ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

あなたの中の“キュート”を目覚めさせる方法 ちょっと不器用だけど、しなやかで可愛い

昨日に引き続き、表紙買いした本をご紹介します。 

 

表紙のイラストが外国の本(っていうかステーショナリー)っぽくて気になった本。むっちゃ日本の本でした。

ちなみに装丁は我妻美幸(Sidekick)さん、装画者はKINUEさんだそうです。

 

内容はこんな感じ。

落ち込んでいる自分も、めんどくさい自分も、全部、受け止めよう。 恋愛も仕事も人間関係も、一生懸命に頑張る女性たちへ。この時代を上手に生き抜いていく知恵を詰め込みました。

正直内容をろくすっぽ読まないままに購入したのですが、いい意味でラジオ感のある本でした。

 

この本の骨子は「自己愛」です。
こう書くと難しいけど要するに、私ってなんてキュートなの♡ って心から思うようになろうってことですね。

どんな自分も「よしよし♡」って可愛がってあげるの。
誰かに愛されようとする前に、あなたがあなたを愛してあげるんだ。そこがスタートライン。
難しいことじゃない。「よしよし♡」って言ってあげるんだよ。

彼にしてもらいたいように自分を愛してあげて。 

自信って等身大の自分を受け入れた次にくることなの。
自信を持つってね、ほかの誰でもない、ダメなところもある自分自身に、「大好きだよ♡」って声をかけてあげることなんだ。 

 

キュートって必ずしも完成されたものに使う形容詞じゃないのです。

そう、不完全な自分にOKを出す ってことですね。
こころなしか感じる心屋イズム。

自分に合った生き方がわからない?。それはね……あなたが「楽しい!」と感じる方向にある。
「つらい・苦しい・難しい」をやっきになって収集しないで。
「楽しい♪うれしい♪カンタン♪」をもっと取り入れてみて。

「これができたら」幸せなことを今、やる。

あなたを導いてくれるのは悲しみじゃない。信じるべきは喜び、なのだから。

あなたが心躍ることがなんなのかは、あなたしか知らないんだ。あなたがあなたをときめかせてあげようよ。

働くのは大人の趣味。だから多少のミスは「やっちゃった☆」ですませて、自分を責めない。

 

自分まるごとにOKを出せたら、自分が「いい!」と思ったものに向かっては知っていけるはずだから。

 

キュートな自分に、目覚めましょう♡

寂しさはきっと、ずっとあなたの中にあり続ける。
消えてはくれない、あなたの命の終わりまで。
だって「寂しさ」はあなたの魅力だから。

「寂しさ」があなたに愛しい人に近づく勇気をくれる。

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡