ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

グランマの憂鬱【現在1巻】

どこかの記事でも書いた気がするのですが(もはや思い出せない)、キヌは相当のおばあちゃんっ子でした。

実祖母にはべったりだったし、魚屋のおばあちゃんのとこに2日に一度通ってた時期もあるし、クリーニング屋のおばあちゃんとはなぜか一緒に皆既日食を見たしね。おばあちゃん運には恵まれています。 

 

というわけで、なんとなく気になったのがこちら。 

グランマの憂鬱(1) (ジュールコミックス)

グランマの憂鬱(1) (ジュールコミックス)

 

表紙の色使いもとても好き。あらすじはこんな感じです。

花のあすか組! 」の作者が贈る全く新しいヒーロー漫画! こんなカッコイイおばあちゃん見たことない!! 

閉鎖的な百目鬼村を、先祖代々から取り仕切る女総領・百目鬼ミキ。彼女は、一緒に住み始めた孫の亜子の将来が少し気になっていた。最近、村では「オレオレ詐欺」が頻発していた。おばあちゃんは、その鋭い洞察力で、犯人は村から都会に出た優也ではないか、と睨んでいた…おばあちゃんが毎回放つ、入魂の一喝を読むとスッキリします。

なんかこの設定のままお昼のドラマになりそう。それかNHKのドラマ。

 

どの作品でもそうですが、おばあちゃんのヒトコトはなんていうかこう、重みが違いますよね…

キヌが好きなのはこんなヒトコト。

おまえさんとあたしはいいコンビだと言っただろう?
いいコンビってのは 一人一人がちゃんと歩いてる者同士を言うんだ
おまえさんはずーっとくっついて一人で歩いていないよ? 

おまえさんの年頃で
友達 友達と必死でおかしくてねえ
友達なんてもんはもっと年を取って
気がつけばとなりにいるから安心しなさいよ

嫁と姑が仲良くなる必要なんかないですよ
うまくいってる程度でよしーとしなくちゃ

悩んでいるときって、見ている視点が狭い範囲に固定されていることが多いんですよね…だから、違う視点を持った人にアドバイスを求めるとすぐに、解決の糸口が見つかったりする。

適任者が周りにいないよって方にはこのコミック、おすすめです♡

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡