ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

女(じぶん)を磨く 言葉の宝石

気になるひとを見つけると、まずそのひとの著作(本)をチェックしてしまいます。

おはようございます。キヌです。

 

…と言う訳で、本日はこちらの本をご紹介。

女(じぶん)を磨く 言葉の宝石

女(じぶん)を磨く 言葉の宝石

 

地球に優しく、素材を採掘する人、制作に携わる人、そしてジュエリーを手にする人、その全ての人が笑顔になれる…

そんなエシカル(倫理的)なジュエリーブランド、HASUNA(ハスナ)を展開する女性起業家、白木夏子先生の本です。

 

内容はこんな感じ。

世界と日本を行き来しながら仕事をする、

白木夏子氏が

そのなかで経験した大切な出来事を

12の物語として紡いでいます。

 

ひとりでも多くの人が

「この世界も、まだまだ捨てたものじゃないな」

と、まだ見ぬ出逢いにわくわくしながら

前向きに、宝石のようにキラキラとして

生きられる気持ちを

見つけられますように。

 

キヌは1年前くらいに読んだのですが、普段私たちが目にするジュエリーショップでは絶対に語られないジュエリービジネスの現状(ブラックダイヤモンドなど)が描かれていて、ページをめくる手が止まらなかったことを覚えています。

 

今のキヌの心に残っているのは、白木先生の考え方自体の方が多いのですが

なんの見返りも期待することなく、ただ、目の前の人のことを思う。そして行動する。その大きな優しさに包み込まれたとき、人は信頼し愛情を感じることができると思う。

「Seize the day, seize the moment」

この一日、そしてこの瞬間をこの手にすること。

内面に宿る前向きな強さが、彼女の穏やかさと、内側から輝く美しさを作っていたのだ。

記憶に残る人はいつも、穏やかで強く、内面から美しい。

よい機会も、縁も、自分から積極的に掴み取らなければ手に入らない。

これまでの、そしてこれからのすべての出逢いに意味があり、自分の姿を形作ることに繋がっている。私自身も、今手がけている仕事もまだ旅の途中。目的地に向かって、少しずつ進んでいくところ。

 

また、ジュエリーブランドを立ち上げている白木先生らしく、物語それぞれに宝石の名前が付いている(+ちょっとした言葉やエピソード)のも素敵でした。

Lapis Lasuli(ラピスラズリ

星の煌めく 天空の破片

プリニウス古代ローマ博物学者〜

 

エッセイとしてもおススメなので、気になるヒトコトがあったら是非、あなたの本棚に入れてみてください♡

 

 

 

【無料メルマガはじめました】

メルマガ会員様の質問もとりあげる参加型メルマガです。

>>本はカラダの一部です♡のご登録はこちらから

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについて書いています。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつも有難うございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

女性起業家さんの本としてはこちらの本もおススメです。

librarian-kinu.hatenablog.com

 

librarian-kinu.hatenablog.com

 

librarian-kinu.hatenablog.com

 

librarian-kinu.hatenablog.com