読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

女子の魂!

雑誌は読み方がわからないのでめったに買わないのですが、コラムは大好きです。特に対談形式のやつ。

 

ということで、本日はこちらの対談本をご紹介します。

女子の魂! ジョシタマ

女子の魂! ジョシタマ

 

内容はこんな感じ。

類まれなスピリチュアルパワーにあふれた日本を代表する作家とニッポン女子の救世主による雑誌「Hanako」のスリリングな人気連載がここに復活!

さらに、悩み多き「いまどき女子」を救うにはまだまだ足りない、と迫り来るサバイバル時代を生き抜くための、備えるべき「魂」の鍛え方について徹底的に話し合った。みんな、持って生まれた自分なりの「役」を生きよう!古い価値観にとらわれない新しい自立をしよう!

これからの時代のカギは、女子たちが握っている。

 

好きなブロガーさん × 好きな作家さんの対談本という、キヌ得な本。

発刊(2010年)から随分経ちますが、今読んでもなお面白いです。

 

対談本と書きましたが、1回ごとに書き手が変わる往復書簡形式なので、好きなヒトコトも書き手で分けてご紹介しますね。 

 

【蝶々】

いやいや、わかってます。ココ、ガールズHanako。そして私は、自分勝手で食えない女。 

私は女子だし、怒るのはいや。この身には苦渋ジワとか胆汁ジミより、楽しい時間や美しい景色、優しい気持ちを堆積させたーい。…だってブスになっちゃうし。

NYでもハワイでも世界のどこでも、日本人の女の子はすぐわかる。姿勢が悪くて凹凸薄くて、だいたい群れてる。

育ちもカタチも成り立ちも、ハイカロリーなな自分のせい。

心のあり方が、形にも質感にも出るの。

 

よしもとばなな

祭囃子が血の中に?

本来温泉ってふとんとかごはんとかじゃなくって、そこに沸いてるエネルギーにつかりに行くんだもんね。ばっちりでしたね。

やっぱり自分の歩くところみんなお花を咲かせる気持ちでないと、これからの女子はだめね。大地を癒して、自分もばっちりチャージして、彼氏もダンナも元気にして、きらきらでないとね! 

人生は「役には立たんけど華やかなもの」のためにもあるのだ。

そしてものを書く人にいちばん大事なのはどこにも属さないことだ!どこに行ってもなんか浮いていることだ!切にそう思います。

私は、自然に生きれば生きるほど、人は、展開が速くなると思うし、周囲の誤解も多くなるけれど、本人は驚くほど多くのことができると思う。

それぞれみんなが面白くて、一点でつながれればいい。

 

まあ正直、なんのこっちゃ?って感じかもですが笑

 

1行でもピン!ときたら読む価値あり。

キヌはそう思っています。

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

本のテーマとはあまり関係ないのですが、吉本ばなな先生の蝶々先生への視線があたたかくてほっこりしました。 

「あ、もしかして晩ご飯まだじゃない?なにか頼まなくちゃ、すいませーん、お店のおすすめで少しおなかにたまるものをください。私たちにはおつまみになるものを!」

気づいてから行動するまでが速くてきれいだから、ちょっと感激しちゃうんだよね。

人のために自分のために、気分のいいことはさっとやるっていうのは、なかなかできないことだと思います。すてきです。 

どこの誰がなんといっても、このねえさんだけは言い続けるぜ!蝶々さん、そのままでいていいよって。

 いい関係の人との間には、いい言葉が生まれるんだよね。 

 

吉本ばなな先生の本は下記、

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

 

そして、蝶々先生の本は下記でもご紹介しています。 

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com