ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

小悪魔流。

あけましておめでとうございます。

本年も
ちょっとした本好きOLが、自身の 年々希薄になっていく 記憶力と戦いながら、 ウィークデイにもかかわらず読書記録を書きに書く
当ブログを、よろしくおねがいいたします。

 

みなさまのお正月休みはいかがでしたか?

キヌはちょっとした大移動をしつつも、書きためた読書記録を読んでは読んだときの記憶に浸ってにやにやするしていました。
もうほんとに通常運行ですね。

 

ついでに 読んだ or 読み返した、けどまだブログ上に記録として残してないわ って本をたくさんみつけたので、今年も目にとまったものからどんどんご紹介していきます。

 

 

せっかくなので、今週はお題にそってこのテーマでご紹介したいと思います。

今週のお題「2017年にやりたいこと」

 

2017年も公私ともに充実していきたいです。公私の私の部分はやっぱ「モテたい!」ですよね。そんなわけで、2017年最初はこの本を。

小悪魔流。

小悪魔流。

 

内容はこんな感じ。

小悪魔な私生活、初公開!5年間の恋や旅の赤裸々ブログから、ファッション、美容、交友関係、恋愛&男ゴコロのつかみ方まで…タフに・明るく・HAPPYに生きるヒントがいっぱい!

大人気ブログ「CHOCHO生しぼり」待望の書籍化!(もうネット上では読めない、ブログも多数収録しています)

 

当ブログでもかなり紹介している、蝶々先生のわりと初期の本。

せっかく新刊(去年の12月に)出してるんだからそっちの読書記録をつけなさいよ!って話なんですけど…それは買った&読んではいるのでまあおいおいねってことで笑

 

小悪魔ブームのもとになったブログの内容をまとめた本です。

キヌはリアルタイムで小悪魔ブログ(現在は大半の内容がクローズド)を見ていた世代ではなかったので、蝶々先生の本で内容を追っていました。

このへんのモテ講座とか、本当になつかしかったです。

蝶々先生、いまはめちゃモテ♡みたいな内容ではあんまり書いてらっしゃらないからね(いまはどちらかというとスピリチュアルカテです

体育会系の男子っていうのは、ワンピースが好きな生き物だそうです♪
ふわっとしてるのより、どこかピタッとタイトだったり、胸元があいてたりするのが人気みたい。

自分に本当に似合うもの。自分を素敵に見せてくれるものは…何よりも、自分のカラダと、試着の数と、男の視線&反応が教えてくれる。 

「女性のモテは見た目と性格のギャップもポイント」「尊敬がないと、男は本命にはしない」

①ふだんの声より、ワントーン落とすよう意識する。
②好きな彼と話すときこそ、慌てず噛まず(笑)、ちょっぴりゆっくりめに話してみる。
③「うんうん」「へー」「そうなんだあ。それで?」と、やさしい心をにじませながら、相づち多めに入れてみる。
④会話が途切れても、「でっ、あのっ」など無理に話題をつくって話そうとせず、「ふふ〜」「えへ♡」など、意味不明の微笑みでも投げとく(笑)。

小悪魔ヴォイスは、低めで甘め♡ 

 当時は実際にその辺の男子で試していましたが、かなり効果ありましたよ。

 

これとか、ほんとそうだと思う。

あのね。「飲みいこー」、「ご飯連れてってー」って、自分が一生懸命誘わなきゃ、つきあってくれない男の場合、本命になれることは、一生ないのよ。
恋愛に限っては”繰り上がり当選”なんてないの。男のほうが前ノリで誘ってきてくれない場合、女がどんなに頑張っても、その場はテキトーに調子あわせてくれてても、よくて暇つぶし相手、だけども”永遠のサブ”でしかないのよお…。
たとえ今、その人に彼女がいなくても、彼女のポストは、新しく出てくる”彼にとって(ここポイントね)メインの魅力がある女”が、おさまるものなの。 

永遠のサブ
寂しがり屋だったりモテる男が、小腹が空いたり退屈な時のためにキープしておく女の子のこと。女人、ナンビトたりとも、そんなものになってはいかん。

「モテる」っていうのは、多くの人を惹きつけることだと思っています。

 

今年もモテるよう頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくねっ♡(とアイドル風に締めてみる

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

せっかく読み返したのでほかにもたっぷりとメモをとりました。せっかくなのでここにも書いておきますね。最近欄外なら何をしてもいいと思ってる笑

「愛したり、愛してあげたい」のなら、まず自分を愛さなくちゃいけない。けっこうたっぷりなみなみと。 

どんなに惚れた男と別れたって、生きてる限り女には、必ず次があるんだからさ。
いちいち死ぬんじゃねーよ。恋する女こそ不死身でしょっ。

恋とダイヤは好きだけど
ファンデーションと電子レンジは持ってない。
いらないから♡

大人になるって、責任は生じるけど、いろんなことを選べる自由を手にすることかもしれない。昔になんて、ちょっとでも戻りたくない。あいたい人に会える、行きたい場所に行ける。好きな仕事できる。尊敬と交換ができる男と女と友達がいる。今の生活がとても好き。

二人になって短い間、短い言葉で、濃い話をした。

キラキラしたもの、でもリアルに体温を感じられるものが、私は好きなんだな。

タフに・明るく・色っぽく

私は相変わらず…仕事はばりばり?、プライベートはふわふわ、持ち物はちゃらちゃらしてますの♪

あいまいな表現だけど、私はリアルとエロとキラキラは、同じ世界で成立すると思ってるし、現実そうなんだもん。

私自身はやっぱり「生」だし「ピュア」だし「リアル」でいこ、それが自分の自然だわ、って思ったよ。 

最近確信するんだけど、男も女も人間関係も、そのとき一緒にいる、時を過ごしているってことがすべてだと思う。私たちはみーんな旅をしていて、家族であっても夫婦であってお同じ会社の仲間であっても、最終的には一人でその終着点にゆく。
だからこそ、旅は道づれ(?)出会いは奇跡。好きな人や大事な人とは、なるべく出会えたしあわせのほうにフォーカスして、その時を楽しむのが素敵だと思う。 

但し書きのついた保証はいらない。わたしはもっと、旅したい。

 

蝶々先生の作品は、ほかにもご紹介しています。

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com