ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

アイデアたまごのそだてかた

たいてい空いた時間には本屋さんに行っているので、待合せ(てお出かけ)前なのに袋いっぱいに本を買っている、なんてこともザラです。これもそんな本のひとつ。 

アイデアたまごのそだてかた

アイデアたまごのそだてかた

  • 作者: コビ・ヤマダ,Kobi Yamada,メイ・ベソム,Mae Besom,伊東奈美子
  • 出版社/メーカー: 海と月社
  • 発売日: 2016/02/02
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

絵本強化週間なので絵本です。

たまに「何買ったの?」って聞かれて「絵本」って答えると意外そうな顔されますが、絵本って大人こそ読むべきだと思うんだけどなあ。

 

あらすじはこんな感じ。

アメリカでは40万部突破、世界各国で翻訳刊行されている話題のベストセラー『WHAT DO YOU DO WITH AN IDEA?』、待望の邦訳!

なにか いいことをおもいついたとき、 きみならどうする?
しかも、そのアイデアが、かわっていたり、むちゃだったりしたら?
かくす? わすれる?それとも、じぶんのアイデアではないふりをする?

この絵本を読むのに、年齢は関係ありません。
もし、あなたが一度でも、夢みたいなアイデア、へんてこなアイデア、だれも理解できないようなアイデアを思いついたことがあるなら
これは、あなたの物語です。 

 

まあ、とりあえず見てください。

f:id:librarian_kinu:20170312085659j:image

あるひ、ちいさな アイデアが うまれた。

「どうして こんなこと おもいついたんだろ?」
うまれたての アイデアたまごを ながめながら、ぼくは くびを ひねった。

 

そう、この王冠被った小さなたまごがアイデアちゃんです。可愛くないですかこのこ。キヌはこのページを見て、レジに直行しました笑

 

言うまでもないでしょうが、このアイデアたまごは「私たちの心の中にうかぶ小さなアイデア」の比喩です。 

f:id:librarian_kinu:20170312085712j:image

イデアたまごは いった。
もっと たべたい、もっと あそびたい。
そして、もっともっと ぼくを みて、と。

 

でもね、このアイデアたまごちゃん、みんなから変だっていわれるわけですよ。

キヌはCLAMP先生のファンだったので「たまごに王冠(なんなら羽根)は常識!」って思いますけどね、そんな 変わった ひとばっかりはいない訳です。 

 

ネグレクトしてしまおうかと思ったとき、気づくんですよね。

f:id:librarian_kinu:20170312085753j:image

でも そのとき、はっと きづいたんだ。
いったい みんなが なにを しっているんだろう?
これは ぼくの アイデアだ。
みんなと ちがってたって、かわってたって、
ちょっとばかり おかしくたって、かまうものか!

 

ぼくは、アイデアたまごを まもってやることにした。
まいにち せわをして、いっしょに あそび、
どんなときも アイデアたまごの みかたに なった。

 

だって、この世界に一人として同じ人がいない、自分が考えたアイデアですよ?
他の人と同じな訳がないんです。

 

せっかく生まれてきた、突拍子もないアイデアのたまごなんですもん。何になるのか、ためしに育ててみればいいんですよね。

このブログだって、キヌの本業(OL、他の部署との電話会議出席)中に生まれたアイデアをあたためたものですしね。

 

自分の中から湧き出るアイデアからの視線を無視し続けている大人のひとに、読んでほしい絵本です。

オールひらがな&カタカナなので、お子さんにもぜひどうぞ!

 

f:id:librarian_kinu:20170312085803j:image

ぼくは アイデアたまごの ために、あたらしい いえを たてた
やねが おおきく ひらいて、ほしを みあげることの できる いえ
―——あんしんして、ゆめみることの できる いえを。 

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡