ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

乙嫁語り【現在9巻】

最新刊の乙嫁がかわいすぎる。

既刊全刊から選りすぐりのヒトコトをご紹介したいのですが、これはこれで友人への貸し出し中なので、最新刊の乙嫁が可愛かった話だけします。

 

最新刊のヒロイン、パリヤちゃん。

乙嫁語り 9巻 (ビームコミックス)

乙嫁語り 9巻 (ビームコミックス)

 

ちなみに『乙嫁』、こんな話です。もうアミル編じゃないけど。

中央ユーラシアに暮らす、遊牧民と定住民の昼と夜。<美貌の娘・アミル(20歳)が嫁いだ相手は、若干12歳の少年・カルルク。遊牧民と定住民、8歳の年の差を越えて、ふたりは結ばれるのか……? 『エマ』で19世紀末の英国を活写した森薫の最新作はシルクロードの生活文化。馬の背に乗り弓を構え、悠久の大地に生きるキャラクターたちの物語。

 

結婚の準備も進まないし、友だちもいない、いざとなると照れてしまって自分の気持ちも上手に伝えられないパリヤちゃん。

f:id:librarian_kinu:20170131000518j:image

<今日はいいことありました>
<みなさん聞いてくださいね>
ここで何があったか言います
<ああ本当に>
<うれしいことです幸せです>
<どうか一緒にお祝いください>
<私はとっても果報者>
<三国一の果報者>
<天にものぼる気持ちです> 

 

これだけ見てもなんのことやらでしょうけど。もうこのシーンが最高にきゅんとします。

自分のそのままをわかってくれて、高く評価してくれる。そんな相手をキヌも見つけたいものです。

 

………いいのかな、今日のブログこんなんで笑

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡