ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

勤めないという生き方

昨日に引き続き、こちらのブログで紹介されていた本を。

勤めないという生き方

勤めないという生き方

 

内容はこんな感じ。

「会社で安定」「起業成功」だけが価値ではない。
多くの若い人が身の丈に合った、理想の働き方・生き方を「自立自営」に求めている。
自動車メーカーから小島での町おこしビジネスへ、一流会社から農家へ、雑誌編集者からカフェオーナーへ。。地域をベースに新しい仕事の形を作り、理想を求めてNPO立ち上げ、人との出会いから職人の世界へ……
さまざまなドラマを経て「勤めない」という生き方を選んだ13人の姿から、新しい「働き方」のテキスト。
成功物語だけではなく、苦労や課題も赤裸々に語ることで、「働くことの意味と価値」を見出していくノンフィクション。 

 

キヌは普通の会社員をしていますが、当然それ以外の選択肢もあるわけで。

この本には、いわゆる「普通でない」選択肢を選んだひとたちの生のヒトコトが満載なのです。

 

手染め職人・青木正明

自分の好きなモノをつくり、自分の好きなようにテキストを書き、自分の好きなようにウェブサイトを制作する。そうすれば、自分と似通った人が来てくれる。そう信じたことが商売を駆動させてきたし、実際にうまくやってこられた要因だった。

 

靴職人・野島考介

やはり自分ひとり一人だけではなく、何かを共有し、誰かに理解してもらえるのが重要なんでしょうね。テーマだとか方針だとかというのは、後づけで考えるわけですから。

 

建築家・馬場正尊

フリーペーパーのときの体験で、いかに小さくても自分のメディアをもつことは大事なのだと知った。自分の媒体であれば、好きなことを発信できる。そてに雑誌では誰にでも会え、どこにでも行ける取材という ”魔法のじゅうたん” がある。

自分と同じ人は十人に一人いる。いればきっと仕事になる。

絶えず情報をアップデートし、発信し続けていれば、ある時点から情報は逆流してくるはずー。

自分と同じような考えの人は十人に一人くらいいるだろうという、社会に対する信頼はあった。何か発信していれば、共感してくれる人は現れるに違いないと思っていたし、その考えはいまでも変わっていないよね。

 

キヌはまだ、自分の意志で会社員をやっています。
まあ、手を止める気はないんだけどね♡

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

選書をしてくださったブログはこちらです。

akio130.hatenablog.com

この本は読みました。

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com