読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

おきにいりと暮らすABC あるく・みつける・たのしむ

読み終わって、卒業することに決めた本をダンボールに詰めていたときのこと(こうしないとリアルに床が抜けます

ふと、昔は本と中々お別れができなかったなと思い出しました。

 

月に読む本150冊。

読了冊数を測り始めたのは去年ブログを開設してからなので、以前どのくらい読んでいたのかはわかりません。

だけど 月末になると決まってクローゼットの中の読んだ本が雪崩を起こしていた記憶 があるので、読むペース自体はあんまり変わってないのかもしれませんね。

 

昔は本を手放すことに罪悪感があったのです。

それが変わったのは、この本のおかげかもしれません。 

内容はこんな感じ。

人気イラストエッセイストがおきにいりの品々に囲まれて、すっきりと暮らす方法を大公開。みなさんのお役に立つヒント満載の一冊です。

MOEっ子なら誰もが知っている杉浦さやか先生の本。キヌも杉浦さやか先生の真似をしてコピックを買った時期がありました(キャー

 

この本ではトレードマークの素敵なイラストと共に、『うちに連れ帰らずにはいられないものたち』に囲まれた、シンプルな暮らしが素敵な文章で表現されています。

キヌが好きなのはこんなヒトコト。暮らし部分じゃないけど。

夢にまで見た、カスタードの海に、うっとりと身をゆだねました。

 

そこに、理想の本棚についての描写があるのです。

サイズダウンした棚の容量を超えないよう、循環させていかなくちゃ。どうしても手放せない昔と、今好きなものでできた本棚。大事に育てて行きたい。

この文を読んだときにハッとしたんですよね。

 

どうしても手放せない本は確かに大事。

だけど、手放してもいいんだけどとりあえずとっておこうって本が場所を取っていると 今好きなものを入れる余地が全くない なって。

それからは、未来のお気に入りの場所をつくるためにも、定期的に本棚の整理をしています。

 

これだけで面白いくらい情報が入ってくるようになるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

【無料メルマガはじめました】

メルマガ会員様の質問もとりあげる参加型メルマガです。

>>本はカラダの一部です♡のご登録はこちらから

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについて書いています。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつも有難うございます♡

応援クリック、いつも励まされてます♡