読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

海月姫【現在16巻】

この夏は、水族館によく行きました。

そこにいるのが魅惑のコイツですよね。くらげちゃん。 f:id:librarian_kinu:20160817091652j:image

別に近所の川にもいるんだけど、水族館の整備されたアクリル水槽の中でライトアップされているのは格別。

 

これを見るたびに、あの本を紹介しなくちゃ…って思ってたんです。

というわけで本日はこちらをご紹介します。

海月姫(1) (Kissコミックス)
 

あらすじはこんな感じ。

男子禁制の共同アパート、天水館。そこで暮らすオタク女子たち、通称・「尼~ず」。彼女たちが出会ったのは、美しすぎる女装男子だった!

危機にさらされた天水館での暮らしを守るため、異色のタッグがファッション業界を駆け抜ける!

 

東村アキコ先生作品といえば、卓越したギャグでおなじみですが 

しかし一国の総理大臣がハゲってどういうことですかい
まずお前の毛根の底力を引き出してほしい件について
 
多分これをつらつら列記しても面白くないので笑
キヌの心にぐさっとささったカッコイイ系のヒトコトを列記しますね!
インドにこんな諺があんねん
「愛は通り過ぎ逃げ去る風である」
照れくさいからってはぐらかしたりごまかしたりしてやな
傷付くことから逃げとったらな
愛なんて風のようにあっという間になくなってまうで!
every girl can be a princess
女の子は誰でもみんなお姫様になれる
どこにいようと
どんな遠くに行こうと
オレはあいつを捕まえる
あのドレスのおかげで
ほんの一瞬だけど
素敵な夢が見れた
 
おしゃれな人達って
あの夢みたいな瞬間のために
お金を払ってるのかな 
女性は
本物に触れると
あっという間に
美しく変身する
Clothes make the man 服装が人を作る
ええねん
いい女ってのは常に
ああいうバカな男を2〜3人飼ってるもんやねん
ああもう、ニーシャ好きだよニーシャ…
東村アキコ先生の作品らしく、次々に出てくる登場人物がそれぞれいい味を出しているのももちろんながら
生まれながらにして「おしゃれでいなければならない」という命題を背負わされた女の子たちの苦悩が描かれているところが素晴らしいです 
 
おしゃれさんでなくても
変だと思われなければ
それでいいんです…
 
あの広いデパートで 毎回新しい服を探す苦しみから解放されるのなら
私は 買うと 思います
明日
何を着たらいいのか
わからない女の子
 
まあ、いまのキヌはおしゃれ大好きなんですけどね!
半分くらいコスプレだと思ってます。いい女風とかLAガール風とか。
 

 

ファッション業界の裏事情も垣間見える作品なので、おしゃれさんもそれ以外に興味があるさんもぜひ読んでみてください。

日本では色や柄があるデザインが売れにくい
 
「日本人はみんなと一緒が一番安心」
日本では洗練された大人の女性ほど
周りから「浮く」ことを嫌う
つまりカイ社長ふうに言えば…
「金を持ってる奴ほどつまらない服を着てる国」
あなたたちはだまされてるんです
最近のアウトレットは「ファクトリー・アウトレット」の商品のほうが多いんですよ
アウトレット用の商品のことです
アウトレットで売るだけのために
低コストの商品を作って大量に並べるんです
在庫を処分する費用だって 服の値段に含まれてるんですから
 
下記、特設サイトで試し読みできます。
 
 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

イケメンすぎる蔵ぴょんと

f:id:librarian_kinu:20160519085149j:image
わかれよ
どんな格好してようと
カツラ被ってようが
覆面マスク被ってようが
自分が惚れた女だろ⁉︎

jerry fishのお洋服と、今後の展開が楽しみです。