読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

成功の神はネガティブな狩人に降臨する――バラエティ的企画術

最近、自分の企画(やりたいこと)ができていないな と思ったときに思い出す本があります。 

成功の神はネガティブな狩人に降臨する――バラエティ的企画術

成功の神はネガティブな狩人に降臨する――バラエティ的企画術

 

内容はこんな感じ。

「さんまのスーパーからくりTV」「金スマ」「EXILE魂」など人気バラエティ番組を手がけてきたTBS“天才”バラエティプロデューサー・角田陽一郎、通称「角P」が頭の中を大公開! 会社内の企画会議で自分の企画が通ったことがほとんどないという角P。しかし、別の方法で、しかも会社の中で、自分のやりたい企画を次々実現させてきている。そんな異色のプロデューサーが放つ、敵をつくらず、未来をつくる、仕事が楽しくなる企画術を全て盛り込んだ、未来に一番乗りするためのビジネスバイブル。

 

この本の割と冒頭に、こんなヒトコトがあるのです。

(今まで企画がカタチにならなかったのは) 「他人がこの企画を受け入れてくれなかったから」なのではなく、「自分のほうにそれを”カタチ”にするだけの準備ができていなかった」

自分の中でそのスキルが備わったり、周りの環境がスタンバイできてくると、やりたいことのほうがこちらに向かってくるんじゃないかと思えるのです。

つまり、「夢を叶えるための行動をとっているか?」ということ。

この本を読んでから、うまくいっていないように思える期間は準備期間 だと思うようになりました。

アスリート的にいうとオフシーズン。

例えばキヌだったら、興味のあることを実際に経験するとか、そのときに感じたことを文章にするとかね。

夢を実現するために必要な武器を磨いている期間なんだと思えば、停滞期も辛くない。

 

キヌ的にぐさりときたのはこちら。

人が「◯◯はつまらない」というように、ある作品を評価する行為は、「この作品のダメなところがわかった」という、「自分にはそこに気付く能力がありますよ」と主張したい、”知的に見せたいポーズ”に過ぎないのではないでしょうか、

ある作品を仮につまらないと思っても、それは、その時の自分自身が、まだそのおもしろさに気付くだけの”出会い”をしてこなかったのかもしれないし、もしかしたら、それをおもしろがる”素養”が無いだけなのかもしれません。さらに言えば、その作品をおもしろがるだけの”想像力”が無いだけなのではないか?

つまらないって判断するのはいいと思うんです。

でもともするとこの言葉、自分の身体で経験しない言い訳 にもしてるなって。 

せっかく身体を持って生まれてきたんだから、つまらないも面白いも自分で判断したいですよね。

 

他人の”おもしろい”は無条件に受け入れる!

他人の”つまらない”は全く信じない!

この言葉を胸に、今日も行動したいと思います。

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

ヒトコト図書館の館長(忘れてたわそんな設定)としては、読書に関するヒトコトも見逃せない…ということで、引用しておきます笑

読書というのは自分のあったことのない、またはたぶん会うことのない、それこそ世界中のあらゆるところで、あらゆる時代で、いろいろな人生を送ってきた人々の考え方と直接コンタクトができる受信機なのだと、その瞬間気付かされたのです。

 

この本を読んで、読んだ本はこちら。

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

 

とてもいい本だったので、早くみなさんにご紹介したいです。