ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

まんがでわかる7つの習慣2 パラダイムと原則/第1の習慣/第2の習慣

今週は『7つの習慣』強化月間。

ということで、本日はこちらをご紹介します。 

まんがでわかる7つの習慣2 パラダイムと原則/第1の習慣/第2の習慣 (まんがでわかるシリーズ)

まんがでわかる7つの習慣2 パラダイムと原則/第1の習慣/第2の習慣 (まんがでわかるシリーズ)

 

あらすじはこんな感じ。

一人前のバーテンダーを目指し、バー「セブン」で働く歩。彼女の生き方、考え方が少しずつ変わったのは『7つの習慣』のおかげだった――累計65万部超『まんがでわかる7つの習慣』の続編!「7つの習慣」の中にあるひとつひとつの習慣をまんがでわかりやすく紹介し、より深く「7つの習慣」がわかる本です。

今回は「パラダイムシフト」「第1の習慣・主体性を持つ」、「第2の習慣・目的を持ってはじめる」をとりあげています。

 

この中で当然のように出てきているカタカナ語を本編のヒトコトで解説するとこうなりますね。

パラダイムとは、無意識に抱いてしまっている考え方、感じ方の枠組みのこと。その人の経験から生まれる「世の中とはこういうものだ」という解釈なので、2つとして同じものはない。 

 

これがエピソードの中で、何人かの視点から補足されます。 

人はみな自分の経験で学んだ範囲でしか世の中を見ることができないのさ

みんなそれぞれの思いで世の中を見ている
そこに優劣なんてない

人と出会うって”違う見方”を受け止めることから始まるものなんだ…

この本の中で、これだけでも頭に入れば、人生割と変わるんじゃないかな…と思いながらメモを取りました。 

自分の視点以外でものを見るのはとても難しいし、他の人も自分と同じようにものを見ているはずだ、と思ってしまいがちだから。

そんなことないんだけどね。

 

あとはこれを書いている今、家の中がうるさくてとてもイライラしているので笑

このヒトコトが刺さりました。

刺激と反応の間には選択の自由がある。

自分の行動とその結果に責任を取ることを意識すれば主体的になれる。与えられた環境や条件づけに流された行動の結果には後悔や不満が残るが、自分で意識して選んだ行動の結果なら、納得して受け止めることができる。「主体的である」とは自発的に行動し、その行動の結果の責任を取ることを意味しているのだ。

はーーーーー。

ちょっと気分転換しよっと。

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡