ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

買物71番勝負

2ヶ月前、ちょっといいなと思っていた男性とデートしていたとき。

彼のお買い物になぜか付き合うことになり(言っときますけど、場所はスカイツリーですよ!) 男物の服を延々見ている彼を見て、恋の粗熱が取れました。

 

キヌは服でもなんでもまず自分の直感ありきなので、自分で選ぶ前にプロでもない他人のアドバイスを求めること自体が理解できなかったのです。

キヌはパーソナルブックコーディネーターであって、スタイリストじゃありませんからね。選べるのは本ね、本。他人様の服なぞ、好き・嫌い・気持ち悪い以外の判断できませんから。

 

主体的にお買い物するの楽しいよってことで、本日はこちらをご紹介します。

買物71番勝負 (中公文庫)

買物71番勝負 (中公文庫)

 

あらすじはこんな感じ。

ひとつひとつの買物は一期一会の真剣勝負。こりゃもう、切った張ったの恋愛沙汰である----フードジャーナリストの著者が、出会ってしまっ た品々を愛を込めて綴るエッセイ。文庫化にあたり「その後の名勝負」を追加。 お買い物に便利な問い合わせ先一覧、メニューレシピ付き。

 

買ってよかった、手放せないものを綴るエッセイです。 

ものたちの魅力を表現する言葉が、また素敵なんですよ…いくつかキヌが揺り動かされたヒトコトをご紹介しますね。

(買ったものを)自分に合わせる作業は大事

とろとろに五感を溶かすショコラの魔法 

キカイはあれこれ器用じゃなくてよろしい。与えられた使命を愚直にせっせと果たす一直線な使い心地さえあれば、もうそれで。

オトナにしか楽しむことのできない甘さがあり。そこに、ぐらり。

永遠の恋を手に入れた気分。 

「機能的」とはつまり「むだのなさ」。

 

お買い物っていうのは、「自分の心を最大限にときめかせてくれるものを、自分の足で探し、自分の生活に取り入れる」行為だと思うのです。 

妥協の産物の残骸と日々つきあって暮らすのは勘弁だ。

 

ものは買った瞬間に、自分の人生とリンクします。

その分、時間をかけてじっくりと選びたいと思いました。キヌは最近、本以外の物欲がそこまでないので、大抵のものは 出先 DE 運命的衝動買い だけど(笑)

 

 

 

【無料メルマガはじめました】

ブログに書けないプライベート&リアルタイムのおススメ本情報を配信中。

>>本はカラダの一部です♡のご登録はこちらから

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡