読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

浮気とは「午前4時の赤信号」である。 - 幸せな結婚と恋愛のリアル法則 -

年齢も年齢なので「そろそろ結婚したい」という相談をよく受けます。

そんな婚活女子におススメしているのがこの本。 

内容はこんな感じ。

今年2016年は、ベッキーゲス極・川谷に始まった、史上空前の「浮気」「不倫」の年でした。
これから結婚を考えている独身のあなたにとっても、すでに結婚している既婚のあなたにとっても、「男の浮気」というものは目を背けてはならない永遠のテーマ。「男がなぜ浮気をするのか?」「浮気にどう対処したら幸せになれるのか?」。これらの謎について、鬼嫁に怒られながらも浮気し続ける、売れっ子放送作家の著者がリアル体験を踏まえてコミカルに語る本書が明らかにします。「これを読んでいたら離婚しなかった…」と西川史子先生も絶賛!

 

結婚したいって言っているだけなのに、どうして浮気対策の本をすすめてんの?と思われそう笑

でもね、結婚が「男にいかに決断をさせるか」っていうものである以上、男性心理を把握しておくことってかなり大事だと思うんです。

「結婚というのは、たとえるなら、家にある冷蔵庫の材料で作る料理だと思うんです。思い描いてレシピ通りの料理、つまり理想の結婚を作ろうとすると、あれが足りないこれが足りないってなって、なかなか料理を作れなくなっちゃうでしょ?料理上手に限ってレシピ通りあれこれ揃えようとして、揃わないと結局作らない。または美味しくないのは材料が揃ってないから、なんて言い訳する。
これ、なんとなくわかりますよね?」

「その状態が、いまのみなさんがいうところの”いい人がいない””まだ独身”の現状なんです。しかし、家庭の冷蔵庫に今入っている材料で何を作ろうか、と考えるのが、幸せな結婚だと、僕は思うんです」

 

結構いいたいことを言われてますが笑

でもこれよくわかる。

特に少女漫画(ハーレクインロマンスでも可)を読んで育ってきた女性は、結婚の理想がエベレスト並みに高くなってますからね。

 

この本では、女性の結婚できない理由が男性目線で書かれているのですごく勉強になりました。 

ディスってるわけではないのがまた、ポイント高し。

顔はAさん、収入はBさんで、身長はCくん。性格はDくんかな。ああ、それぞれのいいとこ取りができないかな〜?」ってバカヤロー!できねーよ!結婚はホテルのビュフェじゃないっての!

 

結婚するためのトレーニングに関してもいくつか紹介されているので、読んですぐ実行できるし。

「じゃあ、今、あなたの友達や知り合いで、あなたが2人でごはんにいってもいいと思う独身男性をリストアップしてみて」

「そのなかの1人ずつとごはんに行ったとして、いいところのみを探してみて。3人とも、想像してみて」

「ぜひ、その3人と連絡とって、順番に、ごはん食べに行ってみて。この人と結婚できるかも、もし結婚したら、と思いながら、いいところを探して褒めてみて」  

ほめほめゲーム

「ルールは簡単。互いに相手の”いいな”ってところを1つずつ、交互に発表しながら、ほめラリーをする。見た目でもいいし、中身でもいい、なんでもいい、ゲームなのでウソでもいい」

「いいの。だって”もうほめることがない”って言われたら、ショックでしょ?だから何かしらほめるっていうルールなのよ。

 

タイトル通り浮気についてもかなりのページを割いているので正直イラっとさせられるかもしれませんが、結婚の前段階である「男性心理的を把握する(男性のタマを握る)」という目的は十分達成できる良著です。

気になった方はぜひ。

相性の悪さ、価値観のズレが露呈して別れるのが恋愛で、相性の悪さ、価値観のズレを受け止め、攻略する方法を探し、楽しめるのが結婚。

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

でもキヌがこういう本を読んで気になるのは、恋愛上級者の一挙手一投足なんだよね笑

男は「尽くす女」が好きではない、「俺が尽くしたくなる女」が好きなのだ。

「あなたのこと、勝手に好きでいてもいいですか?」

「好き」という気持ちは伝えるけど、「付き合ってくれないか?」と聞くわけではない。だが、人は「好き」と言われたら嬉しい物で、「好き」と言ってくれた男のことを自分も少しでも「いいな」と思っていたなら、その感情は言われることでより強まる。つい意識し、自然と好き通しになっていく。これが大人の恋の始まり。

「あ、じか箸で平気?」と聞くと「平気よ、そんなの。じか箸できない人と一緒にもつ鍋、私から誘わないから(笑)」と返ってきたのだから。