ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

嘆きの美女

この間、めずらしく嫉妬の感情にかられました。そしてこの本を思い出しました。

嘆きの美女 (朝日文庫)

嘆きの美女 (朝日文庫)

 

あらすじはこんな感じ。

ほぼ引きこもり、外見だけでなく性格も「ブス」、 ネットに悪口ばかり書き連ねる耶居子。 あるとき美人ばかりがブログを公開している「嘆きの美女」というHPに出合い、 ある出来事をきっかけに彼女たちと同居するハメに。
全女性に贈る成長小説。 

  

「ひがみっぽくて、強情。自分からは動かないくせに文句ばかり。まず、内面がブスよ」 

うわ、辛辣。その通りだけどさ。

 

美人のスイーツ(これもう死語?)ばかりが住んでいるシェアハウス。その様子を綴ったブログを、こっそりと攻撃していた外見&性格ブスの耶居子。
それなのに、ある事件をきっかけに耶居子もその美人たちと一緒に住むことになる…というお話です。

 

美女とブスという立場(?)の違いはあるものの、

全員が直視するのを避けてきた自分と向き合うことで、自分らしい道を見つけていく という点では同じ。

まあ、相応の痛みはともなうんだけどね。

わかる。
升本雄介とやらの気持ちが手に取るように。自分と正反対のまぶしいものに惹かれてしまう。本当は素直に好きになりたいのに、怖くて近付けない。
そんな自分がもどかして情けなくて、対象を傷つけずにはいられなくなるー。

ごく普通の人間が、信じられないような悪意を隠し持っている。普段は理性で飼いならしている人間ほど、ひとたび攻撃相手を見つけると手がつけられなくなるものだ。

通過儀礼の先に、まだ見ていない世界が広がっていると信じて。キヌも前に進みます。

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

この小説で出てくるちょっとジャンクでカラフルなお菓子。とっても美味しそうで憧れます。ゼリーのプールとかね、ちょうベタベタしそうだけど笑