ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

アマテラス

人から本を貸してもらう、ってもうほんと人生何回目でも嬉しいですよね。「あなたのことを信頼してますよ」って言われた気がして。

 

本日は、そんな人から貸して頂いた本をご紹介。

伊藤馨子先生から貸して頂いた『アマテラス』です。

塾の成績表用の名前を『天照大神Ⅲ』にしていた(不謹慎だし黒歴史だし)くらい、大好きな神様の名前を冠した本…といったら通常、読んですぐご紹介するのですが。

記事にするかどうか、かれこれ1ヶ月半くらい悩んでました。

 

だってこれほぼ絶版&未完なんだよ…

Amazonで買えるには買えますが、入手経路が蜘蛛の糸レベルで細い。

 

でもね、いい本なんですよこれ。

…というか、キヌはこの本によって遅ればせながらの美内すずえワールド入りを果たしたといっても過言ではないです。

なので、いつもよりヒトコト多め。写真も多めでご紹介します。

 

※※※こういう展開が苦手なひとはご注意ください※※※

f:id:librarian_kinu:20160203200644j:image

 

あらすじはこんな感じ。

普通の女の子(とは言っても医者×巫女家系)が超能力に目覚め、過去の記憶が断片的に甦ります。これから使命を果たす予定。

いつもよりふわっとしているのは、あらすじがAmazonさんに載っていなかったので仕方なくキヌが書いたからです。

 

キヌが好きなのはこんなヒトコトです。
薬なんかに頼るから人間は弱ァなるんじゃ
ちっとのことなら人間の体は自然に自分で治すようになっとる!
それを化学薬品なんかで治そうとするから 体がなまけて 弱ァなっていくんじゃ!
鳥居というのはお日さまの入口なんじゃ 真東を向いていて太陽の登ってくる場所を指示すものなんじゃ この前に立てばいつでも太陽の生気を受けることができるようになっとるんじゃ 古代の人は太陽の登ってくるときのエネルギーをここからもろうておったんじゃな
すべてのものを生かし いっさいを育ててくれる力強いエネルギー
みえないのじゃなくて みんなみようとしないだけ
ほんとうに大事なのは”病を治す”ことではなく ”健康を守る”ことなんだ 医者も薬もいらない状態をつくることのほうが大事なことなんだよ
真実はいつもあるのにみえないだけです
この前の世界にみな気づかないだけです
人間も『光』をつくりだせるようになりましたがそれは本物ではありません 本物の『光』は人間を傷つけることは しないのです
肉眼でみているものはこの世に存在するものの一部だということを覚えていてください
肉眼が視覚するのは光子物質のごく一部で実際に存在するものの1割も見ていないことになります それだけ眼の力というものの不確かなことを覚えていてください 感じる力を研ぎすましてください 今の100倍も『物』が存在していることがわかるでしょう
この日の本は『竜の脊骨』
神の宝を秘めておる
ひとは霊止なり
神の霊が肉体に止まりしものぞ
よって霊止は光透波を使うことができるのじゃ
ひとが神だったころ
『言葉』は『光透波』だったのじゃ
今は思いを伝える道具でしかない
 
ここは言葉だけだと分かりにくいので画面も。 f:id:librarian_kinu:20160203200650j:image
 
 
特におばあちゃんのこのヒトコトには、激しく頷いてしまいました(今のところこの巻だけの登場なのが惜しいくらいのいいキャラ
f:id:librarian_kinu:20160203200607j:image 
わたしゃ 今のままで十分幸せだよ!いうこと聞かなきゃ不幸になるような神さまなんてあるもんかい!
このシーンは、こう続きます。 
神さまはね 拝むものじゃないの 感謝するものなんだよ
キヌは今のところ精神世界にはアクセス出来ていないけれど。
この言葉だけでも、きちんと覚えておきたいと思ったのでした。
 
 
 
 

【無料メルマガはじめました】

メルマガ会員様の質問もとりあげる参加型メルマガです。

>>本はカラダの一部です♡のご登録はこちらから

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについて書いています。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつも有難うございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡