ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

空の冒険

旅行が大好きです。キヌです。

f:id:librarian_kinu:20160827075412j:image

ほんと、いつ見てもこの景色はワクワクするよね♡

ANAに乗るときは機内誌(&車内販売誌)を熟読するのですが、この間の夏休みに旅行に行ったときはJAL便だったのでこちらの本を読みました。

f:id:librarian_kinu:20160827075435j:image

 

ちょっと画像が暗いのですがこちらの本。

空の冒険 (集英社文庫)

空の冒険 (集英社文庫)

 

ANAの機内誌『翼の王国』での連載をまとめたものです。

実はリアルタイムに読んでいたのですが、

機内誌連載なので 飛行機に乗らない月の内容はわからない わけで、ずっと気になっていたんですよね笑

結果的にはキヌが読んだ内容はなかったんですけどね。この本は連載をまとめた本の第二弾だと書いてあったので、もしかしたらキヌが読んだのは第一弾に収録されているのかも。

 

内容はこんな感じ。

失業してつらい時に胸に浮かんだ憧れの人。7年越しの恋人から急に別れを告げられ、訪れた場所は……。人生の一場面を鮮やかに切り取った短編12編と、様々な国をめぐった11編のエッセイ。

 

自分がリアルタイムで読んだのがエッセイ部分だったからか、エッセイ部分がささりました。

ブータンの)ある村で電気工事の話があったらしい。しかし電気を通すと、ツルが来なくなる。

村人たちが出した答えは、「電気はいらない」というものだったという。

選ぶという行為は、とても贅沢なことだと思う。そしてその選んだ何かに、その人の豊かさが現れるのだと思う。

口にした何もかもが新鮮で豊かだった。

耳にした何もかもが素朴で温かかった。

そして目にした何もかもが美しく生き生きしていた。

 

旅には、先入観に彩られた自分の常識を塗り替える効用がある気がしています。

キヌ自身も旅は大好きでテロが各地で頻発する前はよく行ったのですが、実際に足を運んでいろんなものを見聞きすることで、自分の世界がじわりじわりと広がっていく感じが好きでした。

 

もちろん、飛行機という 高所恐怖症のキヌにとっては非日常的な空間 も好き。

空で読むために作られた不思議な雑誌

また、その不思議な雑誌をぱらぱらめくる日を、夢見ています。 

次はどこに行こうかな♡

 

空は、神様に近いぶんだけ、きっと願い事も叶いやすい。

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡