ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

完全版 テレビのなみだ 仕事に悩めるあなたへ

ビジネス書を読むのが好きです。

こういうハウツーものって、自分の意識が読んだ前と後で変わるというのはもちろん、成功したひとの失敗・失敗エピソードををたくさん吸収できるのが嬉しいんですよね。

なんとなくお得感があって(おばちゃんか 

 

…という訳で本日は、こちらの作品をご紹介します。

内容はこんな感じ。 

人気バラエティ番組を手がける放送作家が、テレビの現場で学んだ仕事のワザや考え方を綴る。「嫉妬年表をつける」「制約の乗り越え方」など、すぐに実践したいユニークな仕事術や人気番組の裏で奮闘するテレビ人の感動秘話もつまった「泣ける」ビジネス書。

 

鈴木おさむ先生は『ブス恋』 を出版されたときに、キヌの気持ちが断絶していたのですが(奥さんをブスって言うってどういうこと

しかしやっぱり気になって定期的にブログをチェック。そしてついに書籍を購入しようと思い立ったのでした。『ブス恋』はやっぱりまだ怖いので、このビジネス本に。

そしたらなんとかなり面白くて。

最後の10ページは家に帰るまで待ちきれなくて、銀座松屋の待合ベンチに座って読みきりました(笑)

 

キヌが選んだヒトコトはこちら。

みんながちょっとでも興味を持っていることを体験する

プレゼントというものは、そもそも『これをあげたら相手が喜ぶかな〜』と自分が楽しむものなんじゃないか?そして、それを相手が喜んでくれた時に、もっとうれしくなる。プレゼントって、そういうもんなんじゃないか?

(参加者)全員分のスイーツを用意する「行きたくなる会議」

空気を読みすぎているのは、臆病な人。

人の夢を笑うのは本当は、嫉妬している人。

人にやらせることはすべて自分も体験する。

優秀なインタビュアーが使っている質問方法

①ちょっとウザい友達になる

②同じ質問を定期的にする

③温度を上げる質問をする その後褒める

ものを作るうえで「違和感」をどう生むかって大切なこと。

エンドロールは、スタッフの家族のためのものであると思っている。

エピソード部分はほぼカットしてしまっているので伝わりにくいかもしれませんが、全てのハウツーは、鈴木おさむ先生の体験から得られたものです。

これはある意味当たり前で、私たちは日々それぞれの予定をこなし、それぞれの体験を積み重ねている訳です。そうしたら当然、自分なりの成功法則があるはず…なのですがキヌはあんまり思いつきませんでした(あ、本の選び方は別ですよ

これは何の差って、なにより インプットとアウトプットの量 。特に、アウトプットが絶対的に足りていないのです。

キヌはこうして去年からちまちまとブログなどを更新している訳ですが、もっと打席に立たなきゃいけないな…としみじみ思いました。

 

ちょっと脱線しちゃった(笑)

エッセイとして軽めに読んでもいいし、ビジネス本として真面目に読んでもいいと思います。初版が2010年と少し古めですが、是非探して読んでみてください。

 

このへんなんかは宮本佳実先生の本(これこれ)にも通じるところがあるなと思ったり。

自分の夢は夢と言わずに「目標」という、一つ現実的なところに置く。

熱い夢や目標のある人は、自分の夢を応援してくれる人たちのそばにいたほうがいい。

 

 

  

【無料メルマガはじめました】

メルマガ会員様の質問もとりあげる参加型メルマガです。

>>本はカラダの一部です♡のご登録はこちらから

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについて書いています。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつも有難うございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡