ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

まんがでわかる7つの習慣 Plus

今週ずっと紹介してきた『7つの習慣』のコミカライズシリーズ。いよいよ最終巻です。

まんがでわかる7つの習慣 Plus (まんがでわかるシリーズ)

まんがでわかる7つの習慣 Plus (まんがでわかるシリーズ)

 

みなさまからの「いや…でも月曜日から木曜日にかけて、7つの習慣はぜんぶ紹介し終わったじゃん…」って声が聞こえてきそうですね笑

 

最終巻となる5巻では、各習慣の紹介ではなく、7つの習慣をいかに日常生活で活用するか、に的を当てています。

あらすじはこんな感じ。

累計138万部突破!2014年にビジネス書で一番売れたシリーズが帰ってきました!舞台はおなじみの「バー セブン」。日々、このバーでシェーカーを振るうマスター・正木や、ここで修業をしていた歩、そして常連客の八神をはじめ、お店にやってくる人との交流を通じて、人生を幸せに生きるために必要な「7つの習慣」をまんがで紹介していきます。

本書では各習慣を個別に学ぶのではなく、それぞれの習慣を連動させることで「満足いく生き方(キャリア)」「私生活の充実」「使える人材になる」「ダイバーシティ」などをひとつひとつ解説しており、より実践的に「7つの習慣」を理解できます。 

 なので、いままでの1〜4巻よりも、ちょっとだけ文章多めです笑

 

キヌが気になったのはこのヒトコト。

共感は同情とは違う。同情は一種の同意であり、価値判断である。
…共感の本質は、誰かに同意することではない。
感情的にも知的にも、相手を深く理解することなのである。
…相手を理解しようと思って聴く。
自分ではない人間の魂が発する声をしっかりと受け止めるために、集中して聴くのである。

 

自分の勝手な価値判断で片付けずに相手の話を最後まで聞くことが、どれだけできているのかな、って最近よく考えてるんです。

年末だからかもしれないけど。

 

 あとはこれね。

そうやって人と比べて自分が幸せかどうかを考えている間は絶対幸せになれないと思うな。
上には上がいるんだもの。
オリンピックで銀メダルを取る人だって「くやしい」って思うんだから。

身近な人との比較以外で、心から満足できるようにならないかなと思って。

 

来年の目標は、「世界(というより宇宙)の豊かさを信じる」とかになりそうです。

「幸せの量は無限であり、世界中の全員を満たしてもなお余りある」

後半の方は時にキヌの最近の課題の羅列みたいになっちゃいましたが笑

『7つの習慣』の入り口として素晴らしいコミックシリーズだと思うので、気になった方はぜひ読んでみてくださいね。

 

 

【お仕事ブログはじめました】

キヌのお仕事、パーソナルブックコーディネーターについてはこちら。

>>1ヶ月で本を150冊読む方法。はこちらから(アメブロにとびます)

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡