読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

乙女の教室

今日はひなまつりですね。キヌ家では、妹が猛烈におひなさま(のビジュアル)を怖がっているおかげで、今年も何の飾りもありませんのことよ。

個人的には仕舞いっぱなしになってるおひなさまのコンディションがめちゃくちゃきになります。大丈夫なんだろうか。

 

せめて、乙女らしい本をご紹介しますね。

乙女の教室

乙女の教室

 

内容はこんな感じです。

MOREの超人気連載、ついに完結編!
みっともないことは、しない。言わない。聞かない。それが乙女です。読むだけで美しくなれる!
永久保存版「美輪語辞典」も特別編集。

一昨年の紅白歌合戦(おてんこもり)以降、個人的に非常に気になっていた美輪さまの本です。

頭の中をちょっと覗き見しよう、くらいの気持ちだったのに、最初の3ページくらいでぐいっと引き込まれました。

あなたは、あなた自身のために、カッコ良くあらねばならない、それが「誇りを持つ」ということなのです。 

人間の、特に乙女の「恥」と「誇り」について書かれた本です。キヌはそう思って読みました。

 

気になったフレーズをいくつかご紹介しますね。

『エロ』というのは、形あるもの。
目で見て、手で触れることのできるものがエロなのです。
肌を過剰に露出させている女は、ティッシュペーパーと同じ。使い捨てだからです。 

自分が愛する人に愛されてこそ、無上の幸せというもの。愛してもいない存在、たとえば目の前にあるコップに一生懸命愛されても、困ってしまうでしょう?

デートは適当に切り上げて、もうちょっとそばにいたいと彼に思わせましょう。そしてすべてをさらけ出さずに、あなたの魅力は、小出しにしていくこと。人間は、ミステリアスな存在にひかれるものなのです。会うたびに少しずつ違う表情を見せて
「え!この人にはこんな良いところがあったのか」
「この人はこんなステキなところを隠していたのか」
「こんな経験までしていたのか!」と、驚かせるのです。
びっくりするたびに、彼はあなたに強くひかれます。驚きが大きいほど、あなたの価値も上がります。

「あなたはまだ、わたしのすべてを知っているわけではないのよ」と、心の中でつぶやく余裕が、彼にあなたを追わせるのです。
ミステリアスな女には、男は絶対に飽きることがありません。

 

やはり美輪様といえばファムファタルと言うことで、どうしても恋愛系のヒトコトばかりに着目してしまいますが笑 

 

何をするにも最低限の基本のイロハ「恥」と「誇り」(と行儀作法)を忘れないこと。どんなときも美しく生きること。

背中に新しい背骨を入れられたような気がしました。

 

日本人の歩く姿は猫背で不機嫌な”ゴリラの墓参り”

 

とりあえず、姿勢矯正を頑張ります笑 

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡