ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

ホテルパラダイス銀河

昨日紹介した本の代わりに飾ってみたのがこの本。 

 

ショッキングピンクがビビッドで素敵なこの表紙。

刑部一平さん、というイラストレーターさんが手がけられているそうです。こういう、飾っておくだけでもハッピーになれる装丁の本を見つけると本当にワクワクしますね。

ホテルパラダイス銀河

ホテルパラダイス銀河

 

あらすじはこんな感じ。

平成の駆け込み寺が東京・上野にあった!!トラブルを抱えた人や不法滞在する外国人等、曰く付きの客ばかりの「ホテルパラダイス銀河」。とある事情でこのホテルで働く西島京志はトラブル処理に奔走する!

 

この本を読んでいて、「自分の居場所」と言うものについていろいろ考えました。

やっと大好キな国に来られたのに、だレにも受け入れられないし、居場所すラない。それがどんナことか、あんた二わかる?

自分がいま持っているものは、思っている以上にたくさんあるのかもしれません。

『いまいるここがお前の居場所、抱えているのがやるべきこと』

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

 

加藤実秋先生の作品は、以前にも紹介しています。

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com