読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

なぜデンマーク人は初任給でイスを買うのか?―人生を好転させる「空間」の活かし方

初任給で何を買いましたか?

キヌはと言うと、かれこれ5年も経つので、何を買ったかもうすっかり忘れ ました笑

たぶんTiffanyのネックレスだと思うんだけどな。

 

だからなのか、とっても気になったこの本。 

なぜデンマーク人は初任給でイスを買うのか?―人生を好転させる「空間」の活かし方

なぜデンマーク人は初任給でイスを買うのか?―人生を好転させる「空間」の活かし方

 

思いっきりタイトルに書いてある気もしますが、内容はこんな感じです。

「世界一幸せな国」(世界幸福度報告書2013調べ)とよばれるデンマークでは、多くの人が初任給が入ったときに「イス」を買うといいます。

「楽しみにしていた初任給で、なんでイスなんか買うんだろう?」

多くの人がそう思われることでしょうが、本書を読み進めていただくと、その理由がわかります。

空間を変えると暮らしと心が豊かになる―ー。

「身のまわりから人生を好転させる」まったく新しい1冊が誕生しました。

 

最近そのシンプルかつ洗練された暮らしが大注目!されている北欧の国、デンマーク

 

この本では

多くの人が、初任給でイスなどの家具やインテリアを買う

など、
デンマークの人が自然と実践している「普段の毎日をワンランクアップさせることで、人生そのものを豊かにしていくコツ」が紹介されています。

デンマークの人々にとってのイスは、ただの道具ではなく、時間とお金をかけるべき、「大切な場所」なのです。 

自分や大切な人が快適に暮らすための空間にお金を使う

空間=暮らしの質=心の豊かさ

 

キヌも家具は大好きだったのですが、それは単純に外観が好きというだけで。

自分(プラス、大好きな人)が過ごす空間のためにお金を遣っているという認識はありませんでした。

 

人生は毎日の積み重ね。 

毎日の大半を占めるお家の環境を、もっと自分に「ちょうどよく」整えていきたいと思います。

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

特に影響されたヒトコトについてもご紹介しておきますね。

部屋に入ってきたときに目線にあり、さらに目的を持って見る、だから時計に気を遣わねばならないのです。 

職場のデスクに置く時計を百均で済ませようと思っていたのですが、もう少しきちんとしたものを探そうと思いました笑

 

手が乾燥している人のために、(洗面所に)ハンドクリームを置いて

そろそろハンドクリームを塗る習慣をつけたいと思っていたので。手を洗ったら保湿!からやってみたいと思って。

 

あとはこのヒトコトが意外でした。

(海外では10階以上の空間であれば)北向きの部屋のほうが人気なのです。理由は直射日光が入らないからです。つまり、家具が痛まないということです。そして景色が美しく見えるのです。

 確かに陽に当たるとそこだけ塗装が変色したりする気がする…日当たりのいい部屋に置いているお気に入りの椅子、やっぱりきちんとカバーをかけよう…