ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

さえこ照ラス

お題「ブログ名・ハンドル名の由来」

もともと本を読んだときに、その本の中で好きな言葉だけをメモに抜き書きしていて。

でもこれがよく無くなる んですよね。不思議なことに(整理整頓が超苦手

 

それを、「頭の中以外のどこか、きちんと残る感じでまとめておきたいなーっていうのがこのブログの前身であるTwitterアカウントを作ろうと思ったきっかけです。

Twitterだと書いた本人でも、いつ何を書いたかわからなくなったのでブログに移動して。

そのときに、本の中のヒトコトだけを紹介するって図書館にある掲示板みたいだなーと思ったのでそのまま「ヒトコト図書館掲示板」になりました笑

 

 

今日もヒトコトだけ紹介します。

さえこ照ラス

さえこ照ラス

 

あらすじはこんな感じ。

口と態度は悪いが遣り手の美人弁護士、沖縄の空の下で大奮闘!

沖縄本島北部の法テラスに派遣されてきた弁護士・阿礼沙英子。オジィオバァの方言通訳を命じられた事務員の大城を従え、縁もゆかりもない琉球の地で、厄介な民事事件を率直すぎる発言で一刀両断にします!

異色の法律相談ミステリー。

 

ちなみにキヌはこの本を読むまで「法テラス」という言葉自体、知りませんでした。

※下記は弁護士費用保険の教科書より抜粋

法テラスとは、正式名称を「日本司法支援センター」といい、一般の方に向けて作られた法律相談の総合窓口となっています。

運営母体が国となっていますので、安心して相談できることから、近年、利用者も増加傾向にあります。

行っている業務内容としては、一般の方への法律に関する情報提供、犯罪被害者支援や国選弁護人関連業務、民事法律扶助、過疎地の司法対策、といったとことです。この中でも、民事法律扶助を利用される方が多いと言えるでしょう。

民事法律扶助というのは、一般の方に弁護士や司法書士を紹介し、無料相談を実施、その後、依頼をするとなれば、その際に発生する報酬費用を立て替えてくれるといったものです。

生活保護を受けている場合や特別な状況の場合は、全額免除になることもあります。立て替えてもらった費用は、法テラスに対して分割(月々5000-10000円ほどが一般的です)で支払っていくことになりますが、一度に大きなお金を用意する必要がないため、弁護士への依頼が身近に感じられるようになったといえます

 

この本はとにかく、主人公がかっこよくて。

主人公のメモしか残ってません!(たまにある

あとは、模合のやり方とか…?これ残しといても仕方ないしな…

 

いやほんと、そのくらい主人公がかっこいいんですよ。

「気づけなかったことをプロとして恥じろ!患者や依頼人は追い詰められた上で、私たち弁護士や医者みたいな人間にすがりに包んだ、それを裏切る真似は絶対にしちゃいけない」

「学術書はまともに読んだ形跡がないし、機器も古くさいものばかり。日々進歩している医療を学ぶ気がないのは一目瞭然だ。珍しいケースに対処するよう勉強指定置くのは、プロとして最低限の義務だろう」

「信じたいものしか見ない。都合の悪いことには耳を貸さない。だからあんなインチキに騙されるの」 

 

プロについて考えていた時期でもあったので、答えをもらったような気になったのをよく覚えています。このヒトコトに惹かれた方はぜひ。

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

 沖縄関連?ではこちらをぜひ。

librarian-kinu.hatenablog.com