっくりユラユラごはんを食べるのが、私の中では一番の幸せ。

大切なのは、健康でニコニコ笑えて、ゴハンがおいしく食べられること。

 

普通の日記がこんなに美しいって(以下略 

自分が今考えていることの核って、普段感じたことなんですよね。それが積もり積もって、自分になっていく。

自分のことばで美しく表現できるかはともかく、キヌもやっとこさ3年目に突入した日記を、今年もきちんと継続しようと思いました。 だってこんなに気づきがあるんだったら、書かなかったら単純に勿体無い。

 

小川糸先生の気づきも、実践させていただこうと思います。 

とにかく夜の11時に寝なさい。

「ねずみの時間、だいじ」

朝早く起きて作業する生活に戻せるように、頑張らねば…

 

この「ペンギン」シリーズは検索をかけただけでも他に2冊あるので、続きを読むのが楽しみです♡

ペンギンの台所 (幻冬舎文庫)

ペンギンの台所 (幻冬舎文庫)

 
ペンギンと青空スキップ (幻冬舎文庫)

ペンギンと青空スキップ (幻冬舎文庫)

 

もう本当に可愛いこの表紙…3冊揃ってるとかき氷のシロップみたい…

 

 

 

【無料メルマガはじめました】

メルマガ会員様の質問もとりあげる参加型メルマガです。

>>本はカラダの一部です♡のご登録はこちらから

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについて書いています。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつも有難うございます♡

応援クリック、いつも励まされてます♡