ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

はじめてのひと1

お仕事のほうで軽く読める恋愛もの、というオーダーが来たときは必ず探す谷川史子先生作品。新刊もすっごくよかったので、こちらでご紹介します。 

はじめてのひと 1 (マーガレットコミックス)

はじめてのひと 1 (マーガレットコミックス)

 

あらすじはこんな感じ。

おとなになっても、たくさんの“はじめて"がある

はじめて好きになったひと はじめて憎んだひと はじめて執着したひと はじめて私を傷つけたひと はじめて私を愛してくれたひと

みずみずしい気持ちを描いた読みきりシリーズ、刊行開始!!

何がいいって読み切り(よくよく見ると登場人物たちがちょこっとずつ繋がっているのですが)形式なのがいいですよね。乗り換えの多いOLには嬉しい仕様。乗り換えるために本を閉じるたびに、前の話が少し曖昧になっちゃうんだもん。

 

谷川史子先生らしく、やさしくて感覚的な言葉で綴られるモノローグが大好きです。この本の中で好きなのはこの2つ。

心と体のいちばん無防備でやわらかいところを

全部さらしてゆだねる

心から好きな人となら

こんなにしあわせなことがあるだろうか

私たちはこれから

かみしめて涙ぐむような幸福と

共にいるからこそのさみしさを抱える

それでも 一緒にいたい

そう思わせてくれたはじめてのひと

最近自分の感覚に合う恋愛もの読んでないなという大人女子に、特におススメです。 

あまり漫画漫画していない絵柄なので、あまり漫画になれていないひとでもサラッと読めますよー

 

続き物なので続刊が楽しみ♡

キャラクター表などはこちらに載ってます。

cocohana.shueisha.co.jp

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡