読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

金持ち指令

今週はお題にそって本を紹介しています。

今週のお題「2017年にやりたいこと」

「モテ」ときたらこれでしょ。次は「オカネ」でしょ、ということでこの本を。

 

金持ち指令

金持ち指令

 

内容はこんな感じ。

金持ちは、「学ぶ」ものじゃない。「やる」ものなんだ。
「学ぶ」本を読んでいたから金持ちになれなかった―。

これは世界初、金持ちを「やる」本である。

 

最初の方のページにこんなヒトコトがあるからして、心が躍りますよね。

金持ち指令は「学ぶ」前に「やる」ことが大切なんだ。
金持ちは「学ぶ」ものじゃない、「やる」ものだ。
考える前に、やってみて。
今週の指令も、きっと「やれ」ば、イイコトがいっぱい起こるよ。 

待ちきれずに全部読んじゃったあとでも、効果はあるよねさとうみつろう先生(@現在育休中)…?

 

だって、この本に書かれている指令をただ実行するだけで、お金持ちになれるんですよ?

 

指令はぜんぶで36個だから、
この記事を読んでから土日に本を読んで、
来週の月曜日から1週間に1つずつ実践していけば、
2017年9月の第2週(さっき全指令を手帳の横の余白スペースに書き出して確認済)
にはお金持ちになれるんですよ?

 

…ソレナラモウ、ヤルシカナイヨネ?(半強制

ちなみに、ちゃんと新年1週目のこの時期にこの本を紹介するキヌもものすごく粋だね! と思っています。
きっと読者のみなさんからそう言ってもらえるんだろうけど、待てないのでフライングで褒めておきます笑

 

せっかくなので、『金持ち初め(カネモチゾメ)』 がてら、36指令のうちの5つをここでご紹介しますね。

※ 今年はじめて意識して「金持ち」した時のこと。自分が金持ちだと思う『行為』ならなんでもいい。それでいったら、読んだばっかりの本の内容を惜しげもなくシェアするのもそうよねって理屈です。

 

◆街で配ってるティッシュペーパーをもらいまくれ

「お金」以外も収入だと感じられたら、臨時収入はもっと増えることになる。
実家からすもも、上司から奢られたランチ、同僚からもらったワンピース。
突発的に入ってくるこれらの収入にも「豊かさ」を感じてみるんだよ。

 

 ◆「ああ、金持ちでよかったなぁ〜」を口ぐせにする

脳ミソで「金持ちになりたい!」と100回思うより
声に出して「私は金持ちだ!」と1回音波を出す方が、効くんだよね? 

誰が、ウソと本当の間に、線を引くか。
それは、いつだって「その本人」だけだ。

口ぐせは、想像よりも速く世界を変える。

 

◆ラグジュアリーホテルで天然炭酸水を飲め!

(ラグジュアリーホテルの)ロビーラウンジに座るやいなや、
ペリエ1つ下さい」と言ってみてください。
メニューを出す前に、注文を繰り出すあなたは、ホテルの人から見ると、常連の金持ちにしか見えていません。

 

◆シビレル単語を脳からしぼり出せ! 

人間は1つのことしか考えられないから、
ワクワクする単語を想像している間、
その単語のことしか考えられません。
そこでA3の白紙を用意して
自分のワクワクする単語をただ書きまくります。

A3の白紙が埋まるまで、ココロからしぼり出してみよう。 

ワクワクすることだけをただ書き続けていたら
思考が別のことを考える時間を与えない。

ルールが1つだけある。否定語は書いたらダメだ。

だから、会社を辞めるなんて書かずに、独立、とか、開業、とか、肯定的な単語で書き換えるんだ。

 

◆周囲の5人に「私は金持ちだ!」と宣言してみよう

「金持ち」か、「金持ちじゃないか」を決めるのは、
預金残高でも高級車の保有台数でもなく、自分自身だから

本人が「足りている」と思うか、「足りていない」と思うか、そこだけなんだ。
もっと欲しいと思っている人をビンボーと言い、
もう十分だと思っている人を金持ちと言うんだ。
だから貯金額は関係ないよ。

 

ね、できそうなことばっかりでしょ?

他の指令も知りたい&なんでそうなのか理屈が知りたいってあなたは是非是非、本屋さんに行ってみてくださいね♡

あなたは、金持ちです。そしてその証拠は、あなたの周りにたくさんあります。
でもあなたがそれらを、認めていないだけです。

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

せっかくなので、金持ち初めしておきます。

はるばる大分県まで、好物のてっさ(フグ刺し)を食べに行っちゃいました♡

f:id:librarian_kinu:20170104201502j:image

 

実はこの本をまとめるに使った読書ノートは14ページ!
その中でも読み返してもやっぱりささる、というヒトコトを厳選してご紹介します。

実際、親が「子供のために」と思ってやっていることって、100%子供のためにならない。単に親のエゴを満たすためのものだから。
「子供のために」という名を借りた、「自分のために」だ。

何かを買うのは、「今よりも、良くなるため」だ。
それはすなわち、「今のままじゃ私はダメ」だと思い込んでいる。
だから、「今よりも良くなるために」何かを買うんだよね。
結局、買うという行為の根底には【不安】があるんだよ。 

人は【不安】だから、何かを買うことで、そのスキマを埋めようとする。

真の金持ちとは、時間を贅沢に使っている人のことなんだよ。
「時間に追われる側」から、「時間を使う側」に回った人が勝ちだ。

不満が起こるメカニズムは簡単で、「満足してない」からだ。
だったら一度、満足させてあげればいいんだよ。自分自身を。 

どうして、「お金」が必要だと思う?
それは、「誰にも迷惑をかけないで済む権利」を得るためだ。

売れないから、なんだって言うんだ?
所有者が交代出来ないから、勝ちが消えるわけじゃないでしょ?
むしろ、所有者を簡単に転々と移せないほどの絶対的な資産を、君は持ち続けていることになる。

自分には絶対になれないと思っていることには「うらやましい」が、自分もいつかはなれると信じていることには「素晴らしい」が口をついて出るのだから。

夢があるこんなニュースを見た際は、「うらやましい」じゃなくて「素晴らしい」と言えるようになろう。

宇宙は今日もあなたの目の前に、こうやって夢をちらつかせる。あなたに、上を向いて歩いてほしいから。

こんなにも興味がない事にさえ800億円を使えるくらい、豊潤な世界ならきっとそのうちあなたの所にもお金を回してくれるだろう。

 

 

さとうみつろう先生は、イベントにも参加しました。 

librarian-kinu.hatenablog.com

本はほとんど全部読んでいるので、順次ご紹介していきます。

librarian-kinu.hatenablog.com

 

あと、ブログを再読していたらこの記事が気になったのでこっちもリンク。
今年もキヌのブログはとても長くなりそうです…笑

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

だってまだサンタさん来てないから。シャネルのバングルがいいかな、2014のパリ〜ダラスコレクションでお願いします♡