ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

経沢香保子の夢を叶える読書術

よく「なんでそんなに本を読むの?」と聞かれます。

…なんででしょうね?

キヌにもわかりません。だって気付いたときには本読むの大好きだったし。

なんでかよくわからないけど、小さな頃からずっと続けているもの。それをやっているとワクワクして楽しくて、1日何時間でもできるものってありますよね。

 

本日は、読書の魅力をよく説明しているなと思うこの1冊をご紹介します。

経沢香保子の夢を叶える読書術

経沢香保子の夢を叶える読書術

 

内容はこんな感じ。

本とは、自分を磨く、成長させてくれる上司のような存在。人物系からノウハウ系、コンサル系、小説やマンガまで、会社の経営者である著者が、面白くて、読みやすく、すんなり頭に入ってくる役立つ「黄金の本」を紹介。

 

このヒトコトを読んで、買付けを決めました。 

悩んだらまず、本屋さんへ行きます。

そして目に飛び込んできた背表紙を見て、ピン!ときたものを買いあさります。

その中から私にとっての「黄金の本」が見つかるのです。

超共感。

キヌは相当、本にお金を使っていますが(1ヶ月約10万円)なにもむやみやたらに買付けているわけではなくてですね。

パッと開いた1ページを読んで、好きなら買付ける という方法をとってます。

 

ちなみにキヌがこの本を買った理由はこのヒトコトが目に入ったからでした。

富士山は日本一高い山ですけど、二番目に高い山って、誰も覚えてくれないでしょう。それと同じです。

二番ってみんな覚えてくれないのです。

一番になるポイントが何個かあれば、すごく光るというか覚えてもらえます。

  

他にも本を選ぶこと&そして読むことへの愛を感じるヒトコトがあったのでご紹介しますね。 

私にとって、本は、自分を磨くもの、成長させるもの。だからビジネス書は、自己投資。読んだら理解したことを実行します。

だから、1ページでも必要な箇所があれば、購入しますし、買った本は、即日に、読みあさります。

本が素晴らしいのは、人の経験を買えるということだと私は思います。

私にとっての本の選択基準は、

エンターテインメント×成長

つまり、「楽しく学べる」ということなのです。

まあ、キヌは買付けて即日読むってことまでは現状できていないんですけど(笑)

今は、その日自分が読みたいなと思った本を、読みたい分だけ読んでいます。すっごく楽しいので、おススメです。

 

気分によって読みたい本も、気になるヒトコトも気になるからほんと不思議。

ちなみに、起業に関心のある今はこんなヒトコトが気になりました。

世の中をよくしていくとか、起業する、改革していく人というのは、既成概念を壊して新しいものを作っていくものです。

誰も気が付かなかった政界。それを世の中の新しいインフラに変えていくのが、本当の経営者なのだ。

「ないように見えてあったもの」、「あったのだけれど見えてなかったもの」を、本当の経験者なのだ。

 

自分が悩んでいることの答えを知りたくて、毎日本を読んでいるのかもしれませんね。

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

この本で紹介されていて、キヌが探して&読んでみようと思ったのはこんな本です。

氷点(上) (角川文庫)

氷点(上) (角川文庫)

 
1R(ワンルーム)男~28歳の社長、上場物語

1R(ワンルーム)男~28歳の社長、上場物語

 
男前経営論―ピーチ・ジョンの成功哲学

男前経営論―ピーチ・ジョンの成功哲学

 
愛と勇気 Forever

愛と勇気 Forever

 
小倉昌男 経営学

小倉昌男 経営学

 
かもめが翔んだ日

かもめが翔んだ日

 
生き方―人間として一番大切なこと

生き方―人間として一番大切なこと

 
道をひらく

道をひらく

 
売上2億円の会社を10億円にする方法 業績アップの「設計図」、教えます。

売上2億円の会社を10億円にする方法 業績アップの「設計図」、教えます。

 
経営者になる 経営者を育てる

経営者になる 経営者を育てる

 
あなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケティングでお客をつかむ

あなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケティングでお客をつかむ

 
千円札は拾うな。

千円札は拾うな。

 
東大コーチ。―僕を君のポケットの中に

東大コーチ。―僕を君のポケットの中に

 
人生ゲーム―ある朝ぼくの会社がなくなった

人生ゲーム―ある朝ぼくの会社がなくなった

 
手紙 (文春文庫)

手紙 (文春文庫)

 
コスメティック (小学館文庫)

コスメティック (小学館文庫)

 
噂 (新潮文庫)

噂 (新潮文庫)