ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、28歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

グランドファーザーとつり人

週はじめですし、肩ならしに軽い読みものを。

グランドファーザーとつり人 (5次元文庫マージナル)

グランドファーザーとつり人 (5次元文庫マージナル)

 

内容はこんな感じです。

スピリチュアルファンには定評のある「トム・ブラウン・ジュニア」の世界をももこが案内。
ももこ+うんのさしみのイラストもカワイイ。
今すぐ、みんなに読んでほしい、とても大切なお話。

 

せっかくなのでストーリーは本で読んでもらいたいのですが、キヌの心に残っているのはこのヒトコト。

人は、ときどき、あまりにもすぐそばにいるために、一部分しか見えなくなってしまうことがある。
目に鼻を押しつけたままながめるように、なにも見えなくなってしまうのだ。
ごくありふれたことも、驚きと尊敬に値することも、日々の大切な教えも、気づかなくなってしまう。

ローマの皇帝、アウレリウスの言葉がぼくの頭に稲妻のようにひびいた。
「人間は死ぬことを恐れるべきではない、自分の人生を生きていない、ということを恐れるべきなのだ」

人々は、日々の生活に追われて、生きることを急いでいる。体いっぱい、「生きている!」という実感を持っている人なんて少ないのだ。

 

さて、今日も自分の人生を生きようっと。 

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

さくらももこ先生装画といえばこの本も。 

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com

librarian-kinu.hatenablog.com