ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

血流がすべて解決する

心屋仁之助先生のブログを読むのが最近の日課です。キヌです。

以前も時間のあるときにまとめ読みはしていたのですが、こんなに毎日読むようになったのはたぶん武道館行ってからですね。

librarian-kinu.hatenablog.com

 

さてさて、そんな先生が最近読んでよかった本を紹介していて

ameblo.jp

読む以外の選択肢がない!!!

と思ったので読んだものからご紹介していきます。

 

本日はこちらの本をご紹介。

血流がすべて解決する

血流がすべて解決する

 

結論から先に言いましょう。けっして売り場で目立つ本ではありません。

……が! 

本当にいい本ですので、是非読んでほしい。

キヌの2017年健康系書籍No.1候補ですまじで。

特に女性に読んでほしい、というか今必死で母&妹に読ませるにはどうしたら…って考えてますからキヌも。家族に本薦めるのって難しいんですよね意外と。

 

内容はこんな感じです。

【大反響! 17.5万部突破! 】TBS「ジョブチューン」に著者出演し話題に! 

この本は、「血流を増やして、心と体のすべての悩みを解決する方法」を書いた本です。大げさだなあと思われるかもしれませんが、けっしてそんなことはありません。
血流は、全身にある60兆個の細胞に酸素や栄養を届けるという大切な役割を担っています。さらに、幸せホルモンや、やる気ホルモンと呼ばれる脳内の神経伝達物質の働きも、血流によって左右されています。
この人間の心と体を支えている大切な血流が悪くなってしまうと、心身ともに不調が出てしまうのは当然ともいえるのです。
逆にいうと、血流を改善すれば、心の悩みも体の悩みもおもしろいように解決していくのです!

本書では、人気漢方薬剤師が、そのための食べ方や睡眠のとり方、生活習慣の改善方法をお伝えしていきます。どれも手軽に取り入れられるものばかりですので、ぜひチャレンジしてみてください。 

 

簡単に言うと、血流を増やして体と心の悩みをまるごと解決しちゃおうぜ!って本です。 タイトル通り。

でもね、前提がもうね、びっくりしましたよね。

血流をよくするというと、「血液サラサラ」を思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし、血流が悪い女性の多くは、ドロドロして流れないのではなく、血不足のために、流れが悪いのです。そのために、いくらがんばってサラサラにしたり、温める努力をしたりしても、血の量そのものが足りないので血が流れず、血液改善の効果を実感出来ません。とても残念なことになっているのです。

めざすべきは、「血液サラサラ」ではなく「血液たっぷり」だったのです。

脳内に『ためしてガッテン』風のオープニング映像が流れましたよね。そのくらい驚き。

キヌは家系的に高脂血症なのでもうね、この歳(28歳)にして血をサラサラにする努力をしてましたよねひたすら。そもそも流れるだけの血がなかったなんて知らなかった。

血が満ちてくると、婦人科系のトラブルなど体の不調もどんどん減りますし、外見的にも美しくなります。さらに不安感が薄れて、自分に自信をもったすてきな女性に変わっていけます。
血とは女子力そのものなのです。 

血とは女子力そのもの……このヒトコト、いまキヌの中でかなり流行っています笑

っていうか端的に美しくなれるならやらない手はないですよね。

 

というわけで、この本を読んでからキヌが実践していることを書こうと思ったのですが、この本にも書いてある通り

血流が悪くなる本当の理由は、次の三つです。
①血がつくれない。
②血が足りない。
③血が流れない。
そして、この三つの原因には順番があり、①から③の順番で起こります。
まず血をつくることができないために血が足りなくなり、足りなくなるために血が流れなくなる。 

一口に「血流が少ない」と言っても段階があり、段階にあった方法を実践しなければ意味がないので、
できれば本を買って読んで ください。

 

 

① 満腹より空腹を意識する

おなかがなるのは、「おなかがすいたよ、食べたいよ〜」という合図ではなくて、「掃除中だよ、食べないで〜」の合図だったのです。もし、空腹の時間がないと、胃は掃除をすることができません。すると、食べ物のカスは残り、腸壁は汚れ、どんどん胃腸の働きが低下して、消化力が弱くなり、もたれたり、十分な栄養が吸収できなくなったりしてしまいます。

胃腸の掃除ができるようになるためのコツは、夕食を控えめにして、「小腹がすいたなぁ」くらいで眠ることです。

朝起きて一時間もしないうりに「おなかがすいた」あるいは「おいしくごはんが食べられる」なら夕食を腹八分目で食べられている証拠です。

これが血液サラサラ以外の部分では一番衝撃的でした。
今まではお腹がなるたびに、何かをぽいぽいと口に放り込んでいたのですがそれを一切やめて、お茶とかスープを飲むようにしています。

 

肉食女子になる

お肉を食べてほしいのです。そして、肉は肉でも、牛でも、豚でもなく鶏肉です。

血の原料である鉄分とタンパク質の両方を一度にとることができます。

さまざまな鶏肉料理の中でも、血を増やすのにもっともおすすめしたいのは参鶏湯。

家庭で食べるときには、鶏肉を使った料理なら何でもよいのですが、骨の部分が血をつくる力が高いので、骨つきの手羽先や手羽元をスープ仕立てにするのがおすすめです。初日はそのまま、次の日はトマト仕立てにして、最後はカレーで締める、というのおとてもおいしいです。

そういえば、中国人の元同僚からそんな話されたなと。更新を楽しみにしている『中国嫁日記』にもエントリがありました。

blog.livedoor.jp

中国は漢方が根付いている国なので、健康面で本当に勉強になります。冷たいものをあんまり飲まなくなったのも中国行ってからだし。

 

③ 夜二十三時には布団に入る

血を増やすためのコツは非常にシンプルです。
「夜二十三時までに眠る」
ただ、それだけです。

血が足りない人はたくさん夢を見ます。

遮光カーテンを開けてレースのカーテンで眠る。これが、よい眠りを導く基本です。人間は眠っていても、夜から朝にかけて次第に明るくなっていく変化を感じています。明るさの変化を感じて体がゆっくりと覚醒し、爽やかな目覚めにつながっているのです。
ところが遮光カーテンを使っていては、暗闇の中で叩き起こされるようなものなので目覚めが悪くなってしまいます。窓越でもいいので朝日を浴びておくことが大切です。
そして起きた後は、太陽の光を五分ほど浴びる。たった五分でいいので、直接太陽の光を浴びること。これが不眠を解消する上で大切なポイントです。

脳は寝る前の感情を寝ている間もずっと引きずるといわれています。
楽しかったこと、うれしかったことを思い描いて寝ると、就寝中も幸せな気持ちが続きます。

「夢を見るのは、血が足りないから」と言われて、そういえば社畜の先輩がリアルな夢を毎日見るって言っていたな…と思い出しました。

 

今キヌが心がけているのはこの3つです。

この他にも血をいっぱいにする(なんか語弊があるよなこれ)方法が満載の本なので、気になった方はぜひ、本屋さんでお手にとってみてください。

 

今年は「血液美人」をめざすぞー♡

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

血液改善部分の文章もとっても素敵なのです。ちょっとだけご紹介します。

誰でも、悩みを解決したその先の夢や目標があります。

体の悩みを解決することは、その先にある夢や目標を叶えていくことなのです。

 

心屋先生が最近読んでよかった本シリーズ、第一弾はこちらの本でした。 

librarian-kinu.hatenablog.com

 

肉食女子ついでにこれもおススメ。毎回美味しそうでお腹空きます。