読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

お水の花道【完結:全15巻】

小さい頃は宿題をやりながらドラマの再放送を見ていました。キヌです。 

お水の花道』もそのひとつ。

お水の花道(1) (全力コミック)

お水の花道(1) (全力コミック)

 

それがこの間 LINEマンガで連載していて、懐かしくなって全巻買付けして読みました。というわけで本日はこちらの本をご紹介します。

 

あらすじはこんな感じ。

花の命は短くて、それでも咲かなきゃ女が腐る。28歳ガケップチ咲かせてみせますお水花――。かつてはNo.1、現在はガケップチホステスの明菜が、六本木の「CLUB PARADAISE」を舞台に魅せる、お水道!

いつの間にか、明菜と同い年になっていたことにキヌが涙したのはここだけの話。ドラマではもうちょっとおねえさん、確か30歳って設定だった気がするんだけど。

 

当時は疑似恋愛を同時に複数件成立させるという「お水テクニック」に興味があってドラマを見ていた記憶があるのですが、今こうして原作を読んでみたら普通の仕事にも共通することがあるなと思ったり。

お客さまからいただいたお名刺なんだけど
忘れないうちにだれといらしたか特徴どんな会話をしたかヘルプはだれか
思いついたことすべて記入しときなさい
それと!必ず明日中にそのお客さまに電話を入れること!
覚えてもらってるうちに一度声を聞かせておくことが大事なの

(お客さまの名前を)教えていただいたら 何度も繰り返し口に出すようにしてるわね

ふだんから「お客さん」じゃなくて
「お客さま」って言うようにしなきゃダメよ
いつどんな時にそれが出ちゃうかわかんないんだから

 

自分の立場や仕事そのものに悩む部分に心を掴まれたりしました。

これは多分、キヌ自身が成長して仕事をするようになったからですね。

みんながみんなやりたい仕事をできるわけじゃない……
きっと続けてくってことが”やりがい探し”みたいなもんなんだよね……

経営者と従業員の考え方や思いが決して交わることはありません……
交わってはいけないんです
現場の人間にしかわからないことそれを客観的に見る目
どちらも必要ですから

 

きっと親になったら、今度はこういう部分がささるんだろうな…

バカか?おまえは
親が子供ば
尊敬されたくて
育ててるわけあんまい!?
”子供は親の背中を見て育つ”なんていうけど
親は見てほしくて
子供ば育ててるわけじゃないの!
ただただ一生懸命生きてるだけ!
その姿を子供は見てどう感じるかはその子供次第だべ
んねのが?

 

読んでいる自分のいまの立場によって、いろんな読み方ができるのが本のいいところ。この本を読んでいて、しみじみそう感じました。

 

ちょっと古い本なので懐古シーンにちょっとした違和感(ヤンキー時代の明菜のスカートが超長い)を感じるかもしれませんが笑

ご紹介したヒトコトの中でぐさりとくるものがあれば、ぜひ手にとってみてくださいね。 

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

お水関係ではこんな本も紹介しています。 

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com