読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

斎藤一人 モテモテ道

美容 本が教えてくれたこと ファッション

キヌが毎日チェックしている宮本真由美先生ブログ。

自分の中に眠るおしゃれ細胞を揺り起こしてくれる、素敵なブログです。キヌは宮本真由美先生のブログのおかげで、もともと好きだった押し出し系ファッションとキラッキラビジューアクセサリーを自分に解禁しました。

今度本を出されるとのことで、どんな本を書かれるんだろう…と楽しみにしていたのですが

そういえば前にも読んだ記憶 が。読書ノートを必死にめくりました。

…という訳で、本日はこちらの本をご紹介。

斎藤一人 モテモテ道

斎藤一人 モテモテ道

 

内容はこんな感じ。

「会う人会う人から好かれて、モテモテな人」になるには、法則があります。

本書では、男性も女性も、子供も、おじいちゃんもおばあちゃんも、会う人みんながあなたのファンになる秘訣を紹介します。幸せな大富豪・斎藤一人さんがこれまであまり語らなかった恋愛がうまくいく方法や人から愛される秘密を弟子の宮本真由美さんが解説。この法則を知れば、人間関係は良好で、恋も仕事もうまくいき、人生が楽しくてしかたなくなります。モテる人は必ずモテるようなことをしているし、モテない人はモテないようなことをしているのです。では、モテる人の共通点とはなんでしょうか? それは、「自分の魅力を磨き続けること」。見た目、言葉、考え方、行動など、モテる人はどのようにしているのかがわかります。「一人、二人から好かれればいい」なんて物足りないという人にぜひ読んでほしい1冊。斎藤一人さんのモテモテになるための語りおろし原稿つき。

昔ひとり自由研究(なんか最近モテ本少なくなりましたよね、どこに民族大移動してるんだろう…)をしていただけあって「モテる」という単語にめっぽう弱いキヌ。

お気に入りの本屋さんの棚でこの本を見つけて、即日読破したんでした。ノート見るまですっかり忘れてた。

メモしたのはこんなヒトコト。

自分の好きな格好を磨いて磨き抜く

色気=自然の本能で、この人とつきあうと自分が伸びたいものをもっと伸ばせられると感じるもの

言っていることって、その人の身の丈なんだな。

(笑えないときは)心の中と切り離して、顔の筋肉を動かして笑顔。

口は財力、ツヤをon!

『人は見た目が100%』見た目通りの人生になる

髪の毛=天の加護

顔や身なり=世間の加護

靴=先祖の加護

想い<言葉 言葉は神さまへのオーダー

この本の素敵なところは「モテる格好=異性の好きな服装(最大公約数)」という定義にしていないところ。

自分の好きな格好をするのって、楽しいですもんね。

昔、「もっとピンクとか着たら?」って言ってくる男性とは付き合って2週間でさよならしたレベルで、誰かが好きな格好をするのってキヌにとっては息苦しいのです。コスプレは大好きだけど、それはきっと一時だからで、ずっとはきつい。本当の自分を否定されたような気がするし。

 

格好については自分の好きを煮詰めることにしようとこの本を読んで思ったのでした。

 

こんなヒトコトがあるように

食べものの好き嫌いが激しい人は、人の好き嫌いも激しいんだよ。だってスキとかキライとかって。自分の許容範囲の大きさだろう。だいたい好きでもキライでもどうでもいいことに目くじらたてて、白黒はっきりさせようっていうのがおかしいだろう。 

モテ以外でも勉強になる本なので、機会があったら読んでみてくださいね♡

 

 

 

【無料メルマガはじめました】

メルマガ会員様の質問もとりあげる参加型メルマガです。

>>本はカラダの一部です♡のご登録はこちらから

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについて書いています。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつも有難うございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

前にちょろっと記事に書いてました。こちらも宜しければぜひ。

librarian-kinu.hatenablog.com