ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

雑貨・服 イギリス買い付け旅日記: 英国製にこだわってStill Made in Britain

大学1年生のときに3週間滞在してから、すっかりイギリスの虜です。

ときどき無性に恋しくなるのですが、実際に行くとなるとなかなか時間もお金もかかるので、もっぱらバーチャル旅行(という名の読書を)しています。

 

今回はこちらの本をご紹介。 

雑貨・服 イギリス買い付け旅日記: 英国製にこだわってStill Made in Britain (単行本)

雑貨・服 イギリス買い付け旅日記: 英国製にこだわってStill Made in Britain (単行本)

 

内容はこんな感じ。

イギリスのカントリーサイドで自然に囲まれながら丹精こめてつくった製品が、作り手の手を離れて、東京・吉祥寺のギャラリーに並ぶまで。そこにこめられたストーリーを、もっと知りたいと思いました。

どうやって数ある品々の中から、ほかのショップには並んでいない魅力的な商品を選び取ってきたのか。

そこに至るまでの試行錯誤や失敗など、表面には出てこないことも全部ひっくるめて、ほかではあまり詳しく書かれていない井形さんのこだわりや気持ちの部分をもっと知りたいと思いました。

それには、日記形式で当時の正直なお気持ちを書いていただくのがいちばんふさわしいと思いました。

それがこの本ができるきっかけとなりました。

 

 

どうせ着るなら(使うなら)人の手で真摯に作られたものを選びたい。

キヌ自身も、この欲求が年々強くなっています。

もっといえば、身の回りに置くものすべてをそうしたい(笑)

 

キヌは(趣味レベルではあるものの)ものを作るのも大好きなので、著者の井形慶子さんが集めた作り手さんのことばが、とても深く心に響きました。

「私の服は、その価値のわかる人の手に渡ると信じているから」

「シルクやコットンはタンパク源。虫の大好物なのよ。それがさ、100年以上の時を経ても、なお服として残っているってすごいことよね」

「メジャーになりすぎてオリジナリティを失った、ローラ・アシュレイのようになりたくない」

 

価値のある商品。自分の時間を割いてでも、大事にしたいと思う商品。

キヌもそんなたからものをひとつずつ集めていけたらいいなと思っています。

一度買った人が、「家族の分も」「自分用に色違いを」とリピートしてくださる。本物の商品力とはこのことだ。 

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

この本によると、カシミアセーターって自宅で洗えるらしいですよ。

いつかの時のために、一応方法を書いておきますね。

「カシミアセーターを裏返しにして、35〜40度のお湯で洗い、水気をきり、机の上に広げること。ハンガーにかけて乾かす人もいるけど、吊るしたら伸びる。水を含むとカシミアは重くなるからね。90%以上のスコットランド人は、カシミアを持っているけど、皆自宅で洗ってるんだよ」 

 

 他にはこちらの本もご紹介しています。

librarian-kinu.hatenablog.com