ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

透明なゆりかご

身近なグロ現象である採血が大嫌いです。キヌです。

最近はどこの病院でもベッドで寝たまま採ってくれるので助かります。

一度近所の病院にかかったとき、「採血くらいで大袈裟ねぇ〜大丈夫よ!ちゃちゃっと採りましょ!ハイ腕出して!」と先生に言われ、採血15分後に道端で動けなくなってから は意地でもベッドで採血してます(笑)

 

そんなこんなでこの作品も読むまでにかなり勇気が要ったんですよね。全然グロくなかったんですけどね。

透明なゆりかご(1) (KC KISS)

透明なゆりかご(1) (KC KISS)

 

あらすじはこんな感じ。

看護学科の高校3年生の×華(ばっか)は母親のすすめで産婦人科医院の見習い看護師として働くことになる。中絶の現場やその後処置を体験して一時は辞めそうになるが、出産の現場に立ち会い、生まれる命の力強さに感動し、仕事を続けていく決意をする。「多くの人に教えたい、読んでほしい」回を追うごとに読者からの反響が大きくなっていった感動作、いよいよコミックスで登場! 

 

人工妊娠中絶に関するお話なので、個人的には無理して読まなくてもいいと思います。

キヌはまだ中絶の経験も出産の経験もないから読めたのかもしれないし。あーでも、中高生くらいの子にはちょっと読んでおいてほしいかな…たくさんある「現実」のひとつとして。 

 
キヌがぐさっときたヒトコトはこんな感じ。
90年代の日本の3大死亡原因は?
ー ほんとうの第1位はアウス(人工妊娠中絶)だから 
この世に出てきて
「おめでとう」って
言ってもらえない子が
こんなにいるなんて思わなかった
いつか
またこの世界に戻ってきたら
今度はずっとここにいられますように
乳児のちっ息死は少なくない
その5割は添い乳だと言う…
赤ちゃんは「生きるかたまり」
命そのものなんだ
正しいことじゃないのは分かってる
他に方法もあったかもしれない
でも本当に育てられなくて
殺してしまうぐらいなら
誰かに託してくれたほうがいい
ボクはねそう思うんだ
だからボクは こう思うようにしてる
”次に自ら望んだ妊娠ができるよう
最低限 体に負担のかからないための手術”をしているー
中絶も分娩もボクにとって同じことなんだ
新しい命を生むためにやっているんだー

 

一番ぐさっときたシーンはこちら。 

f:id:librarian_kinu:20160224221421j:image

ウソでもいいから
「産んでほしい」って 言ってほしかったー…
 
中絶の中で一番女性が絶望するのは
「相手が産ませてくれなかった」時なのかもしれない

 

キヌも生物的な雌として赤ちゃんを宿す機能を持って生まれてきたわけですが、タイミングは慎重に考えたいと思います。親として用意してあげられるものなんてほんと「環境」しかないからな…

 

 
 
 

【無料メルマガはじめました】

メルマガ会員様の質問もとりあげる参加型メルマガです。

>>本はカラダの一部です♡のご登録はこちらから

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについて書いています。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつも有難うございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡