ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

男の見極め術 21章

「どんな男がタイプなの?」って言う質問に対する回答は、アイドルに対してされる場合を除いて一銭の価値にもならないので全国的に廃止すべき だと思います。キヌです。

アイドルは世の一般男性に夢を与えるのがお仕事♡なので、曖昧で誰にでも当てはまりそうなことを言っておけばファンを喜ばせることが出来ますが、一般人であるキヌの曖昧な回答なんて何の得にもなりませんからね。むしろ「何いい子ぶってんだ」って言ってその辺に落ちてる小石でも投げられかねません。加減が難しすぎる。

 

ほんとにあの質問、何を求められているのかが全く分からないんですよね。

「芸能人で言うと誰なの?」って言うヒントなんだかなんなんだかっていう追加質問をされる方もいらっしゃいますけど、キヌは「芸能人」なんて人種の人は画面越しでしかお目にかかったことがないのでわかりません。

 

…と言う訳で本日は駅の自動販売機で買付けたこの本をご紹介します。

男の見極め術 21章 (実業之日本社文庫)

男の見極め術 21章 (実業之日本社文庫)

 

せっかくなのでとことん条件付けしてやろうじゃないと。

こんなレトロな表紙なのに、タイトルからしてエグくて素敵。

こんな男はいらない! 彼の本質が見えてくる。

女性の内面を描いた小説やエッセイで、読者の共感を集める唯川恵が贈る、究極の『男分析本』×人生を身軽にするための『恋愛バイブル』。恋の始まりは素晴らしく見えていたのに、こんな彼だったのかと、やがて失望に変わる。優柔不断、淡白、浮気性、無神経、妻子もち、マザコン、お金にルーズ……。「恋に失敗しても構わない。でも、恋で人生を失敗してはいけない」。そう語る著者が、21タイプの男を斬った極上恋愛エッセイ。解説の大久保佳代子オアシズ)は、「唯川さんの言葉……もしかしたら、ずっと言って欲しかったのかもしれない」「男を見切っていいの? 見切り品みたいな私が」と執筆。思わずドキッとする、胸を打つアドバイス満載。女も男もタメになる! [解説/ 大久保佳代子]

 

まぁ要するに、「こんな男は嫌だー!!!」と「こんな恋愛はダメだー!!!」って言うのを、唯川恵先生の文章力によって華麗に纏めあげた一冊です。

 

ちょっとどころではなく語感が悪いのですが、「オトコ編」「レンアイ編」に分けて、キヌが集めたヒトコトをご紹介します。

 

〜オトコ編〜

情けないのは、恥をかくことではない。恥をかくことおを恐れることである。

そんな男だけは許せない。男としてのセンスがない。人間として向き合えない。

嘘をつくなら、バレた時に、相手に笑みを浮かべさせられるようなものでなければならない。

ナルシスト男の本質は、ガラスのように繊細で壊れやすい。時に、壊れたその破片が凶器になってしまうことを忘れてはならない。

どれも至言。

キヌは友達に極度のナルシストがいますが、彼から「ゴメン…写真は撮らないポリシーなんだ、ボクの美しさが映らないから…」と真顔で言われたときは、日本人の鉄板、オートマティックアルカイックスマイルが全く発動しませんでしたからね。びっくりしすぎて。いくらザックエフロン似で鑑賞用にいいかもしれないとはいえ、付き合うとなったら超めんどうくさそうです。

 

〜レンアイ編〜

恋愛に必要なのは勇気である。

しかし、それは恋に飛びこむ勇気だけではないはずだ。

恋から飛び出す勇気も持つべきである。

情熱は炎のように燃え、やがて消える。肝心なのは燃え切った後に残るもの。

灰の中にこそ、本物が存在しているのである。

高揚している時、落ち込んでいる時、どうしても見るべきところを見逃したり、見ているつもりで目が曇っていたりする。

恋愛でもなんでも気持ちだけはボートレース並みの速度が出てしまうキヌは、戒めのためにしっかりとメモしました。

 

大久保佳代子さんの解説も素敵だったし。

端っこが茶色く変色し始めたレタスのような女

ご自分をこう評しているのを見て、

一応言っておきますが、キヌは大久保さん=レタス女だとは微塵も思っていませんよ!

彼女のファンになりました。なんて生活に即した飾らない言葉を遣うひとだろう…(うっとり

 

あ、だからキヌの好みのタイプは極論、「ひとからの借りものじゃない言葉、自分の毎日がにじみ出ている言葉を使うひと」ですね。

すごい、今一瞬で纏まった(笑)


説明が超絶面倒なので絶対に使いませんが、みなさんの中に「キヌと付き合いたい」っていうイリオモテヤマネコレベルに希少な方がいましたらぜひ覚えておいてください。

 

 

【無料メルマガはじめました】

メルマガ会員様の質問もとりあげる参加型メルマガです。

>>本はカラダの一部です♡のご登録はこちらから

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについて書いています。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつも有難うございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡