ヒトコト図書館掲示板

髙橋キヌ、29歳独身。月に読む本は150冊以上、本代は常に10万円。ページのあいだに棲んでいます。

男には「愛の首輪」をつけなさい 《 実践編 》

昨日から紹介しているこの本。

男には「愛の首輪」をつけなさい

男には「愛の首輪」をつけなさい

 

タイトルからはわかりにくいですが
ハワイの婚活のカリスマが教える婚活本(女性向け)
です。

昨日はざくっと理論だけ説明したんでした。
今日は文字数の関係で書けなかった、実践編をじっくり書いていきます。
やっぱり読んですぐに何かしら行動に移すことが大事だと思うのよ。

やっぱり実践のしやすさを考えるとこのへんなんだけど、 

この世のすべての男性は、女性の「笑顔」が大好き。
どんな状況であっても、人と目が合ったときは「ニコッ」と笑えるように訓練するのです。
どんな男性も自分に笑いかけてくる笑顔には心を開きます。
さらに、その女性が自分以外の第三者に笑いかけている笑顔にも強く心を奪われるのです。
なぜなら、男性は女性が自分に対して向けている態度より、他の人に向けている態度のほうを非常に注意して見ているからです。

次に誘いやすいように仕向ける「種まきトーク」とは?
「あなたの話を聞いていたら、ハイキング(相手が話していた内容)に行きたくなっちゃった。またお話が聞きたいです」
と思い切り楽しそうに話すのです。

並行して「ほめる」練習をしてきましょう。
日本人女性はこっちのほうが苦手な気がするから。 

人と会ったとき、「相手のいいところを3つ」、すぐに見つける練習をします。
だれと会ったときも、心の中で「早く3つ、早く3つ」と心がけておくのです。そうすると、人のいいところを見つけるセンサーがどんどん発達してきます。
いいところを見つけたら、すぐに口に出して言うようにしましょう。
もうほとんど反射神経で、パパッと相手のいいところを3つ見つけ、即座に口に出す。

「直接」「第三者」「周囲から」の“3つのレベル”でほめまくる
これは「彼をほめる」「彼の目の前で、第三者に向かって彼のことをほめる」「両親や会社の人など彼の周囲の人に向かって彼をほめる(回り回って彼の耳に入るようにする)」の3段階でほめる方法です。
全方位に向けて彼をほめたたえておくイメージです。

お礼を伝えるときは「パーソナルな思い」を上手に入れる。
ほめる内容に「自分の感想や成長を入れ込んでいく」やり方です。
男性が女性にとって望ましいことをしてくれたら、即ほめるのです。

男性は「ほめ」が足りないと、「ほめて」のシグナルを出してきます。
男性が、「僕ってこういうところがすごいよね」などと言い出したら、「ほめてほしい!」ランプが点滅し始めた証拠です。
「私もそう思う。すごいと思う!」というように応えます。
男性が自分のことを卑下し始めるのも、「ほめてほしい」シグナルです。
あなたはすごい。あなたは最高。あなたは尊敬されている。あなたは男らしい。そうほめられることによって、男性はすぐにスイッチがカチンと入って、コマネズミのようにあなたのために働き出すのです。

上級編の「ありがとう」は「月に一度」くらいの頻度で、あらたまってちゃんと伝える感謝の気持ちです。
「私にこんなにうれしいことがあったのも、あなたがいつも私をサポートしてくれているからだわ。だから真っ先にあなたに、このうれしい話を伝えたかったの。やっぱりあなたは世界一だわ。私がこんなにハッピーでいられるのはあなたのおかげよ。私にとって最高のだんなさまだわ。私って幸せ!ありがとう!」

この「ほめ方」をマスターしたら、
あとはもう ボロを出さないようにするだけ です笑 

交際初期に「絶対口にしてはいけない」4つの言葉
◆「私のこと、どう思ってる?」
◆「私のこと、好き?」
◆「私たち、つきあってるよね
◆「将来のこと、どう考えてる?」
こういう質問をして、男性の答えが聞きたいのは、自分が不安だから。

◆「つきあっている人、いるの?」
ファーストデート(二人きりで最初に会うとき)で、「絶対に話題にしてはいけない5か条」とは、「ネガティブな話」「お金の話」「結婚の話」「過去の異性関係」「現在進行形の恋愛・婚活の話」です。 

自信がない女性にものすごく多いのが、「答えの選択肢がひとつしかない質問」をしてしまうことです。
なんていうのかな言質をとる、みたいな?
「女性が答えてほしい答えしか言えない」ような内容になっています。

自分を卑下することによって、相手から「そんなことないよ」と言わせるような質問は、相手を一番幻滅させます。

モテる女性は「相手がほしがる答え」を察して会話している
異性とまだ交際が浅いうちは、相手が望んでいるような答えを返してあげるのが正解だと思ってください。
「いつ?」と聞かれたら、「火曜日の午後1時で」とピンポイントで言うようにしましょう。
「何人とつきあったの?」と聞かれたら、おうむ返しに「私がいままで何人とつきあったかっていうこと?」と聞き返します。
「私もあなたもいろいろな経験があって、いまがあるわけよね。
そして私もあなたもラストパーソンを見つけたいと思って、いまお互いにデートしているわけじゃない?
もしかしたら、私たち、そうなれるかもしれないわね。
私、そっちのほうが話題として楽しいわ」
「昔の話より、あなたのことが知りたいの」と前向きに、これからの話にもっていくのが正解です。
過去は過去。そんなことを聞いても、ろくなことが頭に残りません。知らないほうがいいこともあるわけですから。
お互いに、過去があっていまの素敵な相手がいるのだと割り切って、これからの未来の話に会話を持っていったほうがいいでしょう。

 だって自分に自信がついてきたら、交渉でもなんでも、余裕でできるはずだから。 

「私はあなたとの関係がとても大切なの。これからもっといい関係を築きたいの。だから私の話を聞いてくれる?」
「私はあなたとの関係をいま以上によくしたいから、話してもいい?」と言われたら、男性は「あ、文句じゃないんだ」と安心するので、聞く土台ができるのです。

「自分が要望を出したら、相手の要望も必ず聞くこと」です。
話し合いの最後は「感謝」で終わらせることが重要です。
こうすると、男性は最後は必ずほめられて、感謝されるので、話し合いに積極的になってきます。

基本的に、あなたの人生の主役は他でもないあなたです。
誰かのためじゃなくて「自分のため」。

男性のためではなく、自分がどうしたいのかという「自分軸」で判断する。男性はそういう手応えのある女性を求めているのです。

自分らしく、ときにワガママに生きることがモテ♡につながるなら、すっごく楽しい世界だと思いませんか?

「自分の人生をエンジョイし、ハッピーであること!」これが、男性が魅力を感じる女性が共通して持っている要素なのです。

幸せになっている人は、幸せになれるかどうかを、自分で決めています。
あなたもいますぐ「私は幸せになる」と決めてください。
そして決めたら、幸せになることを絶対にあきらめないでください。
あきらめなければ、必ず実現します。

 

 

読者登録やコメント、いつもありがとうございます♡

 

応援クリック、いつも励まされてます♡

 

ちなみに今日の欄外禊はこちら。
「男に絶対やってはいけない4つのこと」
要するに恋愛関係のNG集です。

① マーキングする女は嫌われる
男性の家に行ったとき、自分の私物を置いたり、自分の痕跡を残そうとする行為です。
女性がマーキングをしないと、たいてい男性のほうから「いちいち持ってくるのは大変だから置いていけば?」と言ってくれるようになります。
マーキングを始めれば「俺の女になった」という確証が得られるからです。
そういうときはにっこり笑って「ありがとう。じゃあ、次からそうするね」と言います。
そしてやはり次からも何も置いていかなければいいのです。
男性からしてみると、自分のなわばりに女性の痕跡がいっさいのこらないのですから、「俺の女」になった確証が得られません。
その結果、ずっと女性を追いかけつづけることになります。 

② 泣くのは男のDVと同じ
基本的に男性に「非言語」は通じないと思ってください。
男性には、言葉ではっきり言わないと、絶対に、伝わりません。
自分の思い通りにならないからといって泣きわめくのは、男性が思い通りにならないときに暴力をふるうのと同じです。
女が「泣きわめく」ことは、男のDVと同じくらい「ありえない」ことだと思ってください。
何かしてほしいときは、ストレートに、言葉で伝えればいいのです。
雰囲気で察してほしい、わかってほしいなどと回りくどいことをせずに、「こうしてほしい」「私はこう思っている」と直接、伝えてください。 

③ 男とはりあうと、容赦なく戦いを挑んでくる
男性とはりあってはいけません。
男性の闘争本能を刺激すると、男は容赦なく戦いを挑んでくるからです。
有能な男性ほど闘争本能が強いため、徹底的に攻撃してくるでしょう。
男性は「敵」にするのではなく、自分の「ボディガード」にしないといけないのですから。
恋愛上手な女性は、けっして男性と強さを競おうとはしません。
そして、恋愛上手な女性は、頼み上手であり交渉上手です。
男性をコントロールできる女性はけっして男性の「敵」にはなりません。「最良の味方」になるのです。

④ 嫉妬する女は男性から醜く映るだけ
女性はとかく自分とほかの女性を比較しがちですが、人と比べることは自分の価値を下げることにほかならない、と肝に銘じておきましょう。
どんなに美人でかわいい人でも、ほかの女性に嫉妬をすれば、顔つきはいやしくなり、男性は幻滅します。
自分をほかの女性と比べるのは、自分の価値を下げること。
嫉妬している暇があるなら、自分のよさを相手にアピールすることに力を注ぎましょう。

あとこれも加えときましょう。

不倫をすれば、確実に「恋愛磁石」はこわれ、正常に直すのに「3倍の年月」がかかるでしょう。            

こういう禊は嫌だーという方でも大丈夫!

これはキヌの編集のなせる技。
つまりキヌの性格によるものなので(それはそれでどうなんだ)本文の印象はもう少しソフトです。

こういうダメダメマインドになっちゃっててもOKな、心の修復ワークもあるしね♡

自分の長所と短所を「50個」書き出す練習をする
自分の価値を自分が信じることで、
男性もその価値を信じるようになるのです。
自分が何に一番こだわっているのかをまず認識する。
そこにフタをしないことが大切です。
私は、「毎日、鏡に向かって、自分の短所を長所に言い換えて、話しかけるように」とアドバイスしています。
声に出して言いつづけると、耳に入り、頭に入り、体に入って、心にしみていきます。

途中で例として紹介されている恋話もドラマみたいで素敵なので、気になった人はめげずにぜひ読んでみてください。 

「私に会いたければ、あなたがワイキキまで来れば?」というタイプ。
彼からいくらホットエアーをささやかれても、「サンキュー」「You are so sweet」で終わりです。

「昨日の夜、君のことを考えていたら体がほてって、冷たいシャワーを浴びないと眠れなかったよ」
「あら、それじゃあ、あなたは今晩も体が熱くほてるから、寝る前にバスタブに水をためておいたほうがいいんじゃない?」

ある女性が、「どうしてあなたの家には亡くなった奥様の写真が飾ってないの?」と聞いたのです。
「だってあなたが愛して、結婚した女性でしょ。すばらしい人生の思い出じゃない?」
「だってこの方は過去の人。この過去があって、いまのあなたがあるんだから、私は全然気にしないわ」

「僕は君を満足させることができたかい?
「もちろんよ。あなたがベストに決まってるじゃない」
「いままで何回、その言葉をつかったのかな?」
「何言ってるのよ。私が過去にそう言った男も全部含めて、あなたがベストと言ったのよ」