ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

メンタリズムで相手の心を97%見抜く、操る! ズルい恋愛心理術

ヒマさえあれば本屋さんを巡っています。キヌです。 

今日はそんな本屋さんパトロールの中で出会った本をご紹介します。

メンタリズムで相手の心を97%見抜く、操る!  ズルい恋愛心理術

メンタリズムで相手の心を97%見抜く、操る! ズルい恋愛心理術

 

心理学とかメンタリズムとかが元々好きなのもあるのですが、このあざといくらいセクシーな表紙が気になって笑

内容はこんな感じ。 

メンタリズムは、人間の心を読み、思考と行動を操作する技術です。
香港大学の超人気講義「メンタリズムコース」の講師の実績を持ち、アジア最強のメンタリストが、「出会い」「片思い」「恋人関係」の局面で相手を思いのままに操る恋愛心理術をレクチャー。

全編タテ書きなのにコラムになるとヨコ書きになるのはなにかメンタリズム的な意味があったのかな…そこは正直な話、読みにくかったです。

 

メンタリズムを用いて恋愛を有利にすすめる方法が満載でした。情報量が多いのでどちらかというと男性向けかもしれません。

 

キヌが気になったヒトコトを一部(だって読書ノート自体は11Pもあるんだもん…)ご紹介します。 

最終的には相手はあなたと一緒にいて「居心地がいいかどうか」でつき合いたいか否かを判断します。では、この居心地のよさはどこから来るものでしょうか?それは「共通点があるかどうか」です。 

男性が無上の喜びを感じるのは、女性にヤキモチを妬かれたときえす。なぜなら男性特有の優越感やプライドをくすぐられるからで、好きな人にヤキモチを妬かれると「まったく、かわいいなぁ」と悦に入ったりします。 

相手にやる気を起こさせるとき、または性的に誘いたいときには、ぜひさりげなく赤を使ってください。赤は脳内ホルモンのドーパミンを分泌させる効果があります。
一方、ゆったりとした時間を過ごしながらお互いの関係性をより深めたい場合は白を身につけ、将来のことをきちんと話し合いたい場合は黒を身につけるのがいいいでしょう。
気分をリフレッシュさせたいときには、ライトブルーを身につけるといいでしょう。

なかなか誘ってこない男性を誘導するには、赤いブレスレットが効果的です。ご存知のように、赤という色は男性を興奮させる作用があり、女性はあまり知らないかもしれませんが、わざと赤いランプをつけ、部屋全体を赤色にする風俗店があるくらいです。
赤色のブレスレットを着けてほしい理由は、手首はたびたび目にする部分であり、そのさりげなさがある種のサブリミナル効果を発揮するからです。 

相手が間違いなくあなたのことが好き……そんなときには、鼻の下や口元を触る、またはあなたの話を聞くときにじっと目を見つめるなどのしぐさが現れます。

なぜ鼻の下や口元を触ると、相手への好意いつながるかというと、これらの部分はいわゆる「第2の性的器官」ともいわれ、どちらも粘膜が薄い部分の近くとなります。これらの部分を触るというのは、つまり動物的な本能として、セックスを求めているのです。 

相手があなたを軽くからかったり、言葉数が多くなったりするのも、好意のサインです。軽くからかうのは笑顔にさせたいためで、言葉数の多さは自分の緊張を隠すためにごまかしの行為です。

 

かなり厳選してこのくらいです。

本では男女&シチュエーション(出会い、操る、虜にする♡)別になっているので、ここまで読んで気になった方は、ぜひ本屋さんで探してみてくださいね!

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

この本、男女とも対象になっているので男性のための恋愛心理術も書かれています。
で、このヒトコトを見つけて。

「私だけのために用意されたサプライズ」こそが、女性に最高の喜びをもたらします。

男性からすると照れくさいくらいのロマンチックなシチュエーションが、女性のシンデレラ・コンプレックスを刺激します。ここぞというときには、照れくさいくらいのサプライズを用意してみてください。

りゅうちぇる、すごいなあ…と思いました。詳しくはぺこちゃんのブログで。

ameblo.jp

 

最近読んだ本にちょっとリンクするヒトコトを。

《 心屋仁之助先生 》

先天的な気質というのはプラスとなる要素が多く、後天的に作られる性格はマイナスの要素が多く含まれます。これは人間が生まれてから成長するにつれ、周りの環境や人間関係に合わせて自分を押さえ込んできた部分が表出するためだと言われています。

《 宮本真由美先生 》

アメリカのリカルド・ゴドイ博士が調査した結果も紹介しましょう。それは、経済的に裕福な人ほど、よく笑い、常に笑顔であるという事実です。
しかもその笑いは小さな笑いではなく、大きな笑いであればあるほどいいということがわかっています。つまり、常に笑顔でよく笑う人というのは、多くの人に幸せをもたらす人間であり、一緒にいて楽しいのです。

目の力を抜くには、いったん目をギュッとつぶって開いてみるといいでしょう。目の力が抜けて、自然な笑顔をつくりやすくなります。

 

同じメンタリスト、ということでDaiGo先生の本もいくつかご紹介しておきます。よろしければぜひ♡ 

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com