ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法

なぜか家のPCからはてなブログエディタにつながらないという事態が続いているため、

ウィークデーに携帯のメモに書きためたものを、土日ネカフェで編集する

みたいな日々が続いています。キヌです。

友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法

友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法

 

内容はこんな感じ。

「つながり」についてこんな研究データがあります。

・「つながり」が少ないと死亡率が2倍
・お見舞いにきてくれる人の数で余命が変わる
・孤独は喫煙より身体に悪い
・作り笑いでも、寿命は2年延びる
・同僚があなたの寿命を左右する

「つながり」とは平たく言えば人間関係のこと。あなたの前に座っている同僚、しばらく連絡を取っていない中学校時代の同級生、犬の散歩の際に挨拶をかわす近所のおばあさん、故郷の両親、そしてあなたの配偶者・・・。

実はその「つながり」が、あなたを健康のために極めて大切な存在だったのです!

そう言われてもすぐにはピンとこないかもしれません。

本書では、予防医学研究者の石川善樹が、国内外で行われた数多くの研究を例に挙げながら、健康にとっての「つながり」の重要性を面白く、わかりやすく解説していきます。

読後には、同僚や旧友や配偶者が、いままでとは全く違った存在に見えてくるはず。人生100年時代の“健康力"のカギを握るのは「つながり」に他ならないのです!

 

キヌが気になったのはこんなヒトコトです。

男子校出身者は未婚率が高く、短命である。
①女性と知り合う機会が少ない
②数少ない女性を争ってストレスが増える

おしゃべりでコミュニケーションが上手な女性

 

この2つだけじゃどんな本かわかりませんよね。

そうですよね。

 

 

 

…でね、何が言いたいって、携帯のメモがこの2つしか残ってなかったってことなんです。

どこいった必死に打ち込んだ(ハズ)の文章!!!

 

見つかって(気力があったら)追記します。

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡