ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

少女 新装版 【1巻完結】

映画の看板を見て気になっていた湊かなえ先生の『少女』。

どうしよっかなーでもグロかったら1週間くらい立ち直れないしな…と思っていたところにコミカライズ版を見つけたので迷いなく手に取りました。

少女 新装版 (デザートコミックス)

少女 新装版 (デザートコミックス)

 

あらすじはこんな感じ。

「死」を見たい。それぞれ「傷」を抱える敦子と由紀。2人は突然、ある生徒から声を掛けられる。「人の死って、見たことある?」その一言が2人の夏を大きく狂わせ……!? 「死」を通して力強く「生」を描いた珠玉の感動作! 累計100万部突破の湊かなえ作品、コミカライズ版が新装版で登場!! 『「原作者」なのに……思わず、泣きました。』――湊かなえ

なんだろう、このあらすじの『夏の庭』感。

夏の庭―The Friends (新潮文庫)

夏の庭―The Friends (新潮文庫)

 

と思っていたのですが、全然違う話でした。あたりまえか。 

 

この作品を読んでいる間、青春時代というか自分がすごく閉じていた時期の暗中模索感をひさびさに思い出しました。

おっさんはわたしに似てる そっくり 嫌われないように ダメ人間だって思われないように 集団から迫害されないように 毎日一生懸命だ

 

自分が今感じている不安も孤独も、きっといつか笑い話になる。

そう、このヨルさえあけたなら。

 

キヌも未だにロープの上を歩く感覚を味わったりしますが、いつかヨルが開けると信じて、前を向いていきたいと思います。 

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

ネタバレになるのでここに隠しておきますが、このヒトコトがとても好きでした。 

あんたがそれほど不幸だと言うなら わたしとあんたの人生を そっくりそのまま入れ替えてあげる それに抵抗あるうちは あんたはまだ不幸じゃないよ

ここまで言ってくれる友達がいるなら、不幸じゃないよね。