読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

斎藤一人 自分を愛せば奇跡が起こる

昨日の本を紹介すべく、読書ノートのページを探している途中で、今まで紹介していなかった本を見つけたので本日は棚ぼた的にその本の紹介です。

 

斎藤一人先生のお弟子さんの本です。

だから近くにファイリングしてあったのか…いま気づきました笑

斎藤一人 自分を愛せば奇跡が起こる

斎藤一人 自分を愛せば奇跡が起こる

 

内容はこんな感じ。

女性実業家として大成功をおさめた舛岡はなゑさんが、幸せなお金持ち斎藤一人さんから教わった、幸せで豊かな人生を引き寄せる「魔法の言霊」とは?
 「怒り」「恨み・憎しみ」「ゆるせない!」というマイナスの思いを「消そう、消そう」としないでください。
それよりも一人さんが教える「魔法の言霊」を言ってみませんか? 
人間関係の悩みも、仕事の問題もなんでも、なぜかスムーズに運ばれていく、スカッと人生が切り拓かれていく、不思議な感覚を味わうことができるでしょう。
「いま、ここから、みなさんの人生は、いままでとはまったく違って見えてくるかもしれません」

 

すっごい簡単に纏めると、

「もっと自分を愛します」「そのままの自分をゆるします」と声に出そう って本です。

 

ちなみにこの2つは抜粋で、ほんとはもっと長いです。

「自分を愛して他人を愛します 優しさと笑顔をたやさず 人の悪口は決していいません 長所をほめるように努めます」と自分に誓い、実践し続けていると、ますます豊かで幸せになる。 

…うん、これだけだと意味分かんないですね!笑

 

これにはこんな前提があります。 

不届き不埒(ふとどきふらち)が「ちょうどいい」

人間なんて、土台、立派にはできていません。
不届き不埒なことも考えちゃうことだって、あるんです。
でも、たいがいの人は考えるだけで、実際はやらないでしょう。
思いとどまる勇気と理性というものがあるから、やらないのです。
それでもう十分、あなたは立派です。

ありますあります、考えちゃうこと。っていうかたぶん口には出してますね。今日巻き込まれた車両故障によるインド並みのラッシュとか。

そうなったとき、マジメな私たちは「はっ私ったらこんなイケナイことを…」ってついつい自分を責めてしまいがちなのです。

でも責める必要なんてないんです。人間だもの。

ここにみつ◯先生の画像を貼ろうと思ったのですが、著作権的なあれで止めました。

 

ときどきふらちなそのままの自分。それを見つけて&認めてあげようって本なのです。

いつも自分は自分の味方です。自分を責めてはいけないのです。

どんな自分も否定しないで「わかるよ、わかるよ」と自分の味方をしてあげてください。

嫌な気持ちをしている自分に<わかる、わかるよ。そうやって嫌な気持ちになるのが当然だよ>と、自分の味方をします。さらに一人さんに教わった魔法の言霊<もっと自分を愛します。そのままの自分をゆるします>を言います。

「他人にはゆるく、自分にはもっとゆるく」

そう、自分を思いっきり甘やかして特別扱いするのです。

 

ときどきプレゼントもあげながら笑

(自分への)プレゼントは、まず、自分の心がときめくもの。そして、自分のおこづかいの範囲で買えるもの。この二つを満たせば、何でもいいと思います。

自分の心が喜ぶこと、体がよろこぶことをしてあげてください。

 

一生つきあう大事な相手である自分。

そりゃ、ステディ(ここ超大事!)なボーイフレンド or ガールフレンド対応が当たり前ですよね?

すねてそっぽを向かれちゃう前に、ぎゅっと抱きしめてあげてください。どうしていいかわからなくなったときにはこの本が、取説として訳に立ちますよ!

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

人は他人を変えられないんだよ。変わることがあるとしたら、それは自分から変わろうって思ったとき。相手にそのつもりがなければ何をしたって相手は変わらないし、また変えようとしちゃいけないんだよ。変えられないものを変えようとしたとき、お互い、幸せから遠ざかるんだ。 

 

またこのへんは、心屋仁之助先生の本でよく取り上げられるテーマ。

神さまは「ガマンして生きなさい」とは言いません。
何でも、嫌なことでもね、がんばらなきゃいけないことはないのです。
自分が得意なことをがんばればいいのです。
自分が好きなこと、「自分はこれをやりたいんだ」ということをがんばればいいのです。

気になった方は、心屋先生の本もおススメです。